カテゴリー: 日記

私が美容の事で、気を付けているのはプロポーションです。

年齢を刻んでわかった事は代謝がだんだん落ちていく事です。

若い時みたいに食べたら、自身の場合はお腹や足に肉がついてしまうのです。

という事でやっているのが、毎日のジョギングです。

やりはじめはしょうがなく走っていたのですが、1年も経つとジョギングをしなかった場合、肩がこってしまうし、意外にも走るという事が美容にも良いことが分かったのです。

それに、美容についてはこうすると良いとか、こんなのが良いとか、友だちの意見をとり入れても良いのではないでしょうか。

女の人は、情報が豊富ですし、利用できそうなものは出来る限り、取りいれるほうが良いですよね。

そしていろいろと試してみて、良いものを使えばいいのではないでしょうか。

個人では大した情報も経験もないので、友だちの話は参考になると思います。

あと、若い男性が集まるようなところに行ったりして、女性ホルモンの分泌を促進させるのも一つの手ですよね。

「汗の悩み」って言ったら、じっとしているだけで汗がたくさん出てくるとか汗の臭いが気になると言うのが普通ですが、わたしの場合は「汗をかけない」ということです。

「汗をかかないのなら悩みなどないのでは?」って思う人がほとんどだと思いますが、汗が出ない事のほうが体には良くありません。

汗をかくという事は命を守るための無くてはならない生理現象で、体温の調整をするというよく聞く役割の他にも、肌を保湿したり免疫機能もあるのです。

私自身は汗をかけない体質なため夏の暑い時でも全く汗は出ません。

その為、体温を調整できなくて熱中症にかかってしまう危険性がとても高いのです。

そんな性質なため摂取する水分量に気を使っているし、気温や湿度に注意していれば夏の季節は対策は簡単なのですが、私がいちばん困っている事がお肌の乾燥です。

先に書きましたが、汗は保湿作用があるのでお肌の水分を保持してくれます。

私の場合この性質のおかげで肌が乾燥してしまい、皮膚炎になってしまいずっと皮膚科にかかってます。

また、免疫機能も低下しているのでボディソープや洗顔、シャンプーも低刺激の物でないと皮膚炎になってしまうのです。

ですので、お肌に直接つけたりするものは高価なものでないといけないですし、クスリに病院と費用の方も高額になってしまうのです。

「汗が出ない」私にしてみれば「汗をかく」ことは体にもいいですし羨ましく思っています。

あたしは昔から沢山汗をかく方です。

いちばん汗がでてくるのは、緊張しているときです。

以前、某会社の事務をしていましたが、みんながいる前でプレゼンする時とかちょっと面倒なことがあった時など、大量のワキ汗がでてくるのです。

その事が悩みになっていたので、汗の対策は人一倍してきました。

一年中制汗スプレーを携帯しているし、出かけるときも必ず身体(脇を重点的に)につけています。

そのかいあってか、人から「汗臭ってるよ」って言われたことは一度もないです。

思うにデオドラント剤が無かったら、知人から避難されていた事でしょう。

手の平の汗も凄い為、彼の手を握るのは苦手です。

ソワソワしてしまうため、より一層手汗がぐっしょりなってしまうからです。

夏は一日に何回もシャワーで汗を流したくなるのです。

「私の汗臭が傍にいる人にバレているのではないか」って思ってしまい、恐怖を感じているのです。

そこまで汗をかかない人になってみたいです。

幼少期から汗っかきなので、この先もずっと汗と付き合わなければならないのかって考えるとゲンナリしてしまいます。

「体臭」の悩みと言えば、毎朝、会社に行く支度を終えた頃にほぼ毎回自分のカラダの臭いが気に掛かります。

一番鼻につく場所は、首筋あたり。

もしかして、あの中高年のニオイかもと思ったので、塗るタイプのフレグランスクリームをつけています。

わたしが近ごろ使っているのはホワイトローズの香り。

一番発汗するのは、わきと首周りです。

この頃は薬局とかで、色々な種類のデオドラントシートも買えます。

