月: 2017年3月

年齢とともに乾燥やかさつきが気になる方、多いと思います。
冬場はなおさらですね。

乾燥対策のために、保湿しようとクリームをせっせと塗っている方いませんか?
それはNGです!

乾いたところに油分だけ塗っても、表面がテカテカしてしまうだけ。
ますます乾燥してしまいますよ。
大事なのは水分と油分のバランスです。

乾燥しているな、と思ったときには、化粧水をたっぷりつけます。
私はコットンパックをしています。
このときのコツは、コットンは化粧水でヒタヒタにすること。
コットンの方が乾いていると、かえって顔の水分をとられてしまいます。
佐伯チズさんは水道水で一度コットンをぬらして絞ってから、化粧水をしみこませていました。
私はコットンパック用はプチプラ化粧水なので、そのまま惜しげなく使っています。

これでもかという位に水分を与えたら、すぐに油分でフタをします。
水分さえたっぷりあれば、油分はほんの少しでもOKなんです。

ボディについては、お風呂上りで水分が残っているとき、すぐにクリームをつけるといいですよ。

 

とにかく乾燥させない

美容に乾燥は大敵です。
逆に乾燥さえしなければ、美容に関していいことがばかりだと思います。

最近、私は、とにかく、乾燥しているところがないように、心掛けて生活をしています。
乾燥している部分は、なんとなく人に年老いた印象を与えてしまうからです。
顔がツヤツヤでも、髪がパサパサだったり、指がカサカサだったりすると、だいなしです。

手足、顔、体は、乾燥を感じたら安いものでいいのでたっぷりと化粧水やクリームを塗り、髪の毛はパサツキを感じたらオイルトリートメント。
体の中も水分がなくならないように水分をとり、部屋も乾燥しないように加湿器などで注意しています。

とにかく、乾燥だけはしないように注意して、生活をし始めてから肌も体もいい調子です。

以前、「干物女」が話題になりましたが、やはり乾燥してると美から程遠くなる気がします。
高いものではなくとも、水分やオイルを常に体に入れるだけで、かなり違ってきます。

最初はとても面倒だと感じましたが、乾燥に気付いた時にやれば面倒も感じずケアすることができるようになります。

乾燥をなくすだけで美容効果バッチリなので、ぜひ乾燥した生活にお別れを告げましょう。

 

黒木瞳式朝の美容法

以前私は、朝起きてまず顔を洗う・・・というのが日課でした。冷たい水で洗うとシャキっとして毛穴も引き締まる気がしていたからです。
でも、実際それってどうなんだろう?汚れを落とすにはお湯の方がいいのかな、なんて思っていました。

そこである時テレビを見ていたら、朝顔を洗わない派の女性がいる、という話が出たのです。どうやら超有名女優さんでもそういった美容法を使っている方がいるようでして、特に有名な方ですと黒木瞳さんがやっているそうです。

なんでも、朝のお顔には睡眠中に体内から出た自然の油(クリームと言った方が綺麗ですね)がついているので、それを落とすのはもったいないのだそうです。顔をごしごし洗ってから化粧水、乳液とつけるよりもそのままでいた方がはるかに良いということです。

とはいえ、本当に洗わないのはちょっと気が引ける気がしますよね。そこで私は、保湿しておきたいTゾーンは洗わず、目と口の周りだけをサッと洗うようにしています。目ヤニやよだれ跡があると大変なので。以前より肌のトーンが明るくなった気がします。

健康と美容、どちらも兼ねて太らないようにダイエットをしています。

やせるためのダイエットではなく太らないように管理するという感じです。

若い時はいいのですが、アラフォーともなると細いだけですと「病気した?」とか「やつれた?」とか言われてしまいますので、しっかり筋肉を維持しておくことも必要です。

食生活で気をつけていることは、甘い飲み物は飲まないということです。

私は自他共に認める甘党です。

ですが、コーヒー、紅茶には砂糖は入れないことは徹底しています。

ジュース類も家には置いていません。

固形のお菓子は自制心がきくのですが、飲み物となくと知らず知らずごくごく飲んでいますし、どれだけ砂糖が入っているかはわかりにくいです。

多分、夏場となると思っている以上に糖分をとってしまうことになると思います。

水分はよくとるタイプなので、砂糖を入れないと決めたことで安心していくらでもお茶が楽しめるようになりました。

甘いお菓子もよりおいしく感じます。

ちょっとお腹がすいた時など熱い紅茶やコーヒーを飲むだけで食欲も抑えられる効果がありますし、砂糖を入れない習慣を身につけてしまうとカロリーコントロールが楽になります。

 

添加物に注意しています

わたしが美容のために気を付けていることは、なんだか分からない添加物を使っているものは使用しない、ということです。

食べ物でも化粧品でも、原材料をチェックしてできるだけ添加物が少ないものを選びます。

ですが、添加物を100パーセント使わないのは無理な話。

わたしは乾燥肌なのでパックをしたいのですが、安物だと肌が赤くなってしまうので困っていました。

そんなとき、友達が教えてくれたのがヨーグルトパックです。

スーパーで売っている無糖のプレーンヨーグルトを塗るという、簡単な方法です。

食品なので安全だし、添加物もほとんどありません。

しかも、安い!最初は食品を顔に塗ることに抵抗がありましたが、エステでもきゅうりパックとかハチミツパックとか食品を利用したパックはメジャーですからね。

慣れれば、簡単だし後始末も楽だし、肌はモチモチになるしで良いこと尽くしです。

何より、パックの間中、ヨーグルトの良いにおいがして癒されますよ。

ヨーグルトパック、オススメです。

 

最低限が、一番大事!自分に合った美容法

私が美容の為に気をつけている事

①肌 マリンスポーツをしている為、日焼けは必須…独り暮らしなので高級化粧品も買えず…なので、手軽に購入できる手作りのアロマオイルで入浴後・起床後はトリートメントしています。

肌に優しくて香りも良く、癒されます。

また、入浴時半身浴をしながらオイルマッサージを行い、乾燥予防しています。

身体は乾燥がひどい為、入浴後ニベアのインシャワーボディーローションと言うクリームを塗り、シャワーすると入浴後スベスベでオススメです。

②髪
髪の乾燥もひどい為、マッサージしながらトリートメントした後、ニベアのクリームを髪の毛に馴染ませ、しばらくした後流すとしっとりします。

ニベアのクリームは、ジャー型よりもチューブの方が浴室で使用しやすく(ジャー型だと、水分が缶の中に入ってしまう為)オススメです。

アロマオイルも、ドライヤー前につけています。

また、起床後寝癖がひどい時、髪をセットする時も、アロマオイルをつけています。

ワックスを沢山使用するよりもベタつきにくく、自然なまとまりになり、髪にツヤも出ます。

③身体
季節の野菜をなるべく食べ、ダイエットなどの為になるべく無理したりしない様にしています。

その人それぞれの体質があると思うので、不摂生をせず(たまには、しよう!笑)自分に合ったトレーニングや食事をする事が美容に繋がると思います。