月: 2020年6月

時節や歳で肌がチェンジしてくるタイミングってありますよね。
その一つ一つの瞬間や本人に適切な肌メンテは大切ですが、あたしが大事にしていることは化粧落としなんです!たいしてお化粧は濃くないほうだと思いますが、メイクオフはしっかりおこないたい派なのです。

補足情報としては普段のお化粧と言えば、ベースクリームにファンデ、フェイスパウダーです。
アイシャドウなどはくすみが心配だから、特別な時しかしません。

あたしはクレンジングオイルでメイクをとっています。
浴槽のなかでオイルをなじませつつとっていきます。
たくさん塗って優しく回します。

やっていくうちに肌から出たごみが手につき始めます。
付かずに終了する場合もあります。

専用オイルのケア時間や利用量は、皆さんの肌質に合わせて使用するのがおススメです。
私はこれが適しているみたい。

ちょっとまえに出来た彼氏にも「肌がツルツルだね」って言われたぐらいです。
勿論お化粧をオフしたらフェイスウォッシュをし、化粧水、乳液をつけてますよ。

お化粧は皆さん行います。日毎のケアとなる「化粧を落とす」という事を見直してみてはいかがでしょうか。

お顔や身体のスキンケア。
皆さん色々なやり方でケアしているのでしょうが、自分の行っているスキンケアはとても単純でお金が掛かりません。

顔面にもボディにも用いているスキンケア用品は申し分のない量が入った今も昔も変わらないハトムギエキス配合の化粧水と、「ニベア(青缶)」。

以上です!

お金掛かってないでしょ?

ハトムギエキス配合の化粧水も「ニベアクリーム」も両方とも子供に利用してもいいくらい肌負担が少ないですし、ニベアクリームの青缶は海外の高いフェイスクリームと成分が酷似していると話題になっていましたよね。
ですがみなさまお好みのスキンケアグッズがあると思うので、それはともかくとして、今回私が伝えたいのは使うタイミング!自分の肌ケアのポイントは「お値段」や「銘柄」云々ではなく、ケア方法なんですよ。

洗顔後、おフロから出た時、保湿ローション等を使用しますよね。
大抵の方は、水気をバスタオル等で落としてから化粧水を使用していると思いますが、自分のタイミングは異なります。
毎度濡れたままのお肌にローションをはたきます。

理由は、肌は水分が乾くのと同時に最初からあった素肌の「潤い」も除去されてしまうからです。
風呂上がりやお湯洗顔のあとは特にタオルで拭いた瞬間が最も水分不足になる時なんですって。

だから私は入浴中に洗顔を行ったら乾く前に美容化粧水を塗って手で優しく押さえながら浴槽につかります。
バスタイム後もビショビショのまんま体に化粧水をいっぱい塗ります。

それから毛髪をふいて顔面と体は擦らないように水分を取り除き、ニベアクリーム青缶をちゃちゃっと伸ばします。
こうする事で常にお肌はとても良い状態を保っています。
簡単に出来るのでオススメです。

わたくしが美容のために神経を使っていることは、紫外線を極力浴びないようにすることです。
紫外線がシミやしわの原因になることはよく聞かれますが、夏だけじゃなく、紫外線は一年中降り注いでいるので常にUVカットクリームを使うようにしています。

更に、帽子や日傘でしっかりガード。
当然顔だけじゃなく、ウデや足もできるだけ長袖等で隠すようにしています。
関心のない人は、度が過ぎるのでは?と言われるかもしれません。

それでもしみもシワも一度できるといつまでも治らず、それに、歳をとったときにそれが何より顔を老けさせてしまうので、未来のことを考えると今やるべきことをできるだけしておいた方が良いとわたくしは感じます。
だけど夏場などでも長いこと外に居続けなければならない日もあります。

そんなときは帰宅後直ちに顔を洗う、そしてしっかりと保湿し、美白効果のあるナッツ類やアボカドをその日じゅうに食べることにしています。
若い時は紫外線なんて気にしたことは殆どありませんでしたが、今からでもきちんと処置をすれば、ハリのあるお肌をずっと保つことができると信じているのです。

参考情報:シズカゲルの口コミは?薬用美白オールインワンの効果をチェック!

美容のために気を掛けているのは、睡眠時間の確保、じっくりと浴槽に浸かること、白湯を飲むことです。
お肌のターンオーバーが一番行われる時間帯は22時から2時らしいので夜更かししないように努めています。

あと、エステティックでじっくりと浴槽に浸かること、白湯を飲むことは良い美容法ですよと教えてもらってからは、短時間入浴だった暮らしを一新し、ゆったりと湯船に浸かるようになりました。
美容入浴剤なんかをそろえて、色々ランキングするのもちょっとした遊びになっています。

最近は、いろいろな薬湯浴剤などが作られていて、何に効くのかみているだけでも楽しい気分になっちゃいます。
お湯を飲用する事は、特に出費もなく手軽にできるのでよい美容法だと思ったので、日毎飲むようにしています。

「白湯」のレシピとしては、正式には、ガスコンロなどで沸騰させた方が良いみたいなんですが、適当にやるほうが続けられると思ったので、電気魔法瓶を使ってズルしちゃっています。
楽チンなので横着者の私の場合でも長続きしています。

自分は、悩みがあったり疲れていたりすると直ぐにお肌に出てきてしまいます。
大人にきびとか吹出物も出来やすく、本当に悩みの種でした。

特に、睡眠はだいたい4時間で仕事に打ち込んでいたので、身体も心もボロボロだったと思います。
昨年、結婚したため会社を辞めることにしました。

気遣いのできる夫は、「もう仕事のことは考えなくてもいいんだから、沢山睡眠をとって、体を回復させたほうがいいよ」と言ってくれたんです。
その気遣いに甘えて、毎日少なくとも10時間、睡眠時間をとっていました。
まるで、童話に出てくるお姫様みたいだと自分でも思ったほどです。

そして、沢山の野菜を使ったご飯を、満腹になるまで食べて寝るという日々を過ごしていました。
そうすると、どういうわけかみるみるうちに体重が減って、そして、ニキビや吹き出物ができなくなったのです。

それはもう、ほんとうに驚きました。
ウソみたいに容易いスキンケアだったのですが、どんなに高級な化粧水や乳液よりもわたしにはいちばん効果が現れました。
そんなことがあって、ウトウトしてきたら我慢しないで寝る、おなかが減ったら野菜たっぷりの料理をたくさん食べるということを心掛けています。

自分がもっとも気を配っている美肌対策は肌を焼かないこと。
春の太陽光は意外と紫外線量が多くとても皮フに悪影響がありそうです。

なかでも車に乗っているときの紫外線攻撃はとてつもないです。
UVカット手袋は勿論のこと首のケアも必須です。

うっかりUVカットストールなどで保護しないでいると、赤っぽくなって痒みが生じ皮膚炎になってしまうこともあり、あたしは大体梅雨入り前にそういう肌トラブルが起こります。
皮膚がかぶれるとその箇所がほかの所よりも乾いた肌になってしまうので、首周りがシワだらけになりそうで怖いです。

そんな訳でこの「春」にケアは他の時期よりも真剣に行っています。
日やけ防止剤は顔周り、首周り、手元に塗ってから、手袋、ストールをします。

そして、入浴後に肌メンテナンスを入念にして、乾燥防止に努めます。
クレンジングオイルで毎日余計な油分を落としながら撫でるようなリンパマッサージ、それから、クレンジングフォームはモコモコのアワをこしらえてそれでパックみたいにして少ししてから手早く洗い落とすというやり方です。

汚れを落としきったぁって感じがします。
お試しあれ!