月: 2015年12月

最近化粧水と乳液を変えて、しっかりケアするようになりました。

きっかけは30歳を目前にして、シワとシミが出てきたこと。

最近は身近なところでも美魔女とかいっぱいいるし、綺麗なママさんばっかり。

私も少しでも綺麗に思われたい!

化粧水たちはちふれを購入しました。

かなりしっとりタイプで、塗ってみた感想は蒸発しない感じがかなりある!

安いから思いきってばしゃばしゃ使えるのもいいです。

あと何気なく毎日やっていたのは合わせ鏡です。

やってみると分かります。

普段見ている自分と全然違う顔してます。

これは他人から見た自分なんだそう。

私なんて顔は歪んでいたし、ブス過ぎて、あまりの衝撃に受け入れるのに時間がかかりました。

髪型も普通に見ているといい感じにセットできているけれど、合わせ鏡だと雰囲気が違います。

眉毛の形も違いがすぐ分かります。

こうなるとどんどん気になっていって、外出前に合わせ鏡で自分をチェック。

これを高校時代からずっとし続けています。

 

自分磨きをするとき

「自分磨き」って、どんな時にしますか?

普段何気なく、何とな~くするものなのでしょうか?

私は、何かきっかけがあるから自分磨きをするのだと思います。

私自身、自分磨きをしようと決意したことが何度かあります。

それは具体的にどんな時かというと、恋愛が絡んでいる時です。

皆さんもそういった経験があるのではないでしょうか?

男性により良い自分を見せて、気になっている人にアプローチするとき、合コンで絶対彼氏をゲットしたいとき、他の女性と差をつけたいとき・・・様々だと思います。

私の場合は、私をフッタ元カレを見返したいという思いで自分磨きをしました。

数年前の話になりますが、その当時付き合っていた人に別れを告げられたことがあります。

なぜフラれたのかというと、私に対する気持ちが冷め、別に好きな女の子ができたからです。

フラれたときは、本当に悔しかったのを覚えています。

そして、もっと可愛くなって、絶対に彼を見返してやる!と決意しました。

まず、完全なるイメチェンを開始しました。

パーマをかけて、化粧のニュアンスを変え、服の系統もかわいい系のファッションに変えました。

そして、周りから「可愛くなったね」と言われるまでになりました。

元カレがどう思ったかは知りませんが、自分磨きをし、以前よりもかわいい自分を開発できました。

自分の中では結果オーライでした。

やはり、自分磨きをするときは、きっかけがないとやらないと思います。

きっかけをいいチャンスだと捉えて、自分磨きをしましょう!

 

忙しい年末年始こそきれいでいたい

年末年始はお呼ばれの機会もぐんと増えて、外食やお酒の量も増えますね。

太りたくない!と注意していても、ついつい食べ過ぎてしまったり、飲みすぎてしまったりしがちです。

何も対策をしないでいると、疲れた夜のお手入れも手抜きになっていき冬の乾燥に負けてしまってカッサカサなんてことになってしまします。

この時期に毎日必ずするのがマッサージです。

冷たい外気にさらされても、マッサージすることでターンオーバーを活性化させてお肌の温度もあげてくれます。

特にお酒を飲んでしまった後には有効です。

次の日もむくみ知らずでおきられることが多いですよ。

飲み会の後の化粧糊の悪さからも解放されます。

前日寝る前にマッサージをしたのに、それでも肌ツヤがよくないとか、むくみがひどいときに救世主になってくれすのはホットタオルです。

濡らしたタオルを軽く絞って、電子レンジで1分間チンすると手軽にできます。

そのホカホカタオルをお顔全体に当てて、1分くらい、ツボを刺激しながら乗せます。

そのあと冷たい水で洗顔して引き締めると、むくみが少しすっきりして化粧のりもよくなるはずです。

時間がある方は2~3回繰り返すと効果的です。

ホットタオルは夜のお手入れに入れてもすっきりできるのでお勧めです。

ほっぺたにポツンとニキビができてしまったり、お肌がカサカサしたり…

そんな時はどうしていますか?

その前に、美肌を保つ秘訣って何でしょう。

質の高い睡眠、栄養バランスの高い食事、適度な運動、それとも高級な化粧品?

