カテゴリー: 日記

自分自身が大量に汗をかく性質だと感じたのは、中学校に上がった時です。
それまでは特別気にしていませんでしたが、季節が夏に差し掛かり始めた頃、クラスの子と比べて発汗量が多い為か、服の脇に汗じみができるので恥ずかしかったのです。

一度気にしてしまうと汗の事が気になり始め、そのうち体を動かさなくても汗をかくようになりました。
さらに汗が出るとにおいも心配になってきて、それ以来今でも悩まされ続けています。

今現在悩んでいるのは追いつめられると汗が出る事と、汗をかく事でメイクが崩れる事です。
仕事はサービス業なのですが、お客様を待たせてしまったり、想定外の事が起こった場合寒い季節でもオデコから垂れてきます。
メイクについても直さなかった事が殆どありません。

勤務中に最低でも2度は手直ししなくてはならず、その都度切なくなるのです。
体質ですからうまく付き合うしか無いのだというのは分かるのですが…。

気になる体臭で思い浮かぶのは、足のにおい。
ストッキングの上に靴を履いて脱いだときにツーンとする臭いや汗で湿気がある時のベタつきなど周囲の人に気づかれているのではないかと不安になります。
だんだん寒くなってきているのでスカートを履く時にパンストは必須アイテムです。

でも、脱いだ時の事を思うと厚めのタイツを履き靴下を重ね履きした方が良いのか迷ってしまいます。
丈の長いブーツを履いていたとしても脱ぐときにソックスが見えるとダサくなってしまいます。
靴用のスプレーを使っているのですけど、足臭って如何にもなりません。

あたしは汗かきな性質だから一日中ストッキングを履いてクツを履いていると脱ぐときには蒸れた状態になっています。
足が臭わない人がうらやましいです。

そこで足のニオイの対処法を調べてみましたが、汗をかく食べ物を控えたり、入念に足を洗う事、靴の消臭を行うことなど明記されていました。
カレーやキムチなど辛いものを食べると沢山汗が出てきます。
ですから多く取らないほうがいいと思います。

パンストの時以外でも、ソックスを履いていた場合でもしっかり足を洗うとにおいは消えていきます。
それと、靴用消臭スプレーを使ったり、靴の方のニオイを消すという方法もあります。
私自身もこの3つを試してみて足のニオイを気にしなくていいようにしていきます。

体質なのか額や頭皮から汗が出てきます。
わたくしは、更年期に入ったこともありこのせいでいきなりくる滝のような汗に頭を抱えています。

あと、五年位前整体院で働くようになって感づいた事ですが、これ以外にも緊張した時にも汗をかくのです。
サービス業なので、はじめて来られる方と話をするときなどに暑い日じゃなくても知らないうちにうなじにじんわりと汗が出ていたのです。
これって、本当に困ります。

特に緊張して描く汗はなんとなく良いものに感じずべっとりとして臭ってきそうな感じなので、いろんな発汗しない方法を試しました。
体温の上昇を抑えるためにうなじを冷やしてみたり、舞妓から学ぶ緊急汗止め対策というものがあり、胸の上部に帯をまくと胸腺いかに汗をかくようになるので顔から発汗しなくなると聞いたのでやってみました。

これは緊張性の汗じゃなければ効果は感じられました。
今現在悩んでいる事が更年期からくる突然出てくる汗です。

しかしこれは婦人科に行って貼るタイプのホルモン薬を使うと抑えられるという事が分かりました。
これは試しに貼ってみたいですね。
ともあれお仕事に支障をきたす為この汗が出ないようにしたいです。

私自身が苦手な臭いは男性の足臭です。
特に中年の方の足裏って凄く匂うなと思っています。
失礼だとは思ってはいますが飲み屋さんに行くと座敷に座る事がほとんどなので中年男性が脱いだ靴のにおいとお座敷にいるときににおうあのツーンとしたニオイがすっごくイヤなのです。

時々我慢できなくなって本当にダメだと思った時は鼻ではなくて口で息を吸いながらしゃべったり、それでもしんどい時には息を止め靴を置いておくところのニオイが分からないように化粧室で息抜きします。
お酒の席ってワイワイ楽しく飲むところだと思いますが、あたしは精神的に苦しいと思うんだったら呑み会にはいかなくてもいいんじゃないかなと思う時があります。

けれども帰り際に「あんまり呑んでなかったね。具合が悪いの?」なんて言われると結構焦ります。
まさか男の人の足臭と靴臭いので気持ち悪くなったとはまかり間違っても言えないです。
我慢して参加しているのも悪い気がしますが、みんな参加しているし自分も顔を出した方良いんじゃないかと思ったのでお付き合いだと思って仕方なく参加しているのです。

