月: 2020年4月

若い頃はいろいろと高いコスメ商品を使っていたこともありますが、40歳になり、美容とは意外とシンプルなものではないのかなと考えるようになりました。

あたり前かもしれませんが、健康でイキイキとしたからだのために毎日を過ごしていれば、おのずと内面から美しくなれるんじゃないかなと。
という事で、私は現在化粧水などはシンプルで比較的安いものを利用しています。

そのかわり惜しみなく沢山使っています。
お肌にはとにかく1にも2にも保湿!!だという事を少し前にスマホで見たので、まずローションは思いっきりぬるようにしています。
最後にミルクで包み込むことも忘れず行います。

それと、太らないように普段からちょこちょこ動いています。
背中がしゃんとしていないと後姿がとても歳をとっているように見えるので、家の中でチューブを使って動かして鍛えています。

ブラをつけた時はみ肉になっていないかお風呂の前に鏡でチェックするようにしています。
食事はバランスの良い事が基本なので、できるだけさまざまな食材を利用してバランスの良い食事をとるように心がけています。
でも、夕御飯だけは炭水化物を摂取すると次の日の朝のお腹の調子が良くないので、夕食はさっぱりめの肉又はお魚に野菜を足して、お米は食べません。

女子でしたら誰でも「キレイになりたい」という気持ちはあるでしょう。
この頃は男性だって美しくなりたがっていてエステ通いしたりネイルをしたり。
美容院だって4、5週間おきに行く男性もたくさんいます。

もう切るところないんじゃない?と気になってしまうほど短めの髪型の男子がこまめに美容室に向うのをみると本当に美容に気を使ってるんだなぁとビックリしてしまいます。
髪の毛をキレイに染めている男の子も増加していると思います。
わたしは爪にこだわっています。

お化粧も必要なことですが、鏡越しに行ったメーキャップは絶えず見ていることはできません。
ときどき口紅の色さえ「どれだったかしら?」なんて事もあったり。
しかし指先なら常に自分の目で直接確認できるのです。

この「視界に入るところ」というのが重要。
きれいな指先に目がいく度に気分が上がります。
それで、今度はどんなネイルアートにしようかと考える時間もワクワクしてくるのです。
そういう何気ない時間が女性をきれいにすると思います。

弾力のある肌作りには、キチンと保湿ケアを施すようにしなければなりません。
十分に保湿をしているつもりでも、誤ったお手入れをしていたら全く意味がありません。

ポイントを押さえてケアするれば、お肌に保湿力が回復し、しっとりとしたお肌になります。
潤いケアに無くてはならないのが、美容化粧水ですね。
たいがい保湿化粧水の使用方法に「五百円玉ほど」という表現で結構な使用量の目安が出ていることがあります。

それでも、書かれている使用量よりも少ない量しか肌に与えない事もあったりします。
ですがそれは一気につける分量じゃないんです。
最初に顔にむらなく塗ったあとで、カサつきを抑えたい場所に再度使用します。

こうやって、カサつきを抑えたい場所に塗り重ねていくうちに、結局書かれていた使用量以上の量を利用していることになります。
ですから少ない量で済ませずに、繰り返し重ね塗りして500円玉大の量を使うことが大切です。

利用方法として使用する量が記されているときは、それに従ってつけることで、その化粧水の機能性が高まるというわけです。
ちゃんと使用法をチェックして目安として出ている分量を肌に与える事が重要です。

イライラしないような生き方をするのが美容の為になると思うので、なるべく笑って深く考えないようにしているのです。
全部が全部楽観的に考えるのがいいということじゃなく、なるたけ苛々が貯まらないようなとらえ方をしています。
わたくしには競争相手を作ってしまう変なクセがあるんです。

ライバルがいた方が前向きになり勝ち気が出てくるので努力できるのです。
学生時代から競争相手を見つけるクセがあるのですが、それが元でイライラカリカリしてしまうことが何度もあるのです。
癖なんですけど美容のためにならなさそうで…。