温暖化なのか、夏になる前から暑い日が多いので、あたしは正直にいうとデオドラント製品を3月の頭くらいから少しずつ購入しています。

のんびり構えていると危ないですからね。

数日前に某配達会社の方が通販で買った荷物を運んできてくれたのですが、それをわたしが貰ってその人が立ち去る時、オレンジみたいなにおいがしました。

見たところ三十代前半のお兄さんだと思いますが、いい香りのおかげで魅力も倍増。

年齢が上がっても、人に不快感を与えないよう配慮できる男性はホントに好感が持てます。

今のシャンプー&リンスも、そろそろ夏用のやつに買い換えようと考えています。

体臭は頭皮からも要注意ですね。

あたしは汗が臭う人ならまだいいと思っています。

なぜなら柔軟剤と汗臭のミックス臭をさせている人の方が害が大きいからです。

臭いのミックス攻撃でなければまだいいです。

洗濯仕上げ剤は汗の臭いを抑えるとか言われていますが全身に香水をつけているようなものなので本当に困りものです。

臭いがなくなる事は絶対にないので汗臭に混じらせるくらいなら正々堂々と汗臭だけを出して欲しいです。

街に出ると年配の女の人が衣類柔軟剤のニオイと本人の汗のニオイが掛け合わさって強い臭いを放ちながら行動しているのに気分が悪くなりますが自分自身では自覚できないのかなと不思議に思います。

それこそ年配の男の人の「加齢臭」や汗臭い方が気持ち悪くなりません。

誤魔化そうしてやっているのか、或いは香りに惹かれて使っているのかよく分かりませんが、周りで「ゴホゴホ」と咳をしていたら感じ取ってほしいものです。

臭くない自分を演出するのならミックス臭にならないようにしてほしいものです。

どこの体臭が一番気がかりかというのは人によっていろいろあると思いますが、わたしの場合は足なのです。

「くつ下をはかない」といったことはしないので、どうしても湿気がこもってしまうことがあり、それにより足が一気に臭ってしまうという事態になるので気をつかっています。

洗濯をして清潔にしていればその時は問題はないのですが、やはり日中などは靴を脱ぐ時に一瞬考えてしまうこともあるので注意している部分です。

くつに消臭剤を入れておくという事をできるだけやっていますが、さすがにそれだけで臭いが無くなるという訳ではありません。

脇汗なども気をつけるようにしているのですが気づけば拭いているし、服も着替えるようにしているので、何とか臭いも抑えられているかな?と自分では思っています。

ワキガということでしたらまた変わるかもしれませんが、私の場合はワキはまだそこまで強烈に臭いということはありません。

なので、何かと心配な足のニオイを消すことに注意を払うようにしています。

足のニオイ用のニオイを防ぐものがあるかドラッグコーナーでチェックしてみます。

「入浴してもすぐまた臭くなるのはわきがの特徴です」とあるサイトに書いてありました。

自分は入浴してもヘンなにおいがするからわきがなんだろうなと思いました。

デオドラント製品でケアをしても防臭効果があるのは1~2時間くらいのもので、効き目が切れてくるとわきがの臭いがします。

迷惑かけたい訳じゃないのにこういう体質に生まれたのは本当に悲しいです。

それこそなんでこんな体質なのと親を恨む気持ちもありました。

元々ある体臭なのでにおいも個人差があって敏感に反応したり全然分からなかったりすると思うのですが、わたしの仕事場の人は鼻がいい人ばかりなので弱っています。

すれ違うだけでクサいと言われるのは本当に嫌で仕方ありません。

でも友達は臭いに関して言ってこないのでその差は何なんだろうな?と疑問に思っています。

「わきがを完全に治すつもりならわきがの手術を受けましょう」という事らしいのでやろうかどうしようかというところです。

心底腋臭が嫌なんです。

出来るだけ早くいい解決法を見付けてこの悩みから解放されたいです。

参考:イビサソープを安く買える販売店!デリケートゾーンの臭いケアがお試し通販なら34%OFF
URL:https://www.internationalmotherlanguageday.com/