そんなの分かっているけれど、現代の忙しい女性にはなかなか難しい。

私もついついバランスの崩れた生活を送ってしまって、肌が荒れて大ショック!

そんな時、私が真っ先に行うのは、「半身浴」です。

ありきたりな答えですみません。

でも本当に効くのでぜひ試していただきたいです。

タダですし♪

半身浴をして汗をかくと、肌荒れの毒が出ていくように、お肌がキレイになります。

古い角質がポロポロ剥がれたら、ぷるぷるのお肌が出てきますよ。

湯船にゆっくり浸かると心も癒されて一石二鳥。

でも、決して無理はしないでくださいね。

のぼせるほど長く入ったり、無理やり肌をこすったりしてはダメです。

1日だけではなく数日間ゆっくりした気持ちで続けてみてくださいね。

リラックスすることも美肌の秘訣ですよ♪

 

体を冷やさないようホットの飲み物を意識して飲む

ここ数年気をつけていることで、積極的に温かい飲み物を摂るようにしています。

仕事でマレーシアに3年以上住んでいたとき、一年中常夏の国なのに外で鍋を食べたり温かいミルクティーを飲んだりしているマレーシア人に衝撃を受けました。

すべての人が健康を意識してそのような食生活を行っているのかはわかりませんが、少なくとも中華系のマレーシア人の友達に体調の不安を訴えると大体「白湯を飲め」と言われます。

温かい国の人が温かい飲み物を摂っているのだから、四季のある国に住む日本人が温かいものを飲まなくてどうする、と思い取り組んでいます。

少し前女優さんやモデルさんも冷たいものは取らないというのが流行っていましたし慣れればそれほど辛くもなく、外食をしてもホットの飲み物を頼んでいます。

ただし絶対禁止にするのではなく好んで選んでいるようにマインドコントロールしているので、年に数回は冷たい飲み物を頼むこともありますが、それが習慣になることもなく継続できています。

 

美のために親に甘えて家事をしない!

美しくなるためには、ます時間が必要です。

自宅ではお肌の手入れのために、ユックリお風呂に入らなけれはならないし、パックも重要だし髪のお手入れもてがぬけません。

太らないように、ヨガ教室に通ってますし岩盤浴もやります。

週一のエステに定期的にまつげパーマにネイルサロン、とにかく美容には時間もお金もかかるので親に甘えることが私の美容法です。

いまだに実家に半居候状態ですが、家事は炊事洗濯に掃除すべて母まかせ、おまけにお金を使わないようにお昼はお弁当を作ってもらってます。

朝はぎりぎりまでメイクに時間を取っているので忙しいのです。

やはり親元が一番!母の手料理は美味しく、栄養のバランスも考えてあるので体調もよく便秘もしないのでお肌はつべつべです。

やはり美しくなるためには母のサポートが必要不可欠です。

朝、髪まで母に結ってもらってます。

編み込みすれば会社では「どうしたの?」と羨ましがられます。

母あっての私の美です。

まずはスキンケアや日頃の手入れは基本的な話なので、私がしているほかの人と違った女子力アップ方法をお話します。
女子力といえば、外見を磨くことも大事ですが、合コンなど顔重視の場面以外では、内面の女子力の方が圧倒的に必要だと思っています。
気配り、言葉遣いもですが、優しさや包容力、日頃の人に対する対応など、少し気を付けて行動するだけでも十分変わってくると思います。

例えば、誰か見てるからという理由ではなく、女子だけでランチ行った時に、すっと皿に盛り分けてあげたり、また常にゴミ袋(スーパーなどの袋でも可)など持っていたりすると、いざというときに「さすが!」と言われることが多々あります。

私が大事にしてるのは、異性に好かれること目的での女子力ではなくて、同性から好かれる好感度やこの人みたいになりたいなと憧れるような存在になれるようにしています。女子から見た女子力が高い人ほど、本当に自分のものに出来てるイメージがあります。異性に対して意識しての女子力は、作ってるだけという印象があります。

綺麗な肌を目指す上で高い化粧品を購入したりサプリメントを飲んだりされている方も多いと思いますが、私が美肌を目指す上で一番気を使っているのは洗顔です。
前に某ブランドのBAさんからお肌のトラブルの7割は洗顔の仕方で改善すると言われてから夜のクレンジング、朝晩の洗顔には一番力を入れています。

