ここ最近美容のために気をつけていることは、正しい姿勢をする事です。
良い姿勢はダイエットや肩こりなどさまざまな効果があるというのは有名です。
他にも、体力がつき疲れにくくなるみたいです。

私の姿勢は良い姿勢ではありません。
ですが、自分ではいい姿勢を取っていると思っているので危ないですよね。
鏡に映った自分を見て驚いてしまいます。

そこで鏡の自分を見つつ姿勢を正してみても、前かがみになるのです。
これは一体何なんでしょうか…。

本当の綺麗な姿勢というのが分かりません。
姿勢が良くないからなのか食生活が悪いのか不明ですが、すぐ腰痛になるし、お腹はポッコリですし、疲労感もひどくてちょっと歩くともうバテバテなのです。
おなかは気づいたら出ていたのですけどね。

だけど、そんな私も小まめに鏡を見て正しい姿勢でいるようにしています。
柱に体をくっつけて体勢を見てみたりなど。
先ほども書いたのですが正しい姿勢がどれなのかがよくわかりませんので、いままでの姿勢を治したいと思っています。
何か良い効果があったらまた書きますね。

ずっとキレイでいたいといつも思っていますよ。
もう少し詳しく言うと、老化の防止に関心があるのでずっと若々しくいるには何をしたら良いのかとよく考えます。
ぼんやりと美しくなりたいと思っているより、若さを保つためにどうすれば良いのかと意識した方が美容の効果は発揮されます。

老化を防止する方法はスポーツをよくします。
わたしは長いあいだ運動を続けていて同じ世代の人と比べると見かけも身体の中も若さでは負けていません。
肌の調子も年齢の割にハリがあって毛穴も閉じています。
スポーツを定期的にやっている結果でしょう・・・。

老けさせない方法はスポーツだけとは限りません。
食生活を改善することでも老化を食い止められるし、お風呂の入り方で若々しさを調節することもできます。
何が自分の性格に合っているかを見極める必要があります。

汗をかくことが好きでそれがアンチエイジングには必要だと信じ続けているので運動をずっと続けています。
汗は水分を摂っていればどれだけかいてもいいと思います。

花粉が飛散しているこの季節にわたくしがなるべく心掛けていることは「そっと鼻をかむこと」「鼻汁が止まらないようなら早めに花粉症の薬を服用すること」です。
鼻炎の薬は常に持っています。

更に眼のかゆみが出て充血したときの為の点眼薬もいつも近くに置いてあります。
なぜかと言うと目が花粉でかゆくなると掻くのを我慢できなくなるから・・・。

そして一度掻いてしまうとどんどん強い痒みに変わってしまうのです。
眼が痒くなると我慢することができなくて、どうしても目や目の周りを触ろうとしてしまいます。
これ以上は耐えられないということですね…。

ですがこんなふうに眼に触れたり何度も鼻をかんでいると人相が変わってしまいます。
鼻や鼻下はこすれて赤くなってしまいます。
もっと酷い時は鼻の下の皮膚が荒れてきます。
眼もしょっちゅう擦ってばかりいたら目蓋が腫れ上がってしまいます。

これではどれだけきちんとメイクをしてもかみの毛を整えても台無しです。
我慢しないで鼻炎のクスリを飲んでいます。

わたくしが美容で毎日気を配っていることは、ずばり油ものを控えて、ニキビができにくくする事。
顔と言えばその人のイメージに繋がってしまうので、一番気を配るところなのですが、お肌が綺麗だった場合、若々しく美しく見えるのではないのかなと思うのです。

顔に吹出物ができているとやっぱり、目立ちますし、隠しきれません。
そんな自分に自信を持つ事が出来なくなり、人と目を合わせて話をする事が出来なくなりました。
具体的には、カツとか天ぷら、から揚げなどの揚げ物を控える。
高カロリー、高塩分の物はあまり食べないことです。

やっぱり食べたくなる事もありますし、付き合いや飲みの席などがありますから、絶対に禁止しているわけではないのですが、脂分をセーブする事で、吹き出物があまりでなくなりました。
吹き出物が出来てしまった場合、つぶしてしまったり跡が残ったりと、良い事はひとつもないので、できないようにすることがわたくしの日々気を付けている事です。

国内メーカーのビューティーケア商品はお肌や髪の毛にとても特化した効能をもたらします。
私自身はそういった近ごろのボディケア用品を活用して「美容」にアプローチするのも問題はないと考えています。
ですがこの頃は自分らしさを大事にし独力で美容を追及しようと取り組んでいます。

美容の面で注意を払っているのがむやみに売られているケア用品に依存しすぎない事です。
おそらくこの様な製品を使っていくと素肌も綺麗になって高齢になっても不安がありません。
自分が願っているのは自身の手で美肌を物にすることです。
その様な思いで美容を極めているので一般的なスキンケア商品には過剰に反応すると思います。

だけど本人が満たされるスキンケアなら方法や過程にも気を使ったほうが良いと思います。
私はその点を心掛けてケアしているので肌状態も良くなっている感じがします。
今では簡単な美容を求められるのでそんな希望も叶いやすいと思います。

あたしは人の「美しさ」の本質に迫ると健康も大事だという考えです。
だから食事と運動も行って外側だけでない綺麗さを追及したいのです。
とにもかくにも売られているケア用品を活用する場合は天然成分であることに気を付けています。