「美容」と言いましても様々あります。

顔周り、身体、肌を美しく整えること・・・もっとありますよね。

いくつから乾燥肌になりやすいとか、いくつから脂肪がつきやすいだとか、女の人にとっては、そういった話が、年々他人事ではなくなってきます。

スキンケアとしては、家庭用美顔器、美容化粧品などいくつものアイテムがバラエティ豊かに販売され、出る度に買っている方もかなりおられるでしょう。

ボディケアも同様に健康サプリメントとか健康グッズに頼りがちです。

これまで、あれこれやってきて、出した答えは、結局は「生活のリズムを確立する事」です。

「薬より養生」と昔の人が言った言葉にも納得です。

目が覚めたら、同じ時刻に朝ゴハンをいただき、昼ゴハン、早めの晩ごはんを食べています。

それから、よく眠ることです。

やっていくうちに体調が整ってきました。

肌の調子も上々です。

何よりも肝心なのは、晩ごはんのタイミングです。

夕飯と寝る時間が十分にあいていれば、ちゃんと食べた物が消化され、同様の食事内容でも、おデブになりにくくなるのです。

美しさを維持するためには、「タイミング」を意識する事がポイントだと思います。

ここ最近、あたしがさりげな~く、気をつけていること・・・いえ、これって気を配っているとは言えないのかも。

そのこととは…できるだけ顔に必要ないものをつけない!(笑)最近、家で仕事をしている場合が多いので、ここだけの話ですがメイクをしていません。

お化粧をしない日は、顔もぬるま湯で洗うだけで、洗顔フォームも化粧水もつけません。

お肌にもともと自浄しようとする力があるので、顔に過剰にクリームだの何だのあれこれ塗っていると、かえってその作用を弱めてしまうんだって。

保湿ケアもし過ぎると、むしろ吹出物が増えてしまうこともあるからね。

それは何だか納得できる。

それに、事実顔によけいなものを塗らないようにしてからの方が、絶対に肌の状態が良好。

メイクをした日は、化粧落としをしてから洗顔フォームで洗って、そして前までやっていた化粧水などで保湿しています。

(ついでですが私の独断でオススメするのは、ビオレのうるおいジェリーってやつです。
これ1本で化粧水からパックまでの効果があって、簡単!)

肌も絶好調だし、楽だと続けられるし、使ってみることをお勧めします。

化粧品も肌への負担がなるたけ少ないものを選びたいな、調べてみよう。

最近、化粧で綺麗に見せるというより、素肌を美しくしようと努力する日々なのです。

もうすぐ40才ともなると、今まで何もしなかったのにピチピチとしていた肌が老化してきた感じがします。

以前よりも毛穴が目立つようになったり、ほうれい線ができたり、シミやソバカスが気になってきます。

私がまず第一に心がけていることは、紫外線です。

テレビで紹介された双子の姉妹のケースを見てびっくりしました。

ひとりは、家の中で遊ぶことが多く直射日光にはあたらない人、もう片方は外にいる事が多く外にいる事が多い人。

同い年で、一卵性で顔もそっくりなのに、10歳くらい年の差があるように感じました。

当然、紫外線を浴びてないほうが若く見えると感じました。

それを目にした時はとてもびっくりしました。

以来、家事でベランダに出る時には帽子を被り、手の甲まで隠れるアームカバーもしています。

子供の野球の応援に行く時などは、そこまでする?と思われるほど完全防備で行くようにしています。

私よりも年上のお友達は、シミが目立ち始めるのは歳をとってからだよ。

40代まではしみ爆弾が作られている状態と思った方が良いよと言われました。

歳を感じさせない女性でいるためには、紫外線対策をしっかりしないとね♪

時節や歳で肌がチェンジしてくるタイミングってありますよね。

その一つ一つの瞬間や本人に適切な肌メンテは大切ですが、あたしが大事にしていることは化粧落としなんです!たいしてお化粧は濃くないほうだと思いますが、メイクオフはしっかりおこないたい派なのです。

