カテゴリー: 日記

美容について努力している事は、自分はゆっくり入浴することですね。

ストレッチやマッサージなど、ボディケアを就寝前に行おうと思っても、ついうっかり忘れてしまって寝てしまうのです。

ですから私自身は入浴時間を長くして、お風呂の中でストレッチなどをするようにしているのです。

お風呂は毎日入りますし、忘れたりする事はないですよね。

 

ほかにも、水の中は体にあまり負担がかからないので、無理なく動かすこともできます。

リンパマッサージをして血液循環をよくしたり、温かくなった体を冷水で冷ますと、肌が張ると聞きそれもやっています。

けれども、ゆっくりと入浴するといっても、長時間湯船に浸かりすぎてはいけません。

 

長時間湯船に入っていると湯あたりしてしまうし、いちばんに乾燥肌になってしまう事もあるのです。

長くても20分位を目安に、のんびりと入りましょう。

柑橘系くだものの皮を湯船に入れてもいいですし、入浴剤なんかも良いのではないでしょうか。

私が、落ち着けるスペースになっているので美容に一番良い時間だと思います。

 

美容の為にしていることはお腹が空のときに何を食べて何を飲むかをきちんと判断することです。

特に何を食べるべきとかあれを飲まなきゃとかそういうルールがある訳ではないのですが健康に良いものを食べることにしています。

 

それと消化吸収しやすいものです。

これはできるだけなのですが、可能なら消化吸収しやすいものを選びたいと考えています。

胃に食べ物が残っているときは割かしどんなものでも食べますが胃が空っぽの時に食べるものは身体に変化を起こします。

吸収する速さもも速いだろうし、体に色んな影響を与えるというのは分かるので全くの空腹状態のときはどんなものを食べるかよく考えます。

 

空腹時には野菜サラダは食べません。

生野菜を沢山取ったら体が冷えてしまうのでよくないんです。

温かい飲み物を入れられる所ならハーブティーを作りますし温かい飲み物が入れられなかったら水を口に入れたまま冷たくなくなったら飲み込みます。

 

これを何度かやってから好きな物を食べていきます。

胃腸が悪くなるのを防ぐことができるやさしい対策です。

 

平熱が低いよりも高めの方が身体に良いって事はよく知られていますが、実は健康と美容はとても密接に関係しているので、全身美容的にもかなり大事なことです。

わたしは健康のために平熱を引き上げようと意識し出したのですが、結局はお肌や毛髪の状態も改善されてきたので、今もなお日毎体を温めています。

やり方は非常に手軽に行えるものばっかり。

 

はじめに、食べ物は、ネギや根菜類など身体がポカポカになる食べ物をいっぱいとり入れ、ドリンク系もホットドリンクをよく口にします。

それから、おフロで体を温めたり気軽に出来る体操をしたりして、程よくあせを流すことも重要です。

着用する物は、365日なかでも腰まわりを温めるためにあったか素材のウエストウォーマーを着けています。

オフィスワーカーだと通勤や冷房などで気付かぬうちに体温が下がってしまうので、冬以外も要注意です。

 

体温が上がると血液循環が良くなり、肌の色がワントーン明るくなります。

胃腸の調子がよくなるので、肌トラブルも起きにくくなります。

肩辺りのコリや片頭痛が起こらなくなってくるのでいつの間にか顔の険しさも取れ姿勢も改善され、健康法としても美容法としても良い事だらけですよ。

やって損はないですよ~。

日々美容の為に配慮していることは、まずスキンケアです。

なぜかというと、20代のころは特に美容のことにそんなにこだわってなかったのですが、年々、しみや毛穴の広がりなどが少しずつ不安になってきたんです。

それで、ワタシが実施していることは、「シミ」ゼロを目指した紫外線防止対策と美白に効く栄養を毎日補給することです。

紫外線が強くなる季節などは、特に気を付けているのですが、アームカバーや、日傘、夏用のマフラー、外に長時間居なければいけない時などは、UVカットのクリームをつけたりします。

 

フルーツ類などを日々食べるのが正しいのでしょうが、わたしは手早く摂取できる、マルチビタミン剤で代用しています。

様々な効き目のあるビタミンを一気に摂取することができて、忙しい時などには大変お薦めです。

慣習的にビタミンのマルチサプリを摂取するようになってから、肌トラブルも減り、くすみも取れてきたような気がします。

 

そうしたことで、前よりメイクのノリもちょっとずつよくなってきました。

今後は、食事もより良くしていきたいので、お肌のためになる食べ物をバランスをとりながら口にしていこうと思っています。

 

肌ケアのために週一回の割合で顔のパックをしています。

四十歳目前にしてそろそろ真面目に素肌ケアをした方が良いと思ってパックを使っています。

30代の半ばを過ぎたころからわたくしの肌にもエイジングサインが出てくるようになってきたのです。

 

一番に気になるお肌の老化サインが毛穴になります。

若いころより毛穴が明らかに大きくなっています。

放置しておくと毛穴詰まりも気になってくるので注意しなければならないと思っています。

 