参考:デュオザクレンジングバームのお試し通販!初回半額キャンペーン
URL:https://www.salemwatertaxi.com/

美容で実行していることなど書いてみようかと思います。
昔からあまり気にしてやってはおらず、かつものぐさな私が行っている事ですので、中身的には大したことはないですが、するかしないかでは随分違ってきますから、参考までに。

まずお肌においては基本的なことですが、入念な保湿です。
乾燥するんですよね、特にこの季節は。
取り立てて良い化粧品は使用していませんが、お風呂上りに全身を保湿クリームなどでしっかり保湿することで、翌朝のお肌はずいぶん違います。

そして、入浴中のマッサージ。
ひざ下部分を中心に揉みます。
足三里のつぼは特に効きますね。

マッサージをすると、足の疲れだけでなく、むくみが大分軽くなります。
元々これに関しては習慣になっていたので、妊娠していた時もむくんでおらず、看護士の方が驚いていました。
とはいうものの、お風呂に子供と入るとどうしても難しいので、今は週末に一人で入れる時くらいしか出来なくなったんですけどね。

あとおススメなのがベリーダンスです。
バッキバキに鍛えて痩せたいタイプの方向きではありませんが、女性的な容姿を作ることが出来ます。
骨盤のゆがみなどが心配な人には適していると思います。
習いに行ければ一番ですが、最近では沢山本が出ているので、それを真似しながらでもできます。

カラダの為にも良いですし、利点もたくさんあります。
他には食事はバランスよく摂取し、睡眠をしっかりとることも不可欠だと思います。
やはり健康をキープするのが、美容にかかわってくると思います。

美容に関しては食事面がいちばん大事だと思うので、自分自身は食事に気をつけています。
とはいってもそんなに難しい事ではなくて、バランスよく食べるということ。
特にお野菜が足りなかったりするので、野菜をつとめて多く食べるように心がけています。

たとえばレタスだったらサラダだとたくさんの量は食べられませんが、熱を加えればまるっと1個は食べることが出来るのです。
なので、お鍋に入れたりスープに入れたり、炒めるなどして極力かさを少なくしていっぱい食べられるようにしています。
野菜を多めに食べるとお通じも良いですし、便通がいいとお肌のハリも良くなりうれしい事が沢山です。

他にも、良質のたんぱく質をたっぷりとるように心がけています。
太らないように気遣っているので、ささみなどのあぶらの少ないお肉にしています。
タンパク質が足りなくなると髪の毛がぱさぱさしたり肌の状態が悪くなったりという事を昔テレビの番組で見たので、まずはタンパク質が足りなくならないように気を付けています。

普段の暮らしの中で、自分がどんな顔でいるのか知っていらっしゃいますか?恐らく、そういった時の自分の顏なんて見ることはないという人もいると思います。
お皿を洗っている時、お洗濯の時、お掃除をしている時。
そういった時の顔はずっと下を向いていませんか?表情筋は下を向いていた場合重力が働き下を向いてしまいます。

だから、知らない間に表情筋も垂れてしまうのでシワになったり顏が膨らんでしまったような感じがします。
では、どんな暮らしをすればベストなのかというと「そんな無意識な時こそニッコリ笑顔」です。
笑っていれば、口角も上がるし頬も上がるのです。

実際に楽しくて笑うのであればそれはすごくしあわせなのですが、頻繁にある事ではないですよね?
その場合、何も考えずに行う作業時は笑顔で行ってみてはどうですか?表情筋があがり、お顔の下垂の防止ができます。

日々、家で自分でご飯を作り、簡単な運動をして、夜は早く寝て朝早く起きるという食生活を心がけているのですが、夏休みに入ると子供に合わせ、旅行や外食が増してしまいます。
そうした食生活を続けていると、腸の変化もあり、お通じが悪くなるので、せっかく毎日続けている体にいい食生活が出来ていない、と思います。

確かに、外食だと、献立を考える必要はありませんし、買い物の必要もない、片づけ要らずで、何もしなくてもご飯ができるというのは嬉しいです。
ですが、そういう外食が続くとどうしても自分で作ったほうが美味しいと思えてもきます。
献立を考える事だったり、作ったりすることも好きなんですよね。

若い時は、外食が続いても何も感じたことはありませんが、段々歳を取ると、外食した時の塩分やカロリーといったことが気になるのです。
近頃は、わたしの体は自分で守るものなので、塩分を気をつけて、野菜多めの食事、早寝早起きを目指した食生活ができるように気をつけています。

年齢とともに肌も一緒に年を取っていきます。
しかし少しでもそれを引き延ばしたいと思うのです。
遅らせる為に丹念にお手入れするのも常にやるとなると続きそうにないので、ポイントを限定してやっています。

それは、「眠りにつく前には確実にメイクを落とす」ということです。
睡眠中にお肌のターンオーバーが行われるので、この時間帯にはメイクはしっかりと落としておくこと。
このことだけは外さないようにケアをしています。
この点だけを守り、ローションを時間を掛けずにつけちゃったとか、「日やけ」してしまったのに集中ケアしてないとか、こういったものはたまにやればいいかって感じにしています。