今は誰かと競うような事をしないようにして、ゆったりした気持ちでいられるように気を付けています。
最初はムリだと思っていましたがやってみたら何とかなりました。

最近では苛々が減り女らしく落ち着いた気分で暮らせるようになったのです。
ちょっとずつだけど女性らしく美しくなりたいです。

私は保湿を何よりも気を使って対策しています。
常に保湿を行っている方もいるとは思うのです。

でも、空気が乾きお肌がカサカサする冬は保湿しているという方もいるかと思うのです。
私は暑い夏も冬同様の手間を惜しむ事無く乾燥対策をしています。

というのも冷房を使う事で湿気が少なくなっているからです。
夏は汗をかいているのでべたっとしている人はたくさんいると思うのですが、四六時中冷房の効いた部屋にいると頬などは乾燥してくることが多いです。
ですから、暑い季節は頬などを集中的に保湿するのです。
寒い冬は保湿をしっかりとしていないとしわを作ってしまう原因になるので、目元・口元を中心に保湿するようにしています。

そのほかにも年を取ってくると眉間やおでこのシワなども気になってくるので眉間やおでこも保湿するようにします。
手の甲なんかもクリームを塗って乾燥対策しますが、手首もしっかりと同様に塗るようにしています。
冬場は足首にもクリームを塗り保湿します。

思った以上に足首もカサカサですし、カサカサを放置すると足首にもしわを作ってしまいます。
とにかく乾燥をしてシワを作らないように気を使うようにしています。

自分が美しくあるために特に気を配っているのは日焼け対策です。
学生の時に野外で活動するクラブだったのでいつも日焼け肌で、20代でもまるっきり紫外線を気に掛けないまま生きていました。
30歳を過ぎ身から出た錆とは言え、ひどい時は顔がシミやそばかすで最悪になりました。

これではマズイと奮起して、素肌のターンオーバーを促すバランスのよい食生活を始め、合わせてシミやそばかすに効果があるとされるホワイトニングローションなどをつける事にしました。
そうして3年ほどが過ぎ、相当美白の肌に変わってきた感じがします。

そういった紫外線ダメージという恐怖体験してからは、日焼け防止クリームを使い、「帽子」、「日傘」は勿論の事「腕のカバー」などなど、出かける折には本当に肌の露出に注意するようになりました。

更に家にいる際にもウィンドウ越しにUVがすり抜けてくるので、硝子には遮熱フィルムを貼ったり、紫外線遮蔽カーテンを付けたりしています。
勿論適度な太陽を浴びることは人間の体にとって重要なことの一つなのですが、不要に悪影響が及ばないように、更には「シミ」などを作らないように気を配り続けています。

自分自身は美容と健康のために、朝は早起き夜は早寝をしています。
夜更かしだけはしないように気をつけています。

自分は、夜更かしが続いてしまった場合即座にお肌に影響するのです。
肌の老化を防ぐためにも、なるべく十時には就寝するようにしています。
出来るのであれば実際の年齢よりも若く見られたいです。
私自身は前から肌の問題がたくさんあるので、常に良好な肌の状態じゃないのかもしれません。

だけど、前向きに取り組めば肌の調子を整えることができると思いました。
思い返せば、肌荒れの原因は私の日課だと感じました。
夜更かしなんて当然で、かつずっと寝不足状態だったときがあったのです。

しかも、インスタント食品やスナック菓子などが殆どだったときがあったのです。
そうした生活スタイルなら、お肌にトラブルがあってもおかしくないと考えました。

ですので、近頃ではそのようなライフスタイルを反省しながら、肌に良い生活をしようと努めています。
特に規則正しい生活をするように気を使っています。

ここ最近美容のために気をつけていることは、正しい姿勢をする事です。
良い姿勢はダイエットや肩こりなどさまざまな効果があるというのは有名です。
他にも、体力がつき疲れにくくなるみたいです。

私の姿勢は良い姿勢ではありません。
ですが、自分ではいい姿勢を取っていると思っているので危ないですよね。
鏡に映った自分を見て驚いてしまいます。

そこで鏡の自分を見つつ姿勢を正してみても、前かがみになるのです。
これは一体何なんでしょうか…。

本当の綺麗な姿勢というのが分かりません。
姿勢が良くないからなのか食生活が悪いのか不明ですが、すぐ腰痛になるし、お腹はポッコリですし、疲労感もひどくてちょっと歩くともうバテバテなのです。
おなかは気づいたら出ていたのですけどね。

だけど、そんな私も小まめに鏡を見て正しい姿勢でいるようにしています。
柱に体をくっつけて体勢を見てみたりなど。
先ほども書いたのですが正しい姿勢がどれなのかがよくわかりませんので、いままでの姿勢を治したいと思っています。
何か良い効果があったらまた書きますね。