お肌をケアするのに私自身が使っている物がスパークリングパックです。

インターネットでクチコミを見て評判が良かったので試してみました。

お肌で炭酸がシュワシュワする感じが心地よくてちょうどいい刺激をお肌に与えてくれているのかなと感じたのです。

 

炭酸の効果で肌にパックが貼りつくように密着するのでとても気持ちいいです。

パックの美容成分としてはビタミンC誘導体やヒアルロン酸、セラミドなどが入っています。

パックをしたあとは肌がツルツルになりキュッと引き締まったように感じられるので私は気に入っています。

これからますますお肌の老化サインが現れるので手抜きはできないなと常に感じます。

 

美肌に良くないことはしたくありません。

必要性も無いのにダイエットをするのは考えられません。

意味のないダイエットはどんなワケがあってもやりません。

 

これは私がかつて過剰なダイエットをしたことを悔やんでいるからです。

うら若き頃、デブだったということもなくどちらかと言えば細い体つきだったのに「まだまだ痩せたい!もっとかわいくなりたい」とダイエットを続けました。

きれいになりたいという気持ちが強くなったのは好きな男の人ができたから。

 

生まれてはじめて好きな男の人ができたのにこっぴどくフラれてしまい、こんなことから綺麗になりたいという強い意志を持つようになりました。

2、3年後に本気で好きな男性ができて「今度は必ず両想いになりたい!」と思ってダイエットをしたのです。

減量しなくてもいいというのはわかってはいたのですが再び恋が叶わないのが怖かったのです。

 

かわいくなれば嫌な目にあうこともないだろうとダイエットを頑張りましたが痩せぎすになって体調を崩しました。

いまはダイエットをするのではなくスポーツをしてきれいになる努力をしています。

 

美容で、特に美肌を保つために気をつけなければならない事は、何と言ってもお肌を乾燥から守る事です。

顔は勿論、腕や足、身体全体の皮膚を乾燥させないように注意しないといけません。

顔の場合は、いくら念入りにお手入れしたとしても、肌が乾燥していては水分量が足りなくてお肌が荒れた状態になってしまうのです。

 

なので、自分自身が乾燥させないように注意している事は、まず第一に家の中の空気が乾燥しないように気を付けています。

とくに眠っている間は気を遣っています。

空気が乾燥していると肌も乾燥し、そのせいで肌の痒みも生まれ、寝ている時いつの間にか掻きむしってしまう事があります。

 

そんな事にならないように、就寝前にタオル類をすべて洗い、それらを干してから寝ます。

部屋の中の乾燥を防げて、タオルも乾いてくれるので一石二鳥だと思います。

 

また、肌が乾燥していると感じた時にはまめに保湿クリームを塗っています。

質の良いクリームをつけるかどうかじゃなくて、お肌が喜ぶのは、とにかくまめに乾燥を防ぐことです。

安価な物で構わないので、ふと気づいたときに手軽に塗れる保湿用クリームを常備するようにしています。

午後10時から午前2時までが肌のゴールデンタイムということは聞いたことありますよね?

ターンオーバーが活発になって就寝中にお肌のダメージが修復されるという時間帯のことですが、実のところお肌のゴールデンタイムは自分が寝付いた時間によって決まるんです!

寝入って初めの3時間に、脳下垂体から成長ホルモンが多く排出されるため、この3時間で質の良い眠りを得ることがお肌にとってすごく大切なことです。

 

またその成長ホルモンは、成長期に身長を伸ばし体の組織を修復、再生させるだけでなく、新陳代謝を促し肌の調子を良くしシミ、シワを防止する効果もあるのです。

わたしが質の良い眠りができるように注意していることは2点、「眠る一時間前までにスマホやテレビの電源を切るようにする」、「朝はいつも同じ時間に起きる」です。

 

仕事が休みの日には前日夜更かしをして朝は起きるのが遅くなりがちですが、仕事の日よりたくさん眠ってしまうと生活のリズムが乱れて夜なかなか寝付けなくなってしまいます。

ですのでわたしは毎朝同じ時間に起床して、夜は同じ時間に眠るように心がけています。

 

三十代になって体や心が変わっていくのをより一層感じるようになったのです。

毎日ミラーを見ながら自分で出来る事をしよう、それとこれからもずっと女の子に産んでくれたことに感謝をして美しさを持続させたいという気持ちです。

そう感じつつ私自身がやっている事を書こうと思います。

 

まず初めに睡眠をしっかり取る事、それに出来るだけ早く眠るようにすることです。

なるべく夜11時になる前に眠りにつくように気を付けています。

朝型の生活をするようにしています。

 

あとあまり出来ていない事ですがまめに水を飲む事。

寒い季節は空気が乾いているので水分を補給することとお肌がカサカサにならないように、保湿しているのです。

 

洗顔する時は十分に泡立てて洗って極力つめたい水を使います。

お湯の場合乾燥しやすくなるためです。

自宅へ戻ったらすぐにメイクを洗い流してお肌を休息させるようにしています。

 