色々とケアすべきことが多くなっても、毎日実行できるとは限らないけれど、お化粧をおとすだけなら、そんなに手間暇かからないことなのです。
そんなわけで結構続けられているし、クリーンな肌にして睡眠時間を過ごすと翌日の肌の調子はすこぶる上々なのです。
なんだかんだお手入れしすぎるより、このようなケア法は凄くシンプルでキレイな皮膚が保たれているので、このまま続けていこうと思っています。

髪の毛のケアやネイルとか美容のためにできることは色々ありますが、一番にはやはり美肌を維持することが大切なことだと思うのです。
きれいなお肌でいるには日焼けすることが一番良くない事なので、日焼けにはいつも注意したいですよね。
日焼け止めクリームを塗るとかのお手入れは当然ですが、体の内面から注意することも有効なことです。

出かける前にトマトジュースを飲むことで、日焼けによるダメージを抑えられるとネットで見たことがあるので少し前から実行しています腸内環境を整えることも美肌にはとても有効なことなので、腸にとって良いものはなるべく摂るように心掛けています。
納豆やお味噌汁などの発酵食品、バナナ、ヒジキ、切干大根などの食物繊維の割合が多い食品は年間を通して進んで食べるようにしています。
おいしいのはもちろんですが、身体に良いものを取ってると思うと不思議と気持ちも晴れるのでイチオシです。

わたしは肌が過敏なので、洗顔のやり方も気を配っています。
何よりも大事なことは顔を洗う時の水温で、「ぬるま湯」が一番いいという話を聞きます。
寒いときはまさしく寒いのがイヤで熱いお湯で洗ってしまいそうですが、洗顔した後に乾いてしまうからゼッタイに止めるべきです。

熱くも無く冷たくも無い「ぬるま湯」で、こすらずにそっと洗うのが最も良いです。
洗顔料に関しては、石けんが一番肌に穏やかというのを聞いた覚えがあります。

肌トラブルがある方は、まずは石鹸洗顔をやってみると良いかもしれません。
内側と外側の両方からケアして、夏のあいだは綺麗なお肌でいたいと思います!

美しくなるために最も肝心なのは、「良質な眠り」だと考えています。
たぶん、高額なスキンケア用品や高価な健康美容食、健康サプリメント、運動なども、全身美容において不可欠なものなのでしょうけど、基本としていい「眠り」がないと、肉体的にも精神的にも元気になりません。
睡眠時間の問題ではないのです。

十分な睡眠を取ろうと思って就寝時間を早めても真夜中に目が覚めてしまって、その後眠れなかったりすると、全然疲れがとれない事もあるからです。
必要以上に考えなくても良いのですが、快眠を手に入れることがポイントです。

安眠できた日は朝の目覚めがとても爽やかです。
時計が鳴る前に起きたりもします。

化粧ののりもとても良いし、多忙な一日であっても元気に乗り切れます。
ストレスも感じにくく、人にも優しくなれ、その事で私自身もハッピーになれます。

自分自身の事だけれど、キラキラとしていると思います。
こんな日がずっと続くといいのに、と思う時があります。
肌にいい食物とか全身運動も大事ですが、ぐっすりと寝て、体の疲れがとれてからの方がいいと思います。

どうしてかUVケア用品が肌に合わず、つけた後赤いブツブツができたりかゆみを生じます。
どんなUVケア用品を使っても同じことなので、要するにつけないほうがいいのだと結論。

だけど、日焼け止めをなしで外出するなんてとてもできません。
そこで陽が沈んでから出かけるパターンの習慣に切りかえました。
すぐには帰ってこれない外出は違いますが、今ではたくさんのお店が夜8時とか9時までやっているためなんとかなります。
食料品スーパーについては24時間営業の店もあるので全く支障はありません。

この生活を続けていたら、日焼け止めはもちろんのことメイクも必要な部分だけで肌トラブルを起こさなくなりました。
これはお肌に触っても感じ取れるし、鏡で見ても納得。
わたくしには、周りと同じように日やけ止めや化粧をすることはものすごく大変なことなのだとつくづく思いました。

具体的に言うと、厚塗りをすることが無くなったので化粧を落とした時のメイクが残る感じが無いので、クスミはほとんどありません。
ですのでお肌に透明感が出てきました。
そしたらファンデーションを塗らなくても、ポイントメイクだけで自然なかんじの見た目になりました。
紫外線を浴びることはいろいろな理由で気をつけなければと改めて感じています。

わたくしは美容のために春夏秋冬紫外線対策をしています。
外に出る時は手袋とか日傘などを使い、夏の暑い時には服から出ている部分にUVカットのクリームをちゃんと塗っています。
ファンデーションや口紅もUVカット機能が入っている物を使用しています。

日焼するとシミやくすみだけでなく乾燥とかシワの元にもなるし、肌に良い影響をもたらしません。
肌の色が少しでも変わると、いままで着ていた色の洋服が似合わなくなる事もあるので気を付けたいところですよね。
しかも日々野菜を沢山摂り栄養のバランスにも注意して、生理の時などホルモンバランスが乱れている時などはサプリメントで補うようにしています。

それに仕事の都合で寝る時間が決まっていないのですが、できれば夜12時までにはお布団に入るようにしています。
それから肌に溜まってしまった老廃物を出すように週に2、3回は半身浴をします。
しっかりと汗をかくとつるつるのお肌になるのでローションが肌の奥まで浸透します。
ローションやミルクなどは美白系の物で揃えて、少々値段が高くてもトランサミン入りの化粧品でケアしています。