私自身は、美容のために一週間に五日くらいサウナに行っています。
行く前に水を1杯飲み、銭湯についてからサウナ室に入る前にも水を飲むようにしています。
そしてサウナルームでは、最初は約20分位入って、その後に水風呂に浸かります。

それから、水を飲むのです。
水風呂については最初はとても冷たくて入るのに苦労しますが、この水風呂に入る入らないで、サウナに耐えられる時間が違ってくるのです。

この流れを1セットとして、五回くらい繰り返し行います。
私自身が行っているサウナの温度は90度くらいですが、繰り返し入る度に沢山汗が出だすので、デトックス作用がすごいです。
水をきちんと飲む事も大切な事なので、1リットルほどの水を持って行き、全てサウナで飲みます。

サウナの室内にテレビがついているのですが、そこで知り合った人と雑談をしたり、ストレッチをしていると時間が過ぎるのも早いです。
サウナ風呂の中でぎりぎりまで耐えた後の水風呂はすごくスッキリするので、美容に限らずストレスの発散にもなるのです。

あたしは、皮脂が多い方なので、今までまわりが騒ぐほど、潤いケアについて考えたことがありませんでした。
言われたとおりの分量で、保湿ケアを実施すると、べったりしてしまうので、それが不快で保湿ケアなんていらないと思っていました。

けれど、皆ほどじゃなくても、「保湿」は少しでもしておいたほうが良さそうと考えなおして、ちょっぴりモイスチュアケアを始めました。
バスタイムのあとも頭からつま先まで丸ごと「皮フ」なので、ボディにもちょっぴり保湿ケアをしてみました。

また、乾燥しにくいシーズンもこれまで「乾燥しにくいシーズンは潤いケアを行わない」と決めていたのですが、夏も少々「保湿」するようにしました。
そんな風にしたら、以前より素肌のコンディションが良好になってきました。
元々横着者なんで、時にはモイスチュアケアを忘れてしまうこともありますが、なるたけ保湿を施していくようにしています。

全身的に肌がもっちりと、吸い付くような肌になってきました。
これから先も、脂性肌でも、いくらかは保湿ケアをしていこうと思いました。

近頃、あたしが何気なーく、気を配っていること…いいえ、これは気を遣ってるって言ってもいいのかな。
そのこととは…なるべく顔によけいなものを塗ったりしない!笑最近、仕事はほとんど家でしているので、恥ずかしながらもすっぴん生活。
お化粧をしない日は、顔はお湯で洗うだけで、洗顔フォームも化粧水もつけません。

肌にはもともと自浄作用があるので、顔に必要以上に石鹸や化粧水とかあれこれ塗っていると、却ってその効果が無くなってしまうらしい。
肌をしっとりさせ過ぎても、反対にニキビができてしまうこともあるからね。
それってそう言えばそうかも。

そして、実のところお顔に無駄なものを付けないようにしてから、確実に肌の調子が良いのです。
メイクした日は、メイク落としをしてから洗顔料で洗って、そして以前と同じようにローションなどをつけています。
(ついでですがわたしの個人的にお勧めするのは、ビオレうるおいジェリーっていう化粧水です。これだけで化粧水からパックまでの効果があって、カンタン!)

コンディションも良好だし、手軽だから続けやすいし、試してみることをオススメします。
化粧品も皮膚への負担がなるたけ少ないものを使いたいな、見つけてみよう。
このところ、メイクで美しくなるのではなくて、肌自体をきれいにしたいと励んでいる毎日なのです。

自分自身が気を使っているのは、きれいな姿勢でいる事です。

以前は姿勢が良くなくて、前かがみになってしまう事で悩んでいました。

腰は痛いし肩コリもあったので、仕事のない日は、たまった疲れで家でグタッとしていることが多々ありました。

 

それで、わたしがやろうと思ったのが、ヨガになります。

からだが結構硬いので、最初は基本のポーズもうまくとれなかったのです。

だけど、やっていくうちに、ムリだった構えが段々できるようになったのです。

 

前よりもカラダが柔らかくなっていきました。

1日おきのペースでも、継続すれば、体の変化も気付くようになったし、日々の生活を考えるようになったのです。

 

お肌の様子も整ってきて、体のスタイルや姿勢が良くなってきた事が、はっきりと分かります。

くびれているのが分かるし、太腿も細くなってきました。

女っぽいスタイルになって、基本のラインが出来てきたので幸せです。

 

やる気が出来て、穏やかに過ごせるようになりました。

やった分だけ、変わっていくのが分かるので、これから先も続けていきたいと思います。

 

第一に日々身体を動かすようにしています。

珍しくもありませんが、やっぱり発汗しないと代謝も悪くなるし、それこそPCを使ったお仕事をしていると尚更体を動かすことがないので、休憩も兼ねてフィットネスウォーキングをしています。

 