補足情報としては普段のお化粧と言えば、ベースクリームにファンデ、フェイスパウダーです。

アイシャドウなどはくすみが心配だから、特別な時しかしません。

あたしはクレンジングオイルでメイクをとっています。

浴槽のなかでオイルをなじませつつとっていきます。

たくさん塗って優しく回します。

やっていくうちに肌から出たごみが手につき始めます。

付かずに終了する場合もあります。

専用オイルのケア時間や利用量は、皆さんの肌質に合わせて使用するのがおススメです。

私はこれが適しているみたい。

ちょっとまえに出来た彼氏にも「肌がツルツルだね」って言われたぐらいです。

勿論お化粧をオフしたらフェイスウォッシュをし、化粧水、乳液をつけてますよ。

お化粧は皆さん行います。日毎のケアとなる「化粧を落とす」という事を見直してみてはいかがでしょうか。

お顔や身体のスキンケア。

皆さん色々なやり方でケアしているのでしょうが、自分の行っているスキンケアはとても単純でお金が掛かりません。

顔面にもボディにも用いているスキンケア用品は申し分のない量が入った今も昔も変わらないハトムギエキス配合の化粧水と、「ニベア(青缶)」。

以上です!

お金掛かってないでしょ?

ハトムギエキス配合の化粧水も「ニベアクリーム」も両方とも子供に利用してもいいくらい肌負担が少ないですし、ニベアクリームの青缶は海外の高いフェイスクリームと成分が酷似していると話題になっていましたよね。

ですがみなさまお好みのスキンケアグッズがあると思うので、それはともかくとして、今回私が伝えたいのは使うタイミング!自分の肌ケアのポイントは「お値段」や「銘柄」云々ではなく、ケア方法なんですよ。

洗顔後、おフロから出た時、保湿ローション等を使用しますよね。

大抵の方は、水気をバスタオル等で落としてから化粧水を使用していると思いますが、自分のタイミングは異なります。

毎度濡れたままのお肌にローションをはたきます。

理由は、肌は水分が乾くのと同時に最初からあった素肌の「潤い」も除去されてしまうからです。

風呂上がりやお湯洗顔のあとは特にタオルで拭いた瞬間が最も水分不足になる時なんですって。

だから私は入浴中に洗顔を行ったら乾く前に美容化粧水を塗って手で優しく押さえながら浴槽につかります。

バスタイム後もビショビショのまんま体に化粧水をいっぱい塗ります。

それから毛髪をふいて顔面と体は擦らないように水分を取り除き、ニベアクリーム青缶をちゃちゃっと伸ばします。

こうする事で常にお肌はとても良い状態を保っています。

簡単に出来るのでオススメです。

わたくしが美容のために神経を使っていることは、紫外線を極力浴びないようにすることです。

紫外線がシミやしわの原因になることはよく聞かれますが、夏だけじゃなく、紫外線は一年中降り注いでいるので常にUVカットクリームを使うようにしています。

更に、帽子や日傘でしっかりガード。

当然顔だけじゃなく、ウデや足もできるだけ長袖等で隠すようにしています。

関心のない人は、度が過ぎるのでは?と言われるかもしれません。

それでもしみもシワも一度できるといつまでも治らず、それに、歳をとったときにそれが何より顔を老けさせてしまうので、未来のことを考えると今やるべきことをできるだけしておいた方が良いとわたくしは感じます。

だけど夏場などでも長いこと外に居続けなければならない日もあります。

そんなときは帰宅後直ちに顔を洗う、そしてしっかりと保湿し、美白効果のあるナッツ類やアボカドをその日じゅうに食べることにしています。

若い時は紫外線なんて気にしたことは殆どありませんでしたが、今からでもきちんと処置をすれば、ハリのあるお肌をずっと保つことができると信じているのです。

美容のために気を掛けているのは、睡眠時間の確保、じっくりと浴槽に浸かること、白湯を飲むことです。
お肌のターンオーバーが一番行われる時間帯は22時から2時らしいので夜更かししないように努めています。