過去には全然気にしていなかったのですが、ここ最近は美容と言えば一番初めに保湿することが大事だと思いました。
年を追うごとに、肌の水分量が減っていくのが分るようになっていました。

元より、年が上がることでの潤い不足、夏は冷房、寒い冬は暖房がしっかりと効いたオフィスで仕事をしている事で起きてしまうお肌の乾燥、夏の時期の日焼け、寒い時期の乾燥など当然のようにお肌が乾燥するという状況下で暮らしているので、補充していかなければどうにもならない状況でした。

そして、水分量の減少はシワの元にもなるのです。
そうならない為に重要なのが保湿です。

少々お高めですが、三年程前からスキンケアを保湿に力を入れたラインナップで取り揃えました。
高級化粧品だから良いということではないのですが、いくつになっても若い女性が使っているような化粧水をこの先も使っていくのもどうかと思って、自分の年に合った化粧品でケアしています。

やっぱり、それなりに効果を実感していて、保湿効果もあってかなりお肌の乾燥を防ぐことができていると思います。
それが原因なのかは分らないのですが、私は自分で言うのもおかしいかもしれませんが、良い歳なのですがそんなにしわは多くない方です。

肌がしっとりしていると化粧のノリが変わります。
保湿というのは本当に重要だと思います。

当たり前のことかもしれないのですが、規則正しい毎日は馬鹿にならないのです。
子供が生まれてからの生活は、こどもが基本で自分のことは二の次でした。
歳を取ったような感じがして、気持ちが沈んだ事もあったのですが、だんだん子供が成長してくると、生活のペースが掴めるようになりました。

子供の離乳食が始まったので、ここ最近は5時頃一緒に夕ごはんを食べ、夜の七時には子供を寝かしています。
そこからは自分の時間になりますし、なにより早い時間に食事が終わるので、ダイエットになるのです。
やることがない時は、寝るようにしています。

いつ子供に起こされるか分かりませんし、睡眠時間が足りない場合お肌にすぐに出てしまいます。
朝は、子供が起きる少し前に置き、旦那さんの弁当と、夜ご飯を仕込んでおきます。
これにはすごくいい点があるのです。

それは夕方にバタバタすることがありませんし、スーパーで不要な物を買うこともありません。
これでダイエットする事ができています。

私は皮フはモイスチュアケアがポイントだと考えています。
わかい頃は保湿ケアはもとより、顔洗いしない時もあったりして、本当にお肌を傷付けてきました。
それでなのか赤にきびが次から次へとよく出来、本当に汚い肌でした。

大学生になってから適切に保湿ケアすることが大切なんだという事が分かりまずは自身の皮膚のタイプを調べてもらいました。
私の場合肌質診断結果では保湿力の低いお肌でした。

だったら兎にも角にも潤いケアをやらねばと保湿力の高い美容化粧水を買いました。
洗顔をしたあと即座にローションをスプレーします。
後回しにしてしまうと「乾燥」が進むので間髪入れずに水分補給をします。

美容化粧水は肌の奥に行き渡るまで使用するのですが、やはりセラミドローションを用いています。
更にはクリームなどで潤いを閉じ込めます。

こういった感じでちょっとでも季節別の美肌術を行うようになった事もあり、ニキビや吹き出物が出るのもおさまってきて毛穴も少なくなり、素肌美人も夢じゃなくなりました。
やはり肌メンテは毎日のもの、乾燥を防止することは大切ということを認識出来ました。

お肌の為に、家ではたいがいメイクを施さないでいるようにしています。

ノーメイクの時に宅配便でも来ようもんなら、マスクで顔を隠して出迎えます。

使い捨てマスクを着けちゃえば、「目もと」のところしか出ていないのでノーメイクでもそれ程気まずさはありません。

 

ちなみに素顔のままで云々といっていましたが、唯一アイブローだけはやってます。

やっぱりまゆ毛がないと怖いので(笑)

 

「メイク」というのは、やっぱり肌負担が大きいと感じちゃうのです。

ことにお肌のコンディションがあまり良くなかったり、体の具合がわるいときにメークアップすると、皮膚トラブルが起きるような感じがします。

とはいえ電車で行くくらいの場所にノーメイクで出かけるのはまずいと思うので、仕方なしにメイクアップしています。

 

素顔で出社するとかも問題外ですもんね。

でも、極力すっぴんでいたいです。

キレイな肌になりたいから。

 

素肌美人ならメイクにかかる時間自体も短縮できるし、何と言っても素肌がキレイなだけで美容が行き届いているように見られます。

いつもは出来なくても、休暇中に休養しているときなど「メイクをしない日」を作って、お肌を休息させるようにするのが大事だと思います。

 

ここ最近は止めたのですが、少し前にビタミンCサプリメントを毎日のように飲んでいたことがあります。

この時は1ヵ月ほど経ってから、お肌や体の調子がとても良くなったことが記憶に残っています。

ですから、この頃はビタミンCを多く摂れる野菜とかフルーツを積極的に摂るようにしています。

 