それとその習慣が面倒臭くならないようにJ-POPを楽しみつつウォーキングをしています。

ここのところは音楽をダウンロードして700円台のイヤホンで聴きながら歩いています。

あとはフラストレーションをためないように仕事関係でも気を配っているんですが、可能な限り快適に働けるように気をつけています。

 

自分はフリーで自宅で働く形なのですがなるべく仕事道具にはできる限り使い勝手が良いものを選んでいます。

なんなら今この時でさえワイヤレスキーボードを使用していたりと、日常的に良く手にするような物でストレスを感じないようにするのも穏やかに過ごせるせいか、肌荒れもなくなってきた感じがするし、ストレス自体をそれ程感じなくなりました。

 

わたくしが特に気遣っていることは睡眠です。

今までたくさんの化粧品を試してきて、高い化粧品もいくつも使ってみました。

流石に高評価の化粧品というのは効果を実感したので、高級化粧品はやはり凄いと思いました。

 

しかし、どれほどいい化粧品でケアしていても、効果を感じることができない時期があったのです。

それというのは十分に睡眠ができていない時なのです。

良質な睡眠をすることで成長ホルモンの分泌を促進してくれます。

 

それに、成長ホルモンはコラーゲン繊維形成に関わりが深いのです。

つまり、睡眠がとれていないと、成長ホルモンの分泌が悪くなり、お肌の為に必要なコラーゲンを生成することが出来なくなります。

そうなった場合、どれだけ外から肌に良いものを与えても、お肌の中の方はそれを受け止めるようになっていない為、ちゃんとした効果を得られません。

 

質の良い睡眠をとって、十分に成長ホルモンの分泌を促進させ、、お肌の根本をきちんと整えることが、基本のスキンケアだと感じたのです。

極力12時までには眠るようにし、しかも軽い運動などをして質の良い睡眠ができるように、健康のためというより美容に的を絞って取り組んでいます。

わたしは、ストレスや疲労が溜まるとすぐに肌荒れを起こしてしまいます。

白ニキビや吹き出物とかもすぐにできて、本気で悩んでいました。

まず、睡眠時間は4時間くらいで働き通しだったので、疲れもピークを達していたでしょう。

 

昨年、結婚を機会に仕事を辞めました。

気配りのできるダンナは、「一日好きなように過ごしても良いんだから、沢山睡眠をとって、体を十分休ませてあげなよ」と言ってくれました。

その好意に遠慮なく、毎日少なくとも10時間、眠るようにしていました。

あたかも、『眠れる森の美女』のようだと自分でも思ったほどです。

 

そして、野菜たっぷりの料理を、満足いくまで食べては眠るといった毎日を送っていました。

そうすると、どういうわけか体重が徐々に落ちてきて、そして、大人ニキビや吹出物も消えたきたのです。

それはそれは、本当にびっくりしました。

 

考えられないくらいやさしいスキンケアを見つけたのですが、どれだけ高級な化粧品よりも私には一番効果がありました。

そんなわけで、眠かったら無理をしないで寝る、お腹が空いたら野菜を豊富に使った料理をいっぱいたべるということに気をつけています。

 

肌に良いものをと思いながら食生活を送っていても、なかなか大事な栄養成分をとれない事があります。

ワタシも成る丈外食などを控えてゴハンを作るようにしていますが、仕事で疲れて帰ってくると自炊ができないことも少なくありません。

そのため、とりにくい栄養素はサプリで補充するようにしています。

 

あたしが摂っているサプリメントはマルチビタミンサプリと「ミネラル」の二つです。

二つとも、30日分で九百数十円の栄養補助サプリなので、日々摂っていても低コストで済む事も利点です。

マルチビタミン剤とミネラルサプリを摂取するようになってから、少々の疲れがあっても翌日のメイク乗りがよくなりました。

 

こめかみら辺にあったちっちゃい色素沈着も色が抜けてきていい感じです。

目もとの肌色も明るくなり顔が若返ったかも!

健康サプリメントはゴハンのあとに取り入れるだけの楽な栄養補給方法なので、「近ごろお肌の具合が良くないかな」と悩んでいる人は一度トライしてみてください。

 

以前から疲れたりストレスがたまると顔に出やすく、お肌も荒れやすいわたし。

サプリメントを摂ったりしたけどあまり大きな効果はない。

30も過ぎようやく分かったのが、体の内面を綺麗にするという事。

 

食事って凄く影響してくる!まずはバランス良く食べる事が重要だとおもい心がけるように。

あと基本的なスキンケアを怠らない事。

高級な物とか複数の種類でケアする事が怠らないことではなくて、私の方法は「毎日サボらないこと」。

 

疲れ切っていたとしてもしっかりとやる。

高いものじゃなくても、自身のお肌にあった安価な物を惜しみなくたくさん使うこと。

これをするようになってからはお肌の様子も良いし肌荒れしにくくなったように感じる。

 

特に乾燥しがちな秋・冬・春などは、化粧水を兎に角たっぷりとつかって浸します。

そうする事で化粧ノリも良くなり、夕方までメイクもちがよくなる!!