あと、エステティックでじっくりと浴槽に浸かること、白湯を飲むことは良い美容法ですよと教えてもらってからは、短時間入浴だった暮らしを一新し、ゆったりと湯船に浸かるようになりました。
美容入浴剤なんかをそろえて、色々ランキングするのもちょっとした遊びになっています。

最近は、いろいろな薬湯浴剤などが作られていて、何に効くのかみているだけでも楽しい気分になっちゃいます。
お湯を飲用する事は、特に出費もなく手軽にできるのでよい美容法だと思ったので、日毎飲むようにしています。

「白湯」のレシピとしては、正式には、ガスコンロなどで沸騰させた方が良いみたいなんですが、適当にやるほうが続けられると思ったので、電気魔法瓶を使ってズルしちゃっています。
楽チンなので横着者の私の場合でも長続きしています。

自分は、悩みがあったり疲れていたりすると直ぐにお肌に出てきてしまいます。
大人にきびとか吹出物も出来やすく、本当に悩みの種でした。

特に、睡眠はだいたい4時間で仕事に打ち込んでいたので、身体も心もボロボロだったと思います。
昨年、結婚したため会社を辞めることにしました。

気遣いのできる夫は、「もう仕事のことは考えなくてもいいんだから、沢山睡眠をとって、体を回復させたほうがいいよ」と言ってくれたんです。
その気遣いに甘えて、毎日少なくとも10時間、睡眠時間をとっていました。
まるで、童話に出てくるお姫様みたいだと自分でも思ったほどです。

そして、沢山の野菜を使ったご飯を、満腹になるまで食べて寝るという日々を過ごしていました。
そうすると、どういうわけかみるみるうちに体重が減って、そして、ニキビや吹き出物ができなくなったのです。

それはもう、ほんとうに驚きました。
ウソみたいに容易いスキンケアだったのですが、どんなに高級な化粧水や乳液よりもわたしにはいちばん効果が現れました。
そんなことがあって、ウトウトしてきたら我慢しないで寝る、おなかが減ったら野菜たっぷりの料理をたくさん食べるということを心掛けています。

自分がもっとも気を配っている美肌対策は肌を焼かないこと。
春の太陽光は意外と紫外線量が多くとても皮フに悪影響がありそうです。

なかでも車に乗っているときの紫外線攻撃はとてつもないです。
UVカット手袋は勿論のこと首のケアも必須です。

うっかりUVカットストールなどで保護しないでいると、赤っぽくなって痒みが生じ皮膚炎になってしまうこともあり、あたしは大体梅雨入り前にそういう肌トラブルが起こります。
皮膚がかぶれるとその箇所がほかの所よりも乾いた肌になってしまうので、首周りがシワだらけになりそうで怖いです。

そんな訳でこの「春」にケアは他の時期よりも真剣に行っています。
日やけ防止剤は顔周り、首周り、手元に塗ってから、手袋、ストールをします。

そして、入浴後に肌メンテナンスを入念にして、乾燥防止に努めます。
クレンジングオイルで毎日余計な油分を落としながら撫でるようなリンパマッサージ、それから、クレンジングフォームはモコモコのアワをこしらえてそれでパックみたいにして少ししてから手早く洗い落とすというやり方です。

汚れを落としきったぁって感じがします。
お試しあれ!