やはり、食べ物から摂れるビタミンC量はあまり多いわけではなく、本来ならばサプリから効果的に摂取するべきなのですが、そうであっても食べ物から摂った方が健康にもいいような気がするのです。

ビタミンCは肌が綺麗になる効果もありますが、美白効果も期待でき、とくにこれからの季節は日焼けしたお肌を回復する役割を持ちます。

お肌は日焼けしてしまうと、後にシミや黒ずみの原因になることがあります。

勿論紫外線を浴びないことが解決策になりますが、どんなに紫外線対策をしても紫外線を浴びてしまうこともあります。

 

こんな時こそビタミンCを積極的に摂って、肌の回復に集中する必要があるのです。

もしも食べ物だけではうまくいかないという時は、サプリメントを併用したり、フェイスマスクを使うことも一つのやり方だと思います。

特にビタミンCのシートマスクを利用すると、翌日の化粧のノリがまるきり違ってくるので、例えばデートなど絶対に肌のコンディションを整えたい時は、シートマスクが効果抜群です。

 

もし可能ならばからだの中からきれいになりたいと思いますよね。

それにはバランスの取れた食事をすること、早寝早起きなど規則正しい生活をし睡眠時間を十分とること、体を冷えさせないこと、イライラしないこと、軽くスポーツをすることなど、わかってはいるけれど沢山ありすぎて続けて行うことは大変だと思います。

途中でやめてしまったら無意味なことだし、あまり束縛されてしまうのも気疲れしてしまいます。

 

わたくしが一年以上継続していることは、たった1つ!!朝目が覚めたらまず初めにカップ一杯の白湯を飲むこと。

難しくないでしょう?

 

冬の間はちょっと熱いままで飲むと冷え込んだ朝でも体が芯から温まります。

便秘症も治りスッキリとした気分で朝ご飯も食べられ一日を始動できます。

白湯を飲むことを続けていたら体の調子が凄く良くなり、お肌の乾燥も無く、ニキビも無くなってもちもちのお肌になりました。

 

化粧無しでも実際の年より8才ほど若く見られる時もあります。

人間の体は60%が水でできているそうです。

白湯を飲むことによって体内の水分が入れ替わり肌や体調が整ってきたのだと思われます。

 

肌ケアや減量をしてる時は効果が見られるとウキウキした気分になりますよね♪

やさしいしお金もかかりません。

ぜひ試してみてください。

美容について努力している事は、自分はゆっくり入浴することですね。

ストレッチやマッサージなど、ボディケアを就寝前に行おうと思っても、ついうっかり忘れてしまって寝てしまうのです。

ですから私自身は入浴時間を長くして、お風呂の中でストレッチなどをするようにしているのです。

お風呂は毎日入りますし、忘れたりする事はないですよね。

 

ほかにも、水の中は体にあまり負担がかからないので、無理なく動かすこともできます。

リンパマッサージをして血液循環をよくしたり、温かくなった体を冷水で冷ますと、肌が張ると聞きそれもやっています。

けれども、ゆっくりと入浴するといっても、長時間湯船に浸かりすぎてはいけません。

 

長時間湯船に入っていると湯あたりしてしまうし、いちばんに乾燥肌になってしまう事もあるのです。

長くても20分位を目安に、のんびりと入りましょう。

柑橘系くだものの皮を湯船に入れてもいいですし、入浴剤なんかも良いのではないでしょうか。

私が、落ち着けるスペースになっているので美容に一番良い時間だと思います。

 

美容の為にしていることはお腹が空のときに何を食べて何を飲むかをきちんと判断することです。

特に何を食べるべきとかあれを飲まなきゃとかそういうルールがある訳ではないのですが健康に良いものを食べることにしています。

 

それと消化吸収しやすいものです。

これはできるだけなのですが、可能なら消化吸収しやすいものを選びたいと考えています。

胃に食べ物が残っているときは割かしどんなものでも食べますが胃が空っぽの時に食べるものは身体に変化を起こします。

吸収する速さもも速いだろうし、体に色んな影響を与えるというのは分かるので全くの空腹状態のときはどんなものを食べるかよく考えます。

 

空腹時には野菜サラダは食べません。

生野菜を沢山取ったら体が冷えてしまうのでよくないんです。

温かい飲み物を入れられる所ならハーブティーを作りますし温かい飲み物が入れられなかったら水を口に入れたまま冷たくなくなったら飲み込みます。

 

これを何度かやってから好きな物を食べていきます。

胃腸が悪くなるのを防ぐことができるやさしい対策です。

 

平熱が低いよりも高めの方が身体に良いって事はよく知られていますが、実は健康と美容はとても密接に関係しているので、全身美容的にもかなり大事なことです。

わたしは健康のために平熱を引き上げようと意識し出したのですが、結局はお肌や毛髪の状態も改善されてきたので、今もなお日毎体を温めています。

やり方は非常に手軽に行えるものばっかり。

 

はじめに、食べ物は、ネギや根菜類など身体がポカポカになる食べ物をいっぱいとり入れ、ドリンク系もホットドリンクをよく口にします。

それから、おフロで体を温めたり気軽に出来る体操をしたりして、程よくあせを流すことも重要です。

着用する物は、365日なかでも腰まわりを温めるためにあったか素材のウエストウォーマーを着けています。

オフィスワーカーだと通勤や冷房などで気付かぬうちに体温が下がってしまうので、冬以外も要注意です。

 