 

化粧の時に化粧下地に保湿液を混ぜれば馴染んでくれてメイクが崩れにくいです。

基本的な事をしっかりと行う。

それこそ本当の美容法!と思い知らされる毎日です。

ストレスを感じると肌の調子が崩れやすくなったりしますよね。

職場・学校で辛いことがあったとき、睡眠時間が不足している時、原因は色々とありますが、精神的ストレスなどは私たちの皮膚に影響してくることは誰でも知っていますよね。

 

あたしの場合、14、5歳の頃、もっともニキビがひどくていつも頭を抱えていたんですが、これって意外と十分な睡眠がとれていなかった為にそうなっていたのかも・・・。

 

体質もありますが、赤にきびも精神的ストレスなどのせいでなかなか治らないことがあります。

社会人になっても吹き出物や乾燥肌など肌問題に悩む人は大勢いますが、原因は様々と言えども内的ストレスが結構な原因になっているのは間違いありません。

だから、近ごろは睡眠不足にならないようにして内的ストレスを少しでも解消するようにしています。

 

肌メンテを丁寧にやり始めたのもあるのでしょうが、早寝早起きが習慣付くと体調も良くなる上に美肌にもなれるなんて一石二鳥ですよね。

あなたも睡眠不足を解消してキレイなお肌を手に入れましょう!

 

寝不足が影響して肌トラブルを起こしたことのある人は多いと思います。

わたしもすごくキツイ仕事をしていて遅くまで働いていた頃は、かなり肌荒れしていました。

やはり肌が再生されるのは睡眠中に行われると言われていますが、その通りですね。

 

眠った時間とお肌の状態は関係していると思います。

だから、ここ最近はまずは十分に睡眠をとるように気をつけています。

 

ちょっと前から気づいたことは、おふろで湯船に浸からず上がった時と湯船に入って上がった時の寝つきに違いがあること。

やっぱり湯船に入ることでからだが温もり、その温もりが少しずつ下がっていくため寝付きがよくなるのでしょうね。

 

それと、眠っている時の部屋の温度に気を配るということです。

特に夏などはクーラーの温度設定を低くして寝ると体が冷えてしまい、夜中に目が覚めることがあるので気をつけています。

 

とは言えタイマーで切るようにしてしまうと今度は暑さで目が覚めてしまうのです…意外と思うようにいかないものです。

だけどこれからも睡眠の質を上げる為にできることはやろうと思います!

 

わたし自身が美しくあるために特に留意しているのは紫外線です。

中高生の頃に戸外で運動するクラブだったのでいつも黒く焼けていて、20代でもまるっきり紫外線ダメージのことなど考えずに暮らしていました。

30歳を過ぎ身から出た錆とは言え、一時期は肌がシミやそばかすでボロボロの状態に。

 

どうにかしなきゃと考えて、スキンコンディションを改善する栄養の偏りのない献立にし、それから「シミ・そばかす」に最適なホワイトニングローションなどをつける事にしました。

そうして3年ほどが過ぎ、だいぶクリアな肌質に変化してように思えます。

そんな風にUVケアの大切さを実感してから、日焼け止めはもちろん、「帽子」、「日傘」は勿論の事「腕のカバー」などなど、外出時には本当に肌の露出に気を遣うようになりました。

 

また家にいる際にもまどガラスから「紫外線」が侵入してくるので、窓にはUVカットフィルムを貼り付けたり、紫外線遮蔽カーテンを取り付けたりしています。

無論一定の紫外線を受ける事は健康維持としていいことなのですが、必要以上にダメージを食らわないように、またキレイな素肌を保持するように気を配り続けています。

 

潤った肌にするためには、十分に保湿ケアを施すことが大事です。

ちゃんと保湿をしているつもりでも、間違ったケアをしていたら無意味ですよね。

適切にお手入れする事で、皮フに保湿力が回復し、潤った肌になります。

 

保湿といえば、保湿化粧水です。

よくローションの使用法に「五百円硬貨大くらいの量」などと、少し多いのでは?と思う分量が記載されていることがあります。

こういう時に、記されている量通りに肌に与えない事もあったりします。

 

しかしこれは一度で使う量ではありません。

はじめに満遍なく顔に塗布したあと、カサつきを抑えたい場所に二度づけしていきますそうやって、潤いが足りない場所に塗り重ねていくうちに、終わる頃には表記の量が少ないと思えるくらい塗っている事になります。

ですから少ない量で済ませずに、何回かつけていき5ml程度の化粧水を使うことが大事です。

 