食べ物に関しては糖類を摂り過ぎないようにまず気を付けています。

甘いおやつの摂取をできるだけしないように努めていますが苛立たないよう食べたくなったら量を少なめに食べています。

できるのなら積極的にフルーツを食べるようにして、夏にやっていたランニングをもっと暖かくなってきたらやろうと思っています。

 

自分自身が美容で毎日気を配っていることは、油分をセーブして、ニキビができにくくする事。

顔というのは人の第一印象に繋がるので、特に気を使うところなのですが、とくに美肌だと、見た目が若くてキレイなのではないかと思います。

顔に吹き出物があると流石に、目立ってしまいますし、隠しきれません。

 

そういった自分に自信を持つ事ができず、人と目をあわせて会話する事が難しくなってしまったのです。

細かくいうと、串カツとか天ぷらとかのあぶらで揚げた物を控える。

フライドポテトやジャンクフードをセーブするという事です。

 

どうしても食べたい時はありますし、人との付き合いなどもあり、絶対に禁止しているわけではないのですが、油分を控えることで、吹出物が出来にくくなったのです。

ニキビが出来ると、ブチュッとつぶしてしまい跡ができたりして、全然良い事はありませんから、出来る前に予防しておくことが自分自身が毎日気を配っていることです。

第一に「紫外線ダメージを受けないようにすること」をしっかりと行っています。
元来肌が白いけれど流石にこの頃の暑いシーズンはカンカン照りが多く不安を煽られるのでUVケア商品を手放す事は出来ません。
家の中でも紫外線被害があるという話なので、つかの間ごみ出しするくらいでもダメージを受けるらしい。
だから起床するたびにメイクアップの終わりに日焼け止めを塗ります。

一度っきりでは不十分なので幾度も重ねづけします。
ベランダに出る時も日焼け防止の羽織り物を羽織っています。
率直に言うと夏は暑すぎてハーフ袖のまんま出掛けたいのですが、一度のお出掛けでもほんのり日に焼けてしまうのは割に合わないので耐えています。

また入浴中にきちんと日焼け止め用のクレンジング剤で落とすこと。
お友だちに聞いてみるとUVカットのクリームは使用していてもこれ用の洗浄剤は利用してない女の人が大勢いるんです(UVカットのクリーム自体塗ってないっていう方がいることに驚愕しましたが)湯上り後には高保湿のボディークリームでケアします。

安い保湿剤ですがつけないよりも肌状態が整います。
美肌術としてお肌を傷めないように気を付けています。

具体的に言うとスクラブ洗顔は行いません。
使った後はスッキリしますが、毎度それで洗っているとお肌に大事なものまで剥がれてしまう気がしてきます。
それからピリピリしてきます。

洗顔後は間をあけずにローション等を塗布します。
でも、徹底的な美肌術を目指してナーバスになっていると予想外の結果を招く場合もあります。

「美容」に悪いものとして精神的ストレスがある為です。
夏の日差しを浴びまいと大っきいメガネ、大きなつばの帽子、UVカット傘、カーディガンなど常に全てを身につけようと思うとお出掛けするのが面倒臭くなってしまいます。

外出の用意でいちいち手間取っていては持続は難しいですね。
更には、家から出る機会が減ってくると痩せにくくなります。

キレイになりたいと気を付けているのに、見た目に重量感があると、他の人から見れば身体をただ甘やかしている様に見えてしまいます。
だったら、全身美容は十分に心掛けていても基本だけはおさえて、ストレスなくやっていくことが最良の美容となるのです。

お顔や身体のスキンケア。
皆さん色んなケア方法でケアしているのでしょうが、わたしの実施している美肌術はとても簡単でお金が掛かりません。

「体」だけでなく「顔」にも使っているスキンケアグッズは500mlと大容量が嬉しい昔ながらのハトムギエキス配合の化粧水と、ニベア青缶です。
以上です!
マジで安上がりなんですよ。

ハトムギ配合化粧水もニベア青缶もいずれも子どもにつけられるくらい刺激がすくないですし、ニベア青缶はある高級保湿クリームとほぼおんなじ成分だと言われていますよね。
しかし個人個人慣れ親しんでいる化粧品があると思いますので、ここで特にお勧めはしませんが、本当のこだわりポイントとしては使うタイミング!
自分の美肌作りのこだわりは値段やブランドではなくて、使用方法なのです。

洗顔後、おフロから出た時、美容ローション使いますよね。
大抵の方は、顔や体を乾かした状態で化粧水をはたいていると思うのですが、わたしはそうじゃありません。

毎度タオルで拭く前にローションを塗ります。
なぜかというと、水気のある素肌を拭く時に最初からあった素肌の「潤い」も奪ってしまうからです。
バスタイム後や洗顔時に「湯」を使った後はことにタオルで拭いた瞬間がもっとも乾ききってしまう状態だとか・・・。

そういう訳で私の場合お風呂に入っている時にフェイスウォッシュしたらそのまま美容化粧水をつけてパタパタとやりながら湯船に浸かります。
入浴後もビショビショのまんま身体にハトムギローションをいっぱい塗ります。
それが終わってから頭の水分を取り顔と身体は擦らないように乾かし、ニベアを手早くつけます。

このやり方で常時肌状態は良好です。
是非お試しあれ!