体温が上がると血液循環が良くなり、肌の色がワントーン明るくなります。

胃腸の調子がよくなるので、肌トラブルも起きにくくなります。

肩辺りのコリや片頭痛が起こらなくなってくるのでいつの間にか顔の険しさも取れ姿勢も改善され、健康法としても美容法としても良い事だらけですよ。

やって損はないですよ~。

日々美容の為に配慮していることは、まずスキンケアです。

なぜかというと、20代のころは特に美容のことにそんなにこだわってなかったのですが、年々、しみや毛穴の広がりなどが少しずつ不安になってきたんです。

それで、ワタシが実施していることは、「シミ」ゼロを目指した紫外線防止対策と美白に効く栄養を毎日補給することです。

紫外線が強くなる季節などは、特に気を付けているのですが、アームカバーや、日傘、夏用のマフラー、外に長時間居なければいけない時などは、UVカットのクリームをつけたりします。

 

フルーツ類などを日々食べるのが正しいのでしょうが、わたしは手早く摂取できる、マルチビタミン剤で代用しています。

様々な効き目のあるビタミンを一気に摂取することができて、忙しい時などには大変お薦めです。

慣習的にビタミンのマルチサプリを摂取するようになってから、肌トラブルも減り、くすみも取れてきたような気がします。

 

そうしたことで、前よりメイクのノリもちょっとずつよくなってきました。

今後は、食事もより良くしていきたいので、お肌のためになる食べ物をバランスをとりながら口にしていこうと思っています。

 

肌ケアのために週一回の割合で顔のパックをしています。

四十歳目前にしてそろそろ真面目に素肌ケアをした方が良いと思ってパックを使っています。

30代の半ばを過ぎたころからわたくしの肌にもエイジングサインが出てくるようになってきたのです。

 

一番に気になるお肌の老化サインが毛穴になります。

若いころより毛穴が明らかに大きくなっています。

放置しておくと毛穴詰まりも気になってくるので注意しなければならないと思っています。

 

お肌をケアするのに私自身が使っている物がスパークリングパックです。

インターネットでクチコミを見て評判が良かったので試してみました。

お肌で炭酸がシュワシュワする感じが心地よくてちょうどいい刺激をお肌に与えてくれているのかなと感じたのです。

 

炭酸の効果で肌にパックが貼りつくように密着するのでとても気持ちいいです。

パックの美容成分としてはビタミンC誘導体やヒアルロン酸、セラミドなどが入っています。

パックをしたあとは肌がツルツルになりキュッと引き締まったように感じられるので私は気に入っています。

これからますますお肌の老化サインが現れるので手抜きはできないなと常に感じます。

 

美肌に良くないことはしたくありません。

必要性も無いのにダイエットをするのは考えられません。

意味のないダイエットはどんなワケがあってもやりません。

 

これは私がかつて過剰なダイエットをしたことを悔やんでいるからです。

うら若き頃、デブだったということもなくどちらかと言えば細い体つきだったのに「まだまだ痩せたい!もっとかわいくなりたい」とダイエットを続けました。

きれいになりたいという気持ちが強くなったのは好きな男の人ができたから。

 

生まれてはじめて好きな男の人ができたのにこっぴどくフラれてしまい、こんなことから綺麗になりたいという強い意志を持つようになりました。

2、3年後に本気で好きな男性ができて「今度は必ず両想いになりたい!」と思ってダイエットをしたのです。

減量しなくてもいいというのはわかってはいたのですが再び恋が叶わないのが怖かったのです。

 

かわいくなれば嫌な目にあうこともないだろうとダイエットを頑張りましたが痩せぎすになって体調を崩しました。

いまはダイエットをするのではなくスポーツをしてきれいになる努力をしています。

 

美容で、特に美肌を保つために気をつけなければならない事は、何と言ってもお肌を乾燥から守る事です。

顔は勿論、腕や足、身体全体の皮膚を乾燥させないように注意しないといけません。

顔の場合は、いくら念入りにお手入れしたとしても、肌が乾燥していては水分量が足りなくてお肌が荒れた状態になってしまうのです。

 

なので、自分自身が乾燥させないように注意している事は、まず第一に家の中の空気が乾燥しないように気を付けています。

とくに眠っている間は気を遣っています。

空気が乾燥していると肌も乾燥し、そのせいで肌の痒みも生まれ、寝ている時いつの間にか掻きむしってしまう事があります。

 

そんな事にならないように、就寝前にタオル類をすべて洗い、それらを干してから寝ます。

部屋の中の乾燥を防げて、タオルも乾いてくれるので一石二鳥だと思います。

 

また、肌が乾燥していると感じた時にはまめに保湿クリームを塗っています。

質の良いクリームをつけるかどうかじゃなくて、お肌が喜ぶのは、とにかくまめに乾燥を防ぐことです。

安価な物で構わないので、ふと気づいたときに手軽に塗れる保湿用クリームを常備するようにしています。

午後10時から午前2時までが肌のゴールデンタイムということは聞いたことありますよね?

ターンオーバーが活発になって就寝中にお肌のダメージが修復されるという時間帯のことですが、実のところお肌のゴールデンタイムは自分が寝付いた時間によって決まるんです!