力を入れていると言っても高級な化粧品を使っているというわけではなく、なるべく保存料や着色料・香料・アルコールなどお肌に負担になるようなものが入っていない化粧品を選ぶこと、それと洗い方を大切にしています。

クレンジングオイルの場合は最低4プッシュは使ってお肌と手で摩擦が起きないようにオイルを十分に滑らせてくるくる回すような形でメイクを落としています。
オイルを落とすときはいきなり洗い流すのではなく、しっかり水とクレンジングオイルを乳化させて落とすようにしています。
洗顔フォームもネットを使ってモコモコの泡を立てて顔を洗うというよりは泡を動かすような形で決して肌に指が触れない程度の優しさで洗っています。

基本的に全て顔の下から上、中心部から外側といった形で動かすように洗っています。
これだけでリフトアップ効果もありますし、きちんと洗顔をすることで毛穴のつまりや大人にきびも解消されて今はすっぴんでも綺麗なお肌だと褒められるようになりました。

 

美容のために気をつけていることは保水力です!

美容のために気をつけていることは、加齢と共にどんどん信じられないくらい衰える顔や首の保水力です。
だから、コラーゲンは欠かせません。

体内で作られるコラーゲンが40才以降だんだん無くなってきて半分にまでなり、このまんまでは60才過ぎたら20%くらいにまで落ち込みます。
シワもそれにつれ、刻まれていくので、絶対にコラーゲンとヒアルロン酸はサプリメントなどで毎日きちんと補いましょう。
それだけでも10才は若く見えますし、他のことだってやる気がわいてきます。

何もしないのは良くないです。
せめてそういうことだけでもきちんとした方がいいです。

夏は洗顔にしても、回数が増えるし、肌を触る機会がどうしても多くなるので、たまには水洗いでやめたりしておくことです。
なぜなら、顔にはいい菌とか微生物も住み着いており、それらが活動することできれいに保たれている部分が非常に大きいからです。あんまり、化粧品でごちゃごちゃ洗いまくり、殺してばかりいると、多分ろくな事にならないですよ。

 

化粧水は安くてたっぷり使えるものを

美容のために、朝夜たっぷりの化粧水をつけるようにしています。たっぷりつけるには、あまり高価な化粧水では良くありません。
家計を圧迫してしまいますからね。ですから、ドラッグストアでたっぷりと入っていて安いものを探してはそういったものを使うようにしています。

たっぷりの化粧水を使った後は乳液と保湿クリームをつけます。保湿が足りないな、という時は雑誌に載っていた方法なんですが、ミルフィーユ付けをするようにしています。
このミルフィーユ付けというのは化粧水と乳液を繰り返して顔につけることなんですが、三回くらい繰り返したら、お肌はかなりもっちりとしてきます。

基礎化粧品は特に、けちって使っても効果はあまりないので、自分のお財布と相談して、安くて高品質のものを使うのが一番だと思うんです。
安いからといって物が悪いということもないですし、最近はレビューでいいものがすぐに分かるので、そういった意見を参考にするようにしています。
お肌の調子はかなりいいです。

 

市販のシャンプーやリンスやボディソープなどを使わないようにしています

私は美容の為に、市販のシャンプーやリンスやトリートメントやコンディショナー、それからボディソープなどの洗浄剤を使わないようにしています。

何故市販のシャンプーやボディーソープを使わないようにしているかというと、市販のシャンプーやボディソープなどの洗浄剤には界面活性剤や香料や着色料などの化学物質が含まれているものが多いからです。こういった化学物質が含まれている商品は、肌や頭皮に良くないので極力使わないようにしています。

私はシャンプーの代わりに、石鹸の成分を主成分としている固形や液体の石鹸を使うようにしています。そしてリンスの代わりに、クエン酸や生のレモンや瓶に入っているレモン果汁を使ってリンスを手作りして使っています。

そしてボディソープの代わりは、シャンプーと同じく固形や液体の石鹸を使うようにしています。市販のシャンプーやリンスやボディソープを使わなくなってから、肌の状態が良くなったような気がしますし、固形や液体の石鹸のほうが値段が安いので経済的にも良いと思いました。