私自身は美しくなりたいので、脂っこいものを摂らないようにしています。
毎日のおかずにオイルを使うので、一切摂取しないという風にはいかないし、そこまでしなくてもいいと思っています。
けれど油で揚げたものなど、油をふんだんに使ったお料理は、ちょっとずつ減らそうと考えています。
揚げ物ばかりでなく、ちょっとずつ食生活を変えていっているのです。

水はできるだけミネラル水、食材に関しては有機食品を摂るように心がけています。
自然食品は高めの食材なので、そんなに買えないのですけどね。
玄米菜食なんかも試したいのですけど、そこまで完璧な食事にこだわってしまうと続かないと思って、日々の生活で手軽にできる事をしたいと思っています。

調理は得意な方ではなく揚げ物すら自分では作れないため、この先も作らないと思います。
大好きな鶏のから揚げは頻度を減らそうと思います。
食事をメモするようにして調整しています。

そのほかにも、見直さなくてはならない部分があるので、ちょこっとずつでもやっていきたいです。

わたくしが美肌のために実行していることは「顔を洗う時タオルを使用しない」ことです。
洗顔をしても、タオルで拭かないのです。
信じられないかもしれませんが、わたくしはペーパータオルで顔を拭いています。

と言うのも、タオルはいくらしっかり洗濯をして天日で乾かしても、バイ菌でいっぱいだと聞きました。
洗濯機の中のばい菌がタオルに残って、日光に長時間さらして乾かしても、すっかり除菌するのは無理とか。

わたくしはそれを知って、タオルで顔を拭くのをやめました。
そう言えばと思うことがあります。
今までの間どんな洗顔料を使っても、お肌の状態がよくなることは殆ど無かったのです。

キレイに洗顔した後にタオルで雑菌を付けているようなものだから、当然のことだったかもしれませんそれで、自分はキッチンペーパーで顔を拭くようになりました。
ティッシュペーパーなども使ってみたのですが、水を吸うとボロボロになってしまうので、厚手のペーパーふきんが適しています。

そして、白いキッチンペーパーではなく、無漂白タイプを使うのが重要なんです。
日用品売り場にある薄茶色のペーパーふきんがそれです。
わたくしはタオルで拭かなくなっただけで、肌の状態が以前よりよくなってきました。

もしかしてばい菌が肌を刺激していたのかもしれません。
みなさんも是非ペーパータオルで顔を拭いてみて下さい。

どっちかって言うと、あんまり肌ケアをするタイプではなのですが、そんなあたしでも日課にしているスキンケアがあります。
それは、お化粧をする前に絶対に水洗顔する事です。
どんなに寒くっても冷水を使用しています。
これが正しいケアかどうかは不明ですが、なんとなく毛穴部がキュッとしまるように思います。

石鹸を利用するが普通でしょうが、差し当たり皮膚の自然治癒力で頑張ってキレイにしたいと、お肌の自己再生力を高めるようにしています。
水洗いしたあとは忘れずに化粧水で肌を整えます。
何年か前にはオールインワンを塗っていましたが、オールインワンジェルを利用する時でも保湿ローションは必須でした。
どんなに忙しくても必ずそうしています。

お顔のお手入れは原則的にはそんな風にしています。
次にボディケアですが、何年か前にカラダ引き締めクリームとして発売されていた海外ブランドのボディクリームを両脚を特に念入りに入浴後につけます。
揉みほぐすように行っていくとより引き締め感を得られるので効果がでているような気持ちになります。

どれだけ丁寧にお肌のお手入れをしても肌がカサカサだったり、肌荒れやしわやシミが心配なときには、お肌に化粧水などの成分がきちんと浸透していないかもしれないのです。
だから、クレンジングや洗顔の後のスキンケアではローションやクリームや美容液等の成分をしっかりと肌の内部まで浸透させることによって、プニプニで艶やプリプリ感のある肌になれるのです。

肌ケアのはじめに使うローションは、肌をうるおわせてあげるための大切な役割りを果たしていますが、「どうやっても肌に浸透しない」、「手間がかかる」と思う場合は化粧水パックをしてローションを肌に浸透させてあげます。
化粧水のパックをすることでおのずと化粧水が肌の内側まで馴染んでいくので、潤いが失われたことによる乾燥をおさえシワの対策にもなります。

一通りのスキンケア化粧品をしっかりと肌の奥まで馴染ませてあげることは手間がかかりますが、化粧水や乳液、クリームなど、どの化粧品も顔に塗って伸ばしたら手の平で包むようにして手の熱を使って押さえるようにすると、普通に化粧品をつけた時に比べて肌内部まで化粧品に含まれる成分が浸透するので、毎日のスキンケアの時には必ず行うようにしています。