寝入って初めの3時間に、脳下垂体から成長ホルモンが多く排出されるため、この3時間で質の良い眠りを得ることがお肌にとってすごく大切なことです。

 

またその成長ホルモンは、成長期に身長を伸ばし体の組織を修復、再生させるだけでなく、新陳代謝を促し肌の調子を良くしシミ、シワを防止する効果もあるのです。

わたしが質の良い眠りができるように注意していることは2点、「眠る一時間前までにスマホやテレビの電源を切るようにする」、「朝はいつも同じ時間に起きる」です。

 

仕事が休みの日には前日夜更かしをして朝は起きるのが遅くなりがちですが、仕事の日よりたくさん眠ってしまうと生活のリズムが乱れて夜なかなか寝付けなくなってしまいます。

ですのでわたしは毎朝同じ時間に起床して、夜は同じ時間に眠るように心がけています。

 

三十代になって体や心が変わっていくのをより一層感じるようになったのです。

毎日ミラーを見ながら自分で出来る事をしよう、それとこれからもずっと女の子に産んでくれたことに感謝をして美しさを持続させたいという気持ちです。

そう感じつつ私自身がやっている事を書こうと思います。

 

まず初めに睡眠をしっかり取る事、それに出来るだけ早く眠るようにすることです。

なるべく夜11時になる前に眠りにつくように気を付けています。

朝型の生活をするようにしています。

 

あとあまり出来ていない事ですがまめに水を飲む事。

寒い季節は空気が乾いているので水分を補給することとお肌がカサカサにならないように、保湿しているのです。

 

洗顔する時は十分に泡立てて洗って極力つめたい水を使います。

お湯の場合乾燥しやすくなるためです。

自宅へ戻ったらすぐにメイクを洗い流してお肌を休息させるようにしています。

 

食べ物に関しては糖類を摂り過ぎないようにまず気を付けています。

甘いおやつの摂取をできるだけしないように努めていますが苛立たないよう食べたくなったら量を少なめに食べています。

できるのなら積極的にフルーツを食べるようにして、夏にやっていたランニングをもっと暖かくなってきたらやろうと思っています。

 

自分自身が美容で毎日気を配っていることは、油分をセーブして、ニキビができにくくする事。

顔というのは人の第一印象に繋がるので、特に気を使うところなのですが、とくに美肌だと、見た目が若くてキレイなのではないかと思います。

顔に吹き出物があると流石に、目立ってしまいますし、隠しきれません。

 

そういった自分に自信を持つ事ができず、人と目をあわせて会話する事が難しくなってしまったのです。

細かくいうと、串カツとか天ぷらとかのあぶらで揚げた物を控える。

フライドポテトやジャンクフードをセーブするという事です。

 

どうしても食べたい時はありますし、人との付き合いなどもあり、絶対に禁止しているわけではないのですが、油分を控えることで、吹出物が出来にくくなったのです。

ニキビが出来ると、ブチュッとつぶしてしまい跡ができたりして、全然良い事はありませんから、出来る前に予防しておくことが自分自身が毎日気を配っていることです。

第一に「紫外線ダメージを受けないようにすること」をしっかりと行っています。
元来肌が白いけれど流石にこの頃の暑いシーズンはカンカン照りが多く不安を煽られるのでUVケア商品を手放す事は出来ません。
家の中でも紫外線被害があるという話なので、つかの間ごみ出しするくらいでもダメージを受けるらしい。
だから起床するたびにメイクアップの終わりに日焼け止めを塗ります。

一度っきりでは不十分なので幾度も重ねづけします。
ベランダに出る時も日焼け防止の羽織り物を羽織っています。
率直に言うと夏は暑すぎてハーフ袖のまんま出掛けたいのですが、一度のお出掛けでもほんのり日に焼けてしまうのは割に合わないので耐えています。

また入浴中にきちんと日焼け止め用のクレンジング剤で落とすこと。
お友だちに聞いてみるとUVカットのクリームは使用していてもこれ用の洗浄剤は利用してない女の人が大勢いるんです(UVカットのクリーム自体塗ってないっていう方がいることに驚愕しましたが)湯上り後には高保湿のボディークリームでケアします。

安い保湿剤ですがつけないよりも肌状態が整います。
美肌術としてお肌を傷めないように気を付けています。

具体的に言うとスクラブ洗顔は行いません。
使った後はスッキリしますが、毎度それで洗っているとお肌に大事なものまで剥がれてしまう気がしてきます。
それからピリピリしてきます。

洗顔後は間をあけずにローション等を塗布します。
でも、徹底的な美肌術を目指してナーバスになっていると予想外の結果を招く場合もあります。

「美容」に悪いものとして精神的ストレスがある為です。
夏の日差しを浴びまいと大っきいメガネ、大きなつばの帽子、UVカット傘、カーディガンなど常に全てを身につけようと思うとお出掛けするのが面倒臭くなってしまいます。

外出の用意でいちいち手間取っていては持続は難しいですね。
更には、家から出る機会が減ってくると痩せにくくなります。

キレイになりたいと気を付けているのに、見た目に重量感があると、他の人から見れば身体をただ甘やかしている様に見えてしまいます。
だったら、全身美容は十分に心掛けていても基本だけはおさえて、ストレスなくやっていくことが最良の美容となるのです。