使用法に使用量が書かれている場合は、その分量を塗布する事で、そのローションの効果をしっかり得られることが出来ます。

ですから、やはり使用法を見て正しい使用量をつける事が重要です。

 

アラフォーになってから、全身美容には特に気遣うようになりました。

年齢を重ねるにつれ「老化」を感じるのは自然の流れですが、成る丈老化は食い止めたいですよね。

前からスポーツ系女子だったので、2年ほど前から代謝をよくするためにもヨガを始めました。

 

それと共に食事内容にも注意しています。

お野菜はできればナマ、あるいは蒸し料理にして大量にとるようにしています。

軽食をとりたくなる時もありますが、そんな折にはナッツや乾燥果実等を食べたりしています。

 

アーモンドをよく食べていますが、素焼きアーモンドはビタミンE含有量がすごく酸化抑制力、抗加齢作用があるので嬉しい食べ物です。

更には肝機能アップの作用もあるので酒のあてにももってこいです。

干し果物などは、「お砂糖」を使用している物をを口にするより自然の甘さのものを摂った方が安心感があるので食しています。

 

生活環境は色々なので、良さそうな美容法のニュースがあっても、最初に自分に合うかどうかを判断してから取り入れるようにしています。

過去に、何も考えずに実践した美容ケアが相性が悪く、皮フがすごく荒れるという経験をしているからです。

体を動かし毎日の食事に神経を使う、そうすることによって、体調面も皮フもコンディションが上々です。

美容術としてやっていることが健康にも良いとはありがたいですね。

美容において気を付けている事といえば、自分はのんびりと入浴する事です。

体の疲れを揉みほぐすなど、からだのお手入れをしようと思っても、つい忘れて寝てしまいます。

ですから私自身はお風呂に入る時間を長くして、お風呂の中で軽いマッサージやストレッチを行っています。

お風呂は毎日入りますし、忘れたりする事はないと思います。

 

それに、水の中は体にあまり負担がかからないので、ムリなくできるのです。

マッサージをする事で血流を良くしたり、湯船で温かくなったカラダを流水で冷やすと、肌が張るということを聞きそれも行っています。

ただ、お風呂にのんびり入るといっても、長い時間浴槽に浸かるのはダメです。

 

長時間湯船に入っていると湯あたりするし、まず第一に乾燥肌になる危険性があります。

だいたい10~20分程度、ゆっくり入りましょう。

柑橘系くだものの皮をお湯に入れても良いと思いますし、アロマキャンドルを焚くのも良いですね。

自分自身が、リラックスできる場所にしたので美容に欠かせない時間です。

 

「カサカサ肌」で「敏感肌」なので、極力肌の負担にならないような美肌作りにしています。

テキトーに選んだようなものをつけると、直ぐに赤くなったりするので、大体1ブランドに絞っています。

超乾燥肌でもあるので、乾燥対策用のものを優先して使っていますが、肌負担が多そうな物はできる限り買わないようにしています。

 

1番神経を使うのが、エアコン対策です。

社内は特に低湿度になりやすいので、小型加湿器を使ったり、ミストローションでモイスチュアケアをしています。

出来るだけ直接的にエアコン攻撃を受けないようにもしています。

 

「乾燥」は美肌の敵ですよね。

だるだるしたシワだらけの顔になりたくないので、毎日乾燥防止対策をするように気をつけています。

 

スキンケア方法も、出来るかぎりお肌を刺激しないように、メイクオフする時やお顔を洗浄する際は指で優しく触れる程度です。

顔を洗ったら、直ぐに化粧水を塗ったりして、乾燥から肌を守っています。

睡眠にも留意し、スナック菓子も控えるようにしてます。

こまめな心配りが未来の「キレイ」を作ることになると思って普段から心掛けています。

 

わたしは美しい容姿作りにおいて、特にスキンケアに気をつけています。

私の今の年齢は24歳ですが、どうにも社会人になった辺りから、適切なスキンケアを行わないとあくる日の化粧乗りが良くなくなりました。

それと自分は便秘症も持っていて、肌トラブルを招きやすいのです。

 

それで、スキンケアとして2点に重点を置いて実施するようにしたら、大学時代よりも肌状態が良好になりました。

 

一個目は、「水分補給」を意識的にするってこと。

ワタシは今まであまり水分補給をしない事もあり、便秘が酷かったです。

そんな訳で、マメにお水などを飲んだり、「カフェイン量」にも目を向けて、麦茶とかを飲むようにする事で快便になるよう努力しました。

 

第二に毎晩のスキンケアを怠らないこと。

あたしはデリケートスキンで、あれこれと化粧水や乳液、美容液を利用してみましたが、どうってことなかったり、刺激を感じてしまったりと大変でした。

スマホで「ニベア」&「ハトムギ化粧水」が相性抜群で、安く美肌作りができるという情報を入手しました。

肌タイプを問わず試しがいのある組み合わせなんて載っていたので、すぐさま試しました。

 