30歳になってから身体や心が変化していく事をより一層感じるようになったのです。
常に鏡に映る自分を見て出来る事をやろう、それととどまることなく女として生まれた事にありがとうという気持ちを持ちずっときれいでいたいと感じています。
そうした中でわたくしが毎日意識してしている事を書きたいと思います。

まず最初に十分な睡眠を摂ること、それとなるたけ早い時間に寝る事です。
なるべく11時前に布団に入るように努力しています。
朝方の生活を心がけているのです。

それとちゃんとやれていないのですけどまめに水を飲む事。
特に冬は空気が乾いているので水分補給と肌の乾燥を守る為、しっかりと保湿しています。
顔を洗う際にはしっかり泡を立てて汚れを落としなるたけ冷水を使います。
お湯の場合乾燥をより起こすからです。

家に帰ったら早めにメイク落としをして肌を休めています。
食べ物については糖分の過剰摂取をしないように注意しています。
甘い物の摂取は控えるように努めていますがイライラしないように食べたいと思ったら少量だけ食べています。
できるんだったら積極的にフルーツを食べるようにして、春夏行っていたジョギングをもうちょっと気候がよくなったらやりたいと思います。

 

果物類や野菜類は3食食べるように

美容のために毎日食べる物に気配りしています。
野菜やフルーツをいっぱい食べています。
果物類や野菜類は3食食べるようにしています。

そしてなるべく旬菜にしているのです。
よく頂くお野菜は、キャベツやトマト、にんじん、玉ねぎ、レタス、ブロッコリー、パプリカなど複数あります。
またしょっちゅういただくフルーツは、みかんやりんご、ブドウ、イチゴがあります。

それからお菓子はなるたけ摂取しないようにしています。
どうしても食べたいときは、ちょっとだけ食べるようにしています。
スナックの代わりにナッツや乾果類をいただくこともあります。

それ以外にも定期的に運動もするようにしています。

よくやっているのは、軽いストレッチやウォーキングです。
ウォーキングは、週2~3回、30分~40分位行います。
できるだけ早く歩くように行えば、ダイエットになるのではないでしょうか。
ヨガは、天気が悪い時などに自宅で三十分程度行っています。

これが、私自身が美容でいつも気配りしていることやしていることです。

 

若いころにお菓子ばっかり口にしていたら…

美容面を意識して、口にする物にはそれ相応に配慮しています。
若いころに、お菓子ばっかり口にしていたら、吹き出物が発生し、よく着ていたズボンもきつくなっちゃった事があるからです。

とりあえず、19時台を最後に食べるのを我慢しています。
忙しくて、会社を出るのが午後八時を過ぎる時が少なくないのですが、そういった時はお家にもどっても夕ご飯は我慢します。
最初はお腹が空いて大変だったのですが、今では習慣化して苦痛じゃありません。
晩御飯タイムを早くする、或いは口にしないようにすると、朝のスキンコンディションや胃腸の具合がいい感じがします。

それから、おやつは木の実、ドライフルーツ、ゼロカロリーのゼリー等のカロリーが低い物を食べています。
やっぱり退社時間が遅かったりするので、全く間食をしないのは辛いです。
それで、ナッツ類などの低カロリーなものを間食することにしたのです。

第三に、ご飯の量を軽くして、野菜を大量に摂ることにしています。
例えば、結構やってるのは2~3口分のゴハンと、たっぷりのサラダです。
野菜をいっぱい摂取していると、カラダの中もスッキリします。
どれもシンプルな事なので、ずっと実施していこうと考えています。

若い頃はいろいろと高いコスメ商品を使っていたこともありますが、40歳になり、美容とは意外とシンプルなものではないのかなと考えるようになりました。

あたり前かもしれませんが、健康でイキイキとしたからだのために毎日を過ごしていれば、おのずと内面から美しくなれるんじゃないかなと。
という事で、私は現在化粧水などはシンプルで比較的安いものを利用しています。

そのかわり惜しみなく沢山使っています。
お肌にはとにかく1にも2にも保湿!!だという事を少し前にスマホで見たので、まずローションは思いっきりぬるようにしています。
最後にミルクで包み込むことも忘れず行います。

それと、太らないように普段からちょこちょこ動いています。
背中がしゃんとしていないと後姿がとても歳をとっているように見えるので、家の中でチューブを使って動かして鍛えています。