ずっとキレイでいたいといつも思っていますよ。
もう少し詳しく言うと、老化の防止に関心があるのでずっと若々しくいるには何をしたら良いのかとよく考えます。
ぼんやりと美しくなりたいと思っているより、若さを保つためにどうすれば良いのかと意識した方が美容の効果は発揮されます。

老化を防止する方法はスポーツをよくします。
わたしは長いあいだ運動を続けていて同じ世代の人と比べると見かけも身体の中も若さでは負けていません。
肌の調子も年齢の割にハリがあって毛穴も閉じています。
スポーツを定期的にやっている結果でしょう・・・。

老けさせない方法はスポーツだけとは限りません。
食生活を改善することでも老化を食い止められるし、お風呂の入り方で若々しさを調節することもできます。
何が自分の性格に合っているかを見極める必要があります。

汗をかくことが好きでそれがアンチエイジングには必要だと信じ続けているので運動をずっと続けています。
汗は水分を摂っていればどれだけかいてもいいと思います。

花粉が飛散しているこの季節にわたくしがなるべく心掛けていることは「そっと鼻をかむこと」「鼻汁が止まらないようなら早めに花粉症の薬を服用すること」です。
鼻炎の薬は常に持っています。

更に眼のかゆみが出て充血したときの為の点眼薬もいつも近くに置いてあります。
なぜかと言うと目が花粉でかゆくなると掻くのを我慢できなくなるから・・・。

そして一度掻いてしまうとどんどん強い痒みに変わってしまうのです。
眼が痒くなると我慢することができなくて、どうしても目や目の周りを触ろうとしてしまいます。
これ以上は耐えられないということですね…。

ですがこんなふうに眼に触れたり何度も鼻をかんでいると人相が変わってしまいます。
鼻や鼻下はこすれて赤くなってしまいます。
もっと酷い時は鼻の下の皮膚が荒れてきます。
眼もしょっちゅう擦ってばかりいたら目蓋が腫れ上がってしまいます。

これではどれだけきちんとメイクをしてもかみの毛を整えても台無しです。
我慢しないで鼻炎のクスリを飲んでいます。

わたくしが美容で毎日気を配っていることは、ずばり油ものを控えて、ニキビができにくくする事。
顔と言えばその人のイメージに繋がってしまうので、一番気を配るところなのですが、お肌が綺麗だった場合、若々しく美しく見えるのではないのかなと思うのです。

顔に吹出物ができているとやっぱり、目立ちますし、隠しきれません。
そんな自分に自信を持つ事が出来なくなり、人と目を合わせて話をする事が出来なくなりました。
具体的には、カツとか天ぷら、から揚げなどの揚げ物を控える。
高カロリー、高塩分の物はあまり食べないことです。

やっぱり食べたくなる事もありますし、付き合いや飲みの席などがありますから、絶対に禁止しているわけではないのですが、脂分をセーブする事で、吹き出物があまりでなくなりました。
吹き出物が出来てしまった場合、つぶしてしまったり跡が残ったりと、良い事はひとつもないので、できないようにすることがわたくしの日々気を付けている事です。

国内メーカーのビューティーケア商品はお肌や髪の毛にとても特化した効能をもたらします。
私自身はそういった近ごろのボディケア用品を活用して「美容」にアプローチするのも問題はないと考えています。
ですがこの頃は自分らしさを大事にし独力で美容を追及しようと取り組んでいます。

美容の面で注意を払っているのがむやみに売られているケア用品に依存しすぎない事です。
おそらくこの様な製品を使っていくと素肌も綺麗になって高齢になっても不安がありません。
自分が願っているのは自身の手で美肌を物にすることです。
その様な思いで美容を極めているので一般的なスキンケア商品には過剰に反応すると思います。

だけど本人が満たされるスキンケアなら方法や過程にも気を使ったほうが良いと思います。
私はその点を心掛けてケアしているので肌状態も良くなっている感じがします。
今では簡単な美容を求められるのでそんな希望も叶いやすいと思います。

あたしは人の「美しさ」の本質に迫ると健康も大事だという考えです。
だから食事と運動も行って外側だけでない綺麗さを追及したいのです。
とにもかくにも売られているケア用品を活用する場合は天然成分であることに気を付けています。

参考:デュオザクレンジングバームのお試し通販!初回半額キャンペーン
URL:https://www.salemwatertaxi.com/