就寝前に、おフロから出るとハトムギローションを塗って、その後に「ニベアクリーム」をつけるだけっていう非常に手軽な方法ですがすごく良かったです。

もう7、8カ月実施していますが、いい肌状態が保てています。

水分不足にならないようにする事で体調をととのえ、日々の適切なお肌のお手入れがやっぱり重要だと実感しています。

短大生になって、リキッドファンデーションやマスカラで本格的に化粧をするようになってから、念入りにメイクをしたぶん、メイクを落とすことも念入りにやらなければならないと配慮しています。

授業のあと帰宅したら、それからまた外に出る予定がない時は速やかにメイクを洗い流します。
メイク落としも、オイルの場合必要以上に皮脂を取り過ぎてさらにお肌に負担をかけるので、できるだけ肌に負担がかからず化粧もしっかり落としてくれるウォータータイプを使用しています。

強く擦らなくても落ちるのでお肌に負担がかかりません。
化粧を取り除いた後は、じゅうぶんに水分を補うためにわたくしはパックします。

安く買える化粧水をコットンにたっぷり染み込ませて、顔全体をパックして3分そのままにします。
3分を超えると、むしろ肌の水分が吸い取られてしまうためきちんと時間を守ります。

化粧水をしたら、クリームを薄く塗って水分を封じ込めると翌朝のお肌の調子が良好で、メイクの付きもよくなります。

日頃からお肌を焼かないように紫外線対策をしっかりとして、しみやそばかすも防いでいます。
慌ただしい日々を送っていてエステに通う時間がなくても、「食」やストレッチ、ツボ押しなど、自宅で出来ることは幾つもあります。

まず、食べ物は普通くらいの分量を食べますが、野菜から食べ始める事で太りづらくなります。
そして、健康にいい「おみそ汁」はなるべく飲むようにしています。
ですが、味噌汁があるメニューの時には水なんかを飲んじゃうと胃の消化活動を妨げてしまうので、食後に飲むようにしています。

他には、市販の野菜飲料などを上手に使って急いでいるような時などは摂取したりしています。
仕事場でも、成る丈水分補給を心掛け、体の内側から乾燥しないようにしています。
ストレートジュースや乳酸飲料などを飲む事が多いです。

残業も多いので帰宅してからもバタバタとしているんですが、竹ふみを利用して、お化粧を落としながら、足の裏をほぐしたり、お風呂で体を洗う際には足の下から順番に老廃物をながすように足マッサージをして血液循環を正常化させて脚全体の疲労回復をはかっています。

「手」って思いのほか目を引くパーツですよね。
自分は学生時代から手や指がおばあちゃんみたいでコンプレックスでした。

手の甲が美肌の人を見掛ける度に「いいなー」なんておもったりして。
結構小まめにハンドクリームもつけているしその商品だって効き目にこだわって選んだりしています。

・・・何にも変わらないんですよね。
しかし、二ヶ月ほど前に気付いたんですよ。

「お顔には美容ローションを使ってから美容液とかを塗布しているけど、「手」という部位には専用のクリームのみ。
これってもしかしてうるおいが足りないんじゃないか」と。

ちょうど肌に合う良い化粧水を使い始めたばかりだったので、これを手指にもつけてみようと思いました。
顔のお手入れ後のついで的なヤツを使うのではなく、手先のために美容化粧水を使うのです。

実際に使ってみたところ、なんとなく水分があっという間に浸透していく感じがあってうれしくって、再度化粧水をONすることもしばしば。
そして、いつもの美容ハンドクリームを使うのです。

それをやり出してから2ヶ月も経っていませんが、効いているのがわかります。
「こんなシンプルなことに何故すぐピンとこなかったんだろう」と笑ってしまいます。
面倒ってほどでもないので、このまま朝晩の美肌作りを重ねていきたいです。

当たり前の事なのだと思うのですが、きちんとした生活がけっこうばかになりません。
子供が生まれてからの生活は、子ども中心で自分自身の事は後回しになっていました。
老けてしまったような気がして、へこんだ時もありましたが、子どもの成長につれ、生活のペースが掴めるようになりました。

こどもの離乳食の時期になり、最近では夜ご飯は17時頃食べて、19時には寝かしつけるようにしています。
その後は自分の時間が出来ますし、なにより早い時間に食事が終わるので、ダイエットに繋がります。
家事などが終わってしまえば、すぐに寝てしまいます。

またいつ起こされるかわかりませんし、寝不足はお肌にすぐに出てしまいます。
朝は、子どもより少し早く起き、旦那様のお弁当と、その日の夕ご飯を作ってしまうのです。
これはすごくいいところがあります。

なによりも夕方に忙しくする事がないですし、お店で余計なものを買う事が無いのです。
これによりダイエット出来ています。

美容のために、日常的に高級な化粧品を利用したりエステに通ったり、と「時間」や「お金」を惜しまない女性って沢山いらっしゃいます。

あたしも年を食う度に全身美容についてあれこれ悩んではいるのですが、いかんせんめんどくさがり屋なのであまりいろいろなことをしたくないし、子育て中なので時間的余裕もない、その上無論美肌作りに多額の出費ができるような経済的余裕もなし!