ブラをつけた時はみ肉になっていないかお風呂の前に鏡でチェックするようにしています。
食事はバランスの良い事が基本なので、できるだけさまざまな食材を利用してバランスの良い食事をとるように心がけています。
でも、夕御飯だけは炭水化物を摂取すると次の日の朝のお腹の調子が良くないので、夕食はさっぱりめの肉又はお魚に野菜を足して、お米は食べません。

女子でしたら誰でも「キレイになりたい」という気持ちはあるでしょう。
この頃は男性だって美しくなりたがっていてエステ通いしたりネイルをしたり。
美容院だって4、5週間おきに行く男性もたくさんいます。

もう切るところないんじゃない?と気になってしまうほど短めの髪型の男子がこまめに美容室に向うのをみると本当に美容に気を使ってるんだなぁとビックリしてしまいます。
髪の毛をキレイに染めている男の子も増加していると思います。
わたしは爪にこだわっています。

お化粧も必要なことですが、鏡越しに行ったメーキャップは絶えず見ていることはできません。
ときどき口紅の色さえ「どれだったかしら?」なんて事もあったり。
しかし指先なら常に自分の目で直接確認できるのです。

この「視界に入るところ」というのが重要。
きれいな指先に目がいく度に気分が上がります。
それで、今度はどんなネイルアートにしようかと考える時間もワクワクしてくるのです。
そういう何気ない時間が女性をきれいにすると思います。

弾力のある肌作りには、キチンと保湿ケアを施すようにしなければなりません。
十分に保湿をしているつもりでも、誤ったお手入れをしていたら全く意味がありません。

ポイントを押さえてケアするれば、お肌に保湿力が回復し、しっとりとしたお肌になります。
潤いケアに無くてはならないのが、美容化粧水ですね。
たいがい保湿化粧水の使用方法に「五百円玉ほど」という表現で結構な使用量の目安が出ていることがあります。

それでも、書かれている使用量よりも少ない量しか肌に与えない事もあったりします。
ですがそれは一気につける分量じゃないんです。
最初に顔にむらなく塗ったあとで、カサつきを抑えたい場所に再度使用します。

こうやって、カサつきを抑えたい場所に塗り重ねていくうちに、結局書かれていた使用量以上の量を利用していることになります。
ですから少ない量で済ませずに、繰り返し重ね塗りして500円玉大の量を使うことが大切です。

利用方法として使用する量が記されているときは、それに従ってつけることで、その化粧水の機能性が高まるというわけです。
ちゃんと使用法をチェックして目安として出ている分量を肌に与える事が重要です。

イライラしないような生き方をするのが美容の為になると思うので、なるべく笑って深く考えないようにしているのです。
全部が全部楽観的に考えるのがいいということじゃなく、なるたけ苛々が貯まらないようなとらえ方をしています。
わたくしには競争相手を作ってしまう変なクセがあるんです。

ライバルがいた方が前向きになり勝ち気が出てくるので努力できるのです。
学生時代から競争相手を見つけるクセがあるのですが、それが元でイライラカリカリしてしまうことが何度もあるのです。
癖なんですけど美容のためにならなさそうで…。

今は誰かと競うような事をしないようにして、ゆったりした気持ちでいられるように気を付けています。
最初はムリだと思っていましたがやってみたら何とかなりました。

最近では苛々が減り女らしく落ち着いた気分で暮らせるようになったのです。
ちょっとずつだけど女性らしく美しくなりたいです。

私は保湿を何よりも気を使って対策しています。
常に保湿を行っている方もいるとは思うのです。

でも、空気が乾きお肌がカサカサする冬は保湿しているという方もいるかと思うのです。
私は暑い夏も冬同様の手間を惜しむ事無く乾燥対策をしています。

というのも冷房を使う事で湿気が少なくなっているからです。
夏は汗をかいているのでべたっとしている人はたくさんいると思うのですが、四六時中冷房の効いた部屋にいると頬などは乾燥してくることが多いです。
ですから、暑い季節は頬などを集中的に保湿するのです。
寒い冬は保湿をしっかりとしていないとしわを作ってしまう原因になるので、目元・口元を中心に保湿するようにしています。