わたしは慣習的に運動不足にならないよう気をつけています。
始めた時の考えとしては「シェイプアップ」で、まあそれは成功したと言えるでしょう。
だけど、実際のところ、定期的に身体を動かすようになったら肌状態が良好になってきたなと実感しています!私が思うに、たぶん身体を動かすととても血行がよくなることでそれが肌に好影響を及ぼしているのではと考えています。

血液循環が良好って事は、全身にくまなく栄養供給も酸素供給もできるって事ですもんね。
言うまでもなく肌に好影響を及ぼすはず。
現に、トレーニング後の顔面にしても、化粧は流れてしまっているのに(化粧なしは恐いので、運動するときもメイクは必須なのです)素肌の色合いも良くピチピチしています。
血行が良くなっている!というのを感じます。

特に「有酸素運動」が皮フのためになる感じがしています。
酸素供給がしっかりできると、細胞の活性化につながりそうですし。
ウォーキングなどをする際には息切れしないように気をつけ浅い呼吸にならないようにしていますが、もしかするとそれも美肌に効き目があるのではと思っています。

基本的に手間とお金をかけれないので、楽チンで更にはあまりお金のかからない美容術を考え出しました。

まず、私の中の一番の美容術は、多機能ゲルです。
色んなのをやっていくのも、用意するのも面倒臭いし、アレしてコレしてと大変なので、オールインワンゲルで済ませています。
顔を洗い終わったら、それだけで肌が潤います。

第二に、睡眠時間です。
私自身寝ないと辛いので、就寝時間に気を付けています。
早ければ午後の10時台には、横になっています。

肌にもしっかり休息が必要ですし。
ダラダラと起き続けていると、小腹が空いてそこで何か食べちゃうと健康にも良くないので早めの就寝時間を心掛けています。

それから、厚化粧しないようにしています。
誰とも会わない日は、オールインワンと日焼け止めクリームのみにします。
お出掛けする日は、日焼け止めクリームを使ってから多機能化粧下地とルースパウダーを軽くつけて目のメイクをしておしまいです。
分厚く化粧すると、肌負担も大きくなりますし、落とすのも面倒になるし肌ストレスにもなるので、なるべく薄化粧にしています。

私が美容関係で注意しているポイントは体の均衡をキープするという事。
ですから、コンスタントに整体に行って反り腰や生活習慣によって生じた「骨盤の広がり」や「体のゆがみ」を治してもらっています。

整体院に足を運ぶようになった理由は、体全体のゆがみが脂肪を蓄積させているというような記事を読んだからです。
妊婦さんなども骨盤が開ききってしまうとスリムアップしにくい状態だそうで出産後にリカバリーしたほうが良いようです。
「骨盤のゆがみ」&「体のゆがみ」を改善していただくようになってからへそ周りがちょっと小っちゃかったズボンを着用できるようになりましたし、腹周りに贅肉が蓄えられにくくなったようにも思います。

また、骨格のズレがあることで両足の長さがまちまちだったらしいのだけど矯正しているのでちゃんと長さが等しくなり地面をしっかり感じられ歩き方が変わってきました。
「体バランス」が整っていると洋服もキレイに装えるので矯正バンザーイ!って感じです。

自分の場合、睡眠不足になると、下の瞼にクマが出来てしまうのです。
朝目が覚めて鏡で顔を見てみるとどんよりとした顔つきだったことが、頻繁にあります。
クマが出来るだけでもイヤなのに、肌もぼんやりとした感じで、ほうれい線も浮き出てくるし、お肌にハリがない状態です。
メイクでなんとか隠そうとして、いつもよりも濃いメイクになった事があります。

仕事で帰りが遅い事があるのですが、わたしは毎日、PM12時前には布団に入ります。
その場合6時間から7時間は眠ることが出来るので、十分睡眠時間が取れています。
良い睡眠をとる為に、22時を回ったらおやつなども食べません。

お部屋の明かりは煌々とさせずに、ちょっとくらい状態にしています。
ベッドに入ったら携帯もみません。
暗い場所で明るいものを見てしまうと、眠くなくなってしまって眠ることが出来なくなります。

早い時間に寝るようになって、お肌が明るくなったように感じます。
お肌のゴールデンタイムにしっかりと休めているからかな、って思っています。

蒸し器に濡れたタオルを入れホットタオルをたくさん作り、1日に1度顔や背中に乗せて部分的に温めるようにしています。

熱くしすぎると火傷になってしまうので、丁度いい温度に冷ましてから使っているのですが、繰り返し活用するだけで血流が徐々に良くなっていく感じがします。

 

いっぱい歩いた日などには脚全体にあてたりすると、翌日にはちゃんと回復してくれます。

それに、なんといっても一番嬉しいのは、お顔の毛穴のつまりがとれてすっきり綺麗になれるという点です!ホットタオルのおかげで黒ずみや毛穴のつまりがちょっとずつキレイになっていくので、肌本来の透明感が増してくる感じがします。