そんなワタシが美容のために特に気を配っているのが「眠り」関してです。
睡眠というのは、我々にとって様々な利点があるものです。
世の中には、「夜型」で真夜中を過ぎても起きていて遅く起床するひともいます。

だけど美容的には夜型生活はすごくマイナスなんです。
全身美容に必要な「睡眠」は美容の「ゴールデンタイム」を逃さない事です。
ゴールデンタイムとは22時~2時の4時間だといわれ、この時間を睡眠に当てていると体にとって良いだけでなく美容的にもメリットがあるそうです。

なので、見事に早起き族のわたしは、美容面も考えてゴールデンタイムにはキチンと熟睡するようにしています。
モテる女になるために最初に思い付くのは大抵容姿をキレイにする事。
それはそれで高みを目指したいですが、自分は精神を養う事こそ重視すべきだと思うわけです。

本質的な所はどうにもならないならばそこを逆転の発想で悪い面を良い面に変換する、それから平等に思いやりを持った振る舞いができる愛され女子になることこそ女性的魅力の向上に結びつく感じがします。
女の人らしさって結局気配りが出来てお淑やかで、何よりも笑顔が素敵な人と思います。

なのでどんな人にも「スマイル」で優しい人は自動的に女子力とかも上がっていくと確信しています。
今の時代はかえってクールで格好いい方がもてはやされている気配ですが、あたし的にはそれは男性くさく感じます。
そういう女性たちも格好いいとは思います。

内面をもっとUPさせて、その後に外面や佇まいも変身していくようにすればスムーズに出来るし、自分自身にマッチしたお洒落等もすぐに見出せそう。
私もまだまだ女度をアップしている最中ですが、思いやりをもって女性的な態度だとたぶん誰でも好感を持ちますし、私も接してくれたらなんて女性らしいんだろうとおもうので、試して見てほしいですね。

何歳になっても美しくありたいと思うのは女なら誰だっていっしょですよね。
そのシーズンごとに、どんどんと新商品が発売されるのは、必要としている人が多いからです。
きれいになりたいと、今のままを維持したいと願う人がたくさんいるシルシでもありますよね。

その人達と同じで、私も新製品は気になってしかたないです。
なぜかと言うと、新製品はやはり年ごとに機能が進化しているのをリアルに感じられますから。
これほど効き目が現れる化粧品は初めて!スゴイ!という製品が多くなってきましたよね。

今回も新しいものに挑戦してみました。
美容液を試したのですが、ピンとした張りに特化している商品でした。

ハリにはまだそれほど悩まされていないんだけどな…と思ったのですが、手の甲に塗った時の伸びる感じと保湿力がとても満足したのでお気に入りです。

近ごろの化粧品の優秀なところは、晩につけて、翌朝には効果というか違いがわかるところですよね。
張りがその化粧品の宣伝文句だからと言って、即座にピンと張ってしわも無くなった!などと言うことはありません。

ですが、塗った部分の肌がつるんと滑らかになっていました。
すべすべになるということは、少しのデコボコも無いということですから大満足しちゃいました。
買おうかな…ほかのもみたいな…と決めかねています。

若い時には全然気にしていなかったのですが、ここ最近は美容については一番に保湿を考えるようになりました。
年ごとに、肌の水分量がなくなっていっているのを感じていました。

元から、歳を重ねた事でのうるおい不足、夏は冷房、寒い時期は暖房がかけられている職場で一日中働いていることで起きてしまうお肌の乾燥、夏の日焼け、冬場の乾燥など当たり前のように肌が乾燥する現状で日々を送っている為、補っていかなければどうにもならない状況でした。

それに、潤い不足はシワを作るきっかけになります。
それを防ぐためには保湿が肝心になってきます。

ちょっと高いのですけど、三年程前からスキンケアを保湿に力を入れた物にしてみました。
高価なものばかりがいいわけじゃないのですけど、いつまでも若い子たちが使用するようなお化粧品をこの先も使っていくのもどうかと思って、年齢に合った化粧水等を使うようにしました。

やはり、それなりに効果が現れてきて、うるおい効果もあり肌の乾燥をだいぶ防げていると思います。
それが良かったのかは分らないのですけど、私は自分で言うのもおかしいかもしれませんが、年齢のわりにはそれ程「シワ」はないと思います。