お顔や身体のスキンケア。
皆さん色んなケア方法でケアしているのでしょうが、わたしの実施している美肌術はとても簡単でお金が掛かりません。

「体」だけでなく「顔」にも使っているスキンケアグッズは500mlと大容量が嬉しい昔ながらのハトムギエキス配合の化粧水と、ニベア青缶です。
以上です!
マジで安上がりなんですよ。

ハトムギ配合化粧水もニベア青缶もいずれも子どもにつけられるくらい刺激がすくないですし、ニベア青缶はある高級保湿クリームとほぼおんなじ成分だと言われていますよね。
しかし個人個人慣れ親しんでいる化粧品があると思いますので、ここで特にお勧めはしませんが、本当のこだわりポイントとしては使うタイミング!
自分の美肌作りのこだわりは値段やブランドではなくて、使用方法なのです。

洗顔後、おフロから出た時、美容ローション使いますよね。
大抵の方は、顔や体を乾かした状態で化粧水をはたいていると思うのですが、わたしはそうじゃありません。

毎度タオルで拭く前にローションを塗ります。
なぜかというと、水気のある素肌を拭く時に最初からあった素肌の「潤い」も奪ってしまうからです。
バスタイム後や洗顔時に「湯」を使った後はことにタオルで拭いた瞬間がもっとも乾ききってしまう状態だとか・・・。

そういう訳で私の場合お風呂に入っている時にフェイスウォッシュしたらそのまま美容化粧水をつけてパタパタとやりながら湯船に浸かります。
入浴後もビショビショのまんま身体にハトムギローションをいっぱい塗ります。
それが終わってから頭の水分を取り顔と身体は擦らないように乾かし、ニベアを手早くつけます。

このやり方で常時肌状態は良好です。
是非お試しあれ!

私自身は美しくなりたいので、脂っこいものを摂らないようにしています。
毎日のおかずにオイルを使うので、一切摂取しないという風にはいかないし、そこまでしなくてもいいと思っています。
けれど油で揚げたものなど、油をふんだんに使ったお料理は、ちょっとずつ減らそうと考えています。
揚げ物ばかりでなく、ちょっとずつ食生活を変えていっているのです。

水はできるだけミネラル水、食材に関しては有機食品を摂るように心がけています。
自然食品は高めの食材なので、そんなに買えないのですけどね。
玄米菜食なんかも試したいのですけど、そこまで完璧な食事にこだわってしまうと続かないと思って、日々の生活で手軽にできる事をしたいと思っています。

調理は得意な方ではなく揚げ物すら自分では作れないため、この先も作らないと思います。
大好きな鶏のから揚げは頻度を減らそうと思います。
食事をメモするようにして調整しています。

そのほかにも、見直さなくてはならない部分があるので、ちょこっとずつでもやっていきたいです。

わたくしが美肌のために実行していることは「顔を洗う時タオルを使用しない」ことです。
洗顔をしても、タオルで拭かないのです。
信じられないかもしれませんが、わたくしはペーパータオルで顔を拭いています。

と言うのも、タオルはいくらしっかり洗濯をして天日で乾かしても、バイ菌でいっぱいだと聞きました。
洗濯機の中のばい菌がタオルに残って、日光に長時間さらして乾かしても、すっかり除菌するのは無理とか。

わたくしはそれを知って、タオルで顔を拭くのをやめました。
そう言えばと思うことがあります。
今までの間どんな洗顔料を使っても、お肌の状態がよくなることは殆ど無かったのです。

キレイに洗顔した後にタオルで雑菌を付けているようなものだから、当然のことだったかもしれませんそれで、自分はキッチンペーパーで顔を拭くようになりました。
ティッシュペーパーなども使ってみたのですが、水を吸うとボロボロになってしまうので、厚手のペーパーふきんが適しています。

そして、白いキッチンペーパーではなく、無漂白タイプを使うのが重要なんです。
日用品売り場にある薄茶色のペーパーふきんがそれです。
わたくしはタオルで拭かなくなっただけで、肌の状態が以前よりよくなってきました。

もしかしてばい菌が肌を刺激していたのかもしれません。
みなさんも是非ペーパータオルで顔を拭いてみて下さい。

どっちかって言うと、あんまり肌ケアをするタイプではなのですが、そんなあたしでも日課にしているスキンケアがあります。
それは、お化粧をする前に絶対に水洗顔する事です。
どんなに寒くっても冷水を使用しています。
これが正しいケアかどうかは不明ですが、なんとなく毛穴部がキュッとしまるように思います。

石鹸を利用するが普通でしょうが、差し当たり皮膚の自然治癒力で頑張ってキレイにしたいと、お肌の自己再生力を高めるようにしています。
水洗いしたあとは忘れずに化粧水で肌を整えます。
何年か前にはオールインワンを塗っていましたが、オールインワンジェルを利用する時でも保湿ローションは必須でした。
どんなに忙しくても必ずそうしています。

お顔のお手入れは原則的にはそんな風にしています。
次にボディケアですが、何年か前にカラダ引き締めクリームとして発売されていた海外ブランドのボディクリームを両脚を特に念入りに入浴後につけます。
揉みほぐすように行っていくとより引き締め感を得られるので効果がでているような気持ちになります。

<< previous posts || next posts >>