 

ファンデも薄く塗るだけで満足できるので、金銭的にも節約できている感じです。

毛穴を綺麗にするために時間を使ってフェイスパックをするのなら、ホットタオル利用で毛穴のつまりをとった方が刺激も少なくてお肌の為には良いと思います。

 

生活の時間が乱れて睡眠時間が短くなると、起きたときに肌が荒れているのが分ります。

沢山睡眠時間がとれた翌日は、お肌の化粧のりが良く、お肌がもっちりしているなぁといつも思います。

 

それに比べて、十分な睡眠がとれてないと、皮膚がガサガサになって、お化粧が浮いてしまい、あと、ブツブツができやすくなります。

睡眠量も大切ですが、快眠であることも重要です。

そのために、あたしは何個か配慮している事があります。

 

最初に、夜の就寝時間以外に睡眠をとらないこと。

仕事がない日はランチの後にちょっと横になりたい気分になりますが、お昼寝をがっつりしてしまうと、なかなか夜に深い眠りにつくことが出来ず、どうしてもあくる日の寝起きが悪くなる、という悪循環にもなります。

 

あと、夕方まで体をしっかり動かす事です。

ウォーキングエクササイズをしたり、ホットヨガをやった日は、ベッドで横になった途端、自然と睡眠に引き込まれて行き、翌日の目覚めがいいです。

美容関係だけでなく、健康面にも良い事なので続行していくつもりです。

 

素肌のお手入れの為に週一回の割合でフェイスパックをしています。

四十歳目前にしてそろそろ真面目に素肌ケアを始めたほうが良いと思いパックでケアしているのです。

30代の半ばを過ぎたころから私の肌にもエイジングサインが現れるようになったのです。

 

もっとも目につくお肌の老化サインが毛穴になります。

昔よりも毛穴が確実に目立ってきています。

放置しておくと毛穴汚れも気になってくるので注意しなくちゃいけないと思ったので。

 

肌ケアのために私が使用している物が炭酸のパックになります。

口コミサイトの評価を見ていい評価がされていたので使ってみたのです。

お肌で炭酸がシュワシュワする感じがとても気持ち良いし肌自体を刺激してくれているのではないかと思ったのです。

 

炭酸の効果でパックがお肌に吸い付いて密着してくれるのでとても気持ちいいです。

パックの美容成分としてはビタミンC誘導体やコラーゲン、プラセンタなどが含有されています。

パックの後は肌がツルツルになり引き締まった感じにもなるので気持ちよく感じます。

これからますます肌にエイジングサインが現れるので気を抜けないなといつも思っています。

腋臭や足クサイという事はないのですけど、強いて言えば多く汗をかくため発汗後のニオイを気にしています。

外出した際に歩き回り、汗が出たままカフェやレストランといったエアコンが効いた場所で休憩して、一旦汗がおさまった後でまた汗をかく、、、。

 

そういった事が何度もあったときは一回乾いた汗が、もう一度アセをかいて臭いの原因になっているように思うので人の目が気になってきます。

実のところ前の日に臭いの元となってしまう食事(焼き肉とか唐揚げ、ニンニクを大量に使った料理類)やお酒を飲まないのであれば、周りに不快感を与えているという事は無い様なんですが、、、。

 

自分が感じないだけでは?なんて思われがちですが、現実にはしょっちゅう気にしています。

沢山汗をかいてその汗が乾いてきたときに、ちょっと人目に付かないトイレなどに行って知られないように服のニオイを確認したり、耳の後ろとかに汗が出たことで塩を吹いてないかとか。

 

実施している手っ取り早い予防策としては、汗が出たら拭う、出来るのなら洗面所で簡単に洗うようにしています。

できることなら上の服も替えれればいいと思いますが、替えの服がニオイの原因になりそうでやれずにいます。

夏が近づくにつれて匂いが気になる一方なんですが、自分が臭うと感じる前に何か対策を考えたいと思っています。

 

予想外の足臭に慌ててしまうことってありますよね。

帰りがけにいきなり皆で食事しに行くことになって、行ってみたら座敷席しかあいてなくって・・・汗かきシーズンだけでなく寒い時期のストッキングにブーツもプンプンと悪臭を放つのが「足臭」。

 

高校くらいまでは綿素材のくつ下を履いていて、普段履きも洗濯していましたが、社会人になると蒸れにくい綿靴下ではなく吸収性の悪いタイツを着けるようになったり、履物は合成皮革なので靴磨きなどはしても水洗いはちょっと・・・、という私に近い生活をしている社会人の方も少なくないのではないでしょうか。

 

自分自身の足の臭気も気に掛かりますが、周りの人の足臭も参ります。

臭いの元が私かと思ったら、いつもきれいな格好をして可愛い女性の足元から漂ってきているのを発見してしまうと女のわたしですら結構幻滅してしまうのだから男の人はどう思うのかしらと、はたまた男性陣は案外分かってないのかもなんて思ったり・・・。