肌に潤いがあると化粧のノリも違ってくるのです。
うるおいってホントに重要なのです。

美容にもいいし、健康のためでもあるのですが、ふくらはぎトレーニングをしています。
とは言っても筋力トレーニングなどを行っているのではなく、脚を肩幅くらいに開いてたって、足を上げたり下げたりするといった簡単なものを繰り返しているのですが、これがきちんと行うと筋肉痛になるくらい脹脛に負荷を与えます。

前から、太い脚にはなりたくなかったので、調べた結果この体操を見つけたのですが、このトレーニングを真剣にやると脚が引き締まると同時に、それほど疲れを感じなくなったのです。

前はどれほど軽くて疲れない靴を履いても、一日が終わるころにはふくらはぎがだるくて辛かったのですが、この運動をすることによりかなり良くなりました。
近頃ではテレビを見るときとか、雑誌を読んだりしている時に、この運動をついでにやって脹脛を鍛えるようにしています。

行う時間は少なくとも、基本的には毎日するようにしています。
何日か間が空くと、今度トレーニングした際に脚がすぐにパンパンになり、筋肉痛になってしまうので、忘れてしまわないようにしています。
細い足に憧れている人は、効果も早いので試してみてくださいね。

「決して、焼かない。」と強く思ってはいませんが、本来は紫外線に当たらないように日頃から気をつけるようにしています。

なので年間を通して、日焼け止めクリームはお顔に塗っているし、日差しが強い暖かな季節は朝から日傘を手放しません。

 

もともと(あたしが言うのもなんですが)わたしは肌が白い方なので、周りの女性よりシミやそばかすが目立つし、年齢なりにお肌の潤いが減ってきていることを自分でもひしひしと感じているので、乾燥の原因となる直射日光には当たらないように気を付けています。

 

また、保湿をきちんとして、お肌の為にほぼ毎日、規則的にビタミン剤や病院で処方してもらったクスリも飲んでいます。

何かとお金もかかってしまいますが、今のあたしの年齢に合うようにいろいろとやっていかなければいけないことがあることはどうにもならないことだし、どうにもならないと言って諦めるつもりはないのでできる限り、私なりに現時点でできることをいろいろ取り組んでいます。

断じて、若く見られたいわけではありませんが、同じ歳の女友達にわずかでも距離をあけたいという本心もなきにしもあらず。

 

あたくしはけっこう適当な性格です。

こんなあたしが美容のために心がけていることは2つだけあります。

 

一つ目は、クレンジング。

化粧水や乳液やパックなど、あれこれといろいろつけるのは面倒です。

ですが、かならずメイク落としは、毎日しっかりとじっくり時間を使ってメイク汚れをきれいに落とすことを頭においてやっています。

 

若いころは、夜中まで遊んで帰ってきてもそのまま化粧も落さないで眠ってしまいました。

ですが、年を重ねてきたらお肌の状態も変化してきて今はそんな無謀な事はできません。

当然ローションで水分を補うことも重要ですが、皮膚は呼吸をしているので、やはりしっかりメイクを落として呼吸をさせてあげることが最も重要な事だと思います。

 

それと2つめは、睡眠です。

これまでは、金曜日にはよく飲みに行ったり夜更かしをして、休みの日はゴロゴロしたりしていました。

だけど、子どもが生まれてから見事に規則正しい生活を送っています。

 

もともと睡眠時間が足りないと体調を崩す体質でした。

でも現在は、11時頃に寝て、朝6時起床の生活パターンを送っているので、身体もお肌も喜んでいる気がします。

クレンジングと十分な睡眠は、どなたでも、負担なく続けていけることだと思います。

 

わたしにはまだ手が掛かる子供達がいるので、いつも休む暇もなく美肌術などを施す時間もさほど取れません。

そんな私でも一応美容習慣はあります。

何かというと、お化粧水と美容オイルです。

 

僅かでもきちんとしとこうと思い、おフロを出たときと、朝の洗顔を済ませたときだけは化粧水とオイル美容液を使っています。

三十路をすぎると体の変調も出てくるので大人ニキビが現れたり「シミ」が現れたりと汚い肌になりやすくなるので、化粧水とオイル美容液のみですがやっています。

 

私はもともと肌が黒めなので色素の沈着が昔より増加しているのか分からず効き目があるのかどうか知りませんが、大人ニキビは殆どできないので効いているんだと思います。

それから息子たちと面白い顔をして遊びながら、顔の筋トレをしてシワ伸ばし。

シワにならないよう頬をつり上げたり引っ張ったりすると子どもが大喜びするので、育児とお手入れが一緒に出来て効率的です。

 

美顔マッサージも毎日では無いですが、二日に一回実施していて差し当たり法令線も目尻のシワや口上の小じわも見当たらないので効き目はあると考えています。

ちょっとしたケアでも小まめに行っていく事が大事だと思います。