とにもかくにもうっかりしがちな足元の消臭ケアは忘れずしておきましょう。

 

日々学校でいっぱい遊んで動き回ってくるからしょうがないことなんだろうけど、何故こんなにも臭いんだろう。

なぜかしら、授業終わりに持ってきた内ばきはそんなに臭くない…。

下手するとボディーソープで洗っても臭いは残る。

 

あんまりにも気になるので、洗えばニオイがなくなるようにするにはどのようにしたらいいか考えてみました。

体臭石鹸とか【男の臭いをとるっ】と明記されているボディソープなんかも。

どっちも効果は今一で、つまりニオイがするという事はニオイの菌が繁殖しているはず!という結論に至り、殺菌する薬用のハンドソープで洗ってみたところ 、えっ?っと思うほど臭いが消えたのです。

 

それ以降常に足はそれで洗っていたら、ひどいにおいがしていたのがなくなってきました。

完璧とは言えませんがまぎれもなく帰ってきてすぐのあのニオイがやわらぎました。

ハンドソープで洗うことが正しいのかはわからないのですが、試験的に脇の部分もそれで洗ってみたら暑い季節でもたいして気にならなくなりました。

 

自分の中では、大発見をしたと思っています。

これから先もこの方法でニオイを蹴散らそうと思います。

 

町を歩いているときに独特なニオイを感じたら目の前の人が腋臭だったのです。

腋臭がある人って自分が腋臭持ちだということを認識しているのかしていないのかわかりませんがワキガがある人は割と苦しい日々を過ごしてきた人が大勢いるんじゃないかななんて感じたのです。

デオドラントアイテムをしていたとしても時間が経てばニオイがでてきてしまってワキガのない人よりニオイがあるので相当しんどいんじゃないかなと感じたのです。

 

自分自身も腋臭なのですけど私同様のニオイがする人もいれば、プラスティックの臭いがする人もいるし、とにかく鼻に付く臭いを感じるので、周りに気が付いている人が多くいるのではないでしょうか。

デオドラント剤や柔軟剤はいろいろありますが色んなのを使ってもまるっきり効き目がないのが腋臭の特色だと思います。

 

匂いがなくなることなんて事はレアなケースで、必ずデオドラント剤などの臭いとワキガのニオイが混じるので、わきがの汗の臭いを消そうとするのは凄く難しいのです。

日常的にカラダを清潔にしていれば十分ではないでしょうか。

臭ったら何か言ってくる人は絶対にいると思うので気に掛けるだけ損だと思います。

年を重ねるにつれて、どうしても頬が落ちてきてしまいます。
ホホが落ちてくると、ほうれい線が目立ち、実際の年より老けて見られます。
そうならないために、私は日々顔の筋トレをしているのです。

最も気にかけている箇所は口周りです。
寝る前の数分間、口を大きく開け「あいうえお」と動かすと、口周りの筋肉トレーニングができます。
これだけのことですが、頬がキュっと持ち上がり、フェイスラインを綺麗に整えることが可能です。

顔面の筋肉は、普通は注意して動かしたりしない部分です。
そのため、筋トレをすれば、すぐさま効き目が表れます。

個人差もあるかと思いますが、何日か経過すると効き目を感じられる人は多くいるのではないでしょうか?
そうしたトレーニングの他にいつも笑顔でいることもお勧めします。

唇の両端が上がった状態でいるだけで、頬の筋トレになります。
笑顔を定着させる効果もあるので見た感じも明るくなり、老けた印象も無くなります。

美容関係で注意を払っている事は、睡眠時間の確保、バスタイムはゆったりと「湯に浸かる」事と、白湯を飲むことです。
皮膚の新陳代謝が特に盛んになるのは夜10時~深夜の12時までとされているのでとっととベッドに入るように頑張っています。

あと、エステティックで時間を取って入浴することと、湯冷ましを摂ることは効果的な美容術だと伺ってからは、短時間入浴だったことを反省し、ゆっくりと
お風呂に入るようになりました。
薬湯浴剤などを購入して、一つ一つ品評するのも面白いですよ。
今は、様々な入浴剤が販売されていて、どんな効果があるのか見るだけでもハイテンションになります。

「白湯」を口にすることは、特に出費もなく容易くできるので私にピッタリの美容術なので、日毎口にしています。
「白湯」のレシピとしては、本格的には、やかんを火にかけて温めたほうがほうがよいとのことですが、手を抜いたほうが長続きするはずなので、電子ポットを利用して楽をしています。

すぐに出来るので怠慢な自分でも毎日飲めています。
花粉が飛散している今の季節にあたしがいつも気を配っていることは「そっと鼻をかむこと」「鼻汁が止まらないようなら早いうちに鼻炎のお薬を飲むこと」です。

鼻炎のお薬はいつも持っています。
そして目がかゆくなったり充血したときのための眼薬もいつも近くに置いてあります。
理由は花粉で眼の痒みが出ると掻くのを抑えられなくなるから…。

そして掻いてしまったらどんどん目のかゆみが強くなってしまうからです。
目のかゆみは耐えられないことがあって、いつでも目や目の周りに触れてしまいます。
これ以上我慢はできないということですね…。

ですがこんなふうに眼に触れたり鼻をかんでばかりいると顔色が変わってきます。
鼻周辺は擦れて赤くなってしまうのです。
ひどいときは鼻下の皮膚がボロボロになります。

目だってあまり何度もこすっていると目蓋が腫れぼったくなってしまいます。
これではどんなに綺麗にメイクを施しても髪型を整えたとしても意味がないです。
無理をしないで鼻炎の薬を飲んでいます。

沢山汗をかく方が健康的な感じがしますが、大量の汗かきさんは問題があります。

スポーツで汗をかくには問題ないのですけど、中華料理店で辛い料理を食べてしまって、異常なくらいの汗が出たのです。

顔から出る汗が凄くて、机や料理にポタポタ落ちてしまったので恥ずかしい思いをしました。

頭にも汗をかき、髪がべったりとなってしまい、禿がばれてしまったのです。

髪はシャワーを浴びたかのようになり、タオルで拭いたのです。

また、ずっと拭いていても汗が止まることは無かったのです。

多分、中華料理がダメなんだと感じました。

身体から汗は出ていなくて、頭と顔だけでした。

これでは中華料理店には行けなくなり困っていたのです。

激辛ではないため食べたいと思うのですが、困ってしまいます。

辛い料理は好きなんですけど、汗を気にして食べられないのです。

カレーライスだったら汗はかかないのでよくいただいています。

本当に困りますよね、夏の汗。

特に7月下旬から8月は気温も高くなるので、事務所にいても汗ばんでしまいます。

今現在では半袖ノーネクタイも普通になりましたが、涼しげな格好でよくなったのですが、空調の設定温度は28度。

軽装になっても汗が流れて出ます。

あたしが最も懸念しているのは、汗をかく事ではなく、汗臭。

特に心配なのがワキ下。

やはり女性なので(男の人もそうかもしれませんが)汗臭いなんて絶対NG。

しょうがないので、日々着替えを持参しています。

荷物は増えるけど、持ち歩いている事で案外気が楽になりました。

もう一つは制汗剤。

脇用の制汗剤が多数売り出されています。

若い時はもっぱら吹き付けるタイプの物を使用していましたが、思ったほど効果はなかったのです。

だから、ロールオンのものや、スティックタイプなどさまざまなものを使ってみました。

私自身が良いと思ったのが、「リフレア」になります。

瓶に入ったクリームタイプの物をずっと使っていたのです。

去年から、デオナチュレのスティックタイプを使っています。

こちらは効き目が高い感じがします。

この制汗剤のシリーズにはクリームやパウダータイプもありますが、クチコミの評価も高いです。

そんな訳で、着替え&デオナチュレで、汗っかきさんは夏を乗り越えましょう。

少し暑く感じると凄く汗をかいてしまい、女のくせに多汗症なのは、恥ずかしい思いをするのです。

真夏のデートでは、いつも屋内デートになってしまうのが、天気が良いのに勿体ないなと思うのです。

何よりも恥ずかしかった・苦いデートは、お台場でデートした時です。

お台場みんなの夢大陸というのをやっていて、野外ライブとか、屋台で食べ物を買ったりしてたのですが、色んな展示物を見るのに炎天下の行列にまみれていると背中に汗がタラタラと流れてきて、確認しなくてもタラリと流れてるのが分かりました。

キャミソールワンピを着ていたのですが、彼にに背を向けないようにしていたのです。

でも、結局のところ「背中の汗凄いよ」なんて言われちゃって、もう家に帰りたいくらい恥ずかしい思いをしました。

それからは気持ちが沈んでしまって、デートと言う気分ではありませんでした。

以来、夏の真昼間のデートは外でしなくなったのです。

わたしの汗を見て、引いている彼氏の表情が頭をよぎります。

自分は幼い頃からよく汗をかく方でした。

友だちからしたら気にならない程度らしいのですが、私のお姉さんが大変な汗っかきさんなのです。

汗をかく時期は冷房が効いていない所では生活できません。

一度だけグレーのシャツで掃除機をかけていたのを見たのですが、ビショビショになっていたのです。

親近者のそういったところを見ながら育ってきたため、他人の視線が気になってしまうんです。

ですので、人と関わり合っていく事に自信が持てません。

汗臭いと思われていないかな、汗かき女なんて言われていないかなとどうしても不安になってしまうんです。

幼なじみや、親友は気にするほどのものじゃないと言ってくれるので、逆に自分が神経質過ぎるのかなと悩んでしまいます。

多汗症というものはなかなかわかりやすい指標がありません。

重さや割合みたいにシンプルに数値で指し示す事ができないため、自分のレベルが今どのくらいなのかは分からないので不安になってしまいます。

参考:オドレミンの販売店は?薬局・ドラッグストアで市販なし?
URL:https://www.geolval.com/