そのほかにも年を取ってくると眉間やおでこのシワなども気になってくるので眉間やおでこも保湿するようにします。
手の甲なんかもクリームを塗って乾燥対策しますが、手首もしっかりと同様に塗るようにしています。
冬場は足首にもクリームを塗り保湿します。

思った以上に足首もカサカサですし、カサカサを放置すると足首にもしわを作ってしまいます。
とにかく乾燥をしてシワを作らないように気を使うようにしています。

自分が美しくあるために特に気を配っているのは日焼け対策です。
学生の時に野外で活動するクラブだったのでいつも日焼け肌で、20代でもまるっきり紫外線を気に掛けないまま生きていました。
30歳を過ぎ身から出た錆とは言え、ひどい時は顔がシミやそばかすで最悪になりました。

これではマズイと奮起して、素肌のターンオーバーを促すバランスのよい食生活を始め、合わせてシミやそばかすに効果があるとされるホワイトニングローションなどをつける事にしました。
そうして3年ほどが過ぎ、相当美白の肌に変わってきた感じがします。

そういった紫外線ダメージという恐怖体験してからは、日焼け防止クリームを使い、「帽子」、「日傘」は勿論の事「腕のカバー」などなど、出かける折には本当に肌の露出に注意するようになりました。

更に家にいる際にもウィンドウ越しにUVがすり抜けてくるので、硝子には遮熱フィルムを貼ったり、紫外線遮蔽カーテンを付けたりしています。
勿論適度な太陽を浴びることは人間の体にとって重要なことの一つなのですが、不要に悪影響が及ばないように、更には「シミ」などを作らないように気を配り続けています。

自分自身は美容と健康のために、朝は早起き夜は早寝をしています。
夜更かしだけはしないように気をつけています。

自分は、夜更かしが続いてしまった場合即座にお肌に影響するのです。
肌の老化を防ぐためにも、なるべく十時には就寝するようにしています。
出来るのであれば実際の年齢よりも若く見られたいです。
私自身は前から肌の問題がたくさんあるので、常に良好な肌の状態じゃないのかもしれません。

だけど、前向きに取り組めば肌の調子を整えることができると思いました。
思い返せば、肌荒れの原因は私の日課だと感じました。
夜更かしなんて当然で、かつずっと寝不足状態だったときがあったのです。

しかも、インスタント食品やスナック菓子などが殆どだったときがあったのです。
そうした生活スタイルなら、お肌にトラブルがあってもおかしくないと考えました。

ですので、近頃ではそのようなライフスタイルを反省しながら、肌に良い生活をしようと努めています。
特に規則正しい生活をするように気を使っています。

ここ最近美容のために気をつけていることは、正しい姿勢をする事です。
良い姿勢はダイエットや肩こりなどさまざまな効果があるというのは有名です。
他にも、体力がつき疲れにくくなるみたいです。

私の姿勢は良い姿勢ではありません。
ですが、自分ではいい姿勢を取っていると思っているので危ないですよね。
鏡に映った自分を見て驚いてしまいます。

そこで鏡の自分を見つつ姿勢を正してみても、前かがみになるのです。
これは一体何なんでしょうか…。

本当の綺麗な姿勢というのが分かりません。
姿勢が良くないからなのか食生活が悪いのか不明ですが、すぐ腰痛になるし、お腹はポッコリですし、疲労感もひどくてちょっと歩くともうバテバテなのです。
おなかは気づいたら出ていたのですけどね。

だけど、そんな私も小まめに鏡を見て正しい姿勢でいるようにしています。
柱に体をくっつけて体勢を見てみたりなど。
先ほども書いたのですが正しい姿勢がどれなのかがよくわかりませんので、いままでの姿勢を治したいと思っています。
何か良い効果があったらまた書きますね。

ずっとキレイでいたいといつも思っていますよ。
もう少し詳しく言うと、老化の防止に関心があるのでずっと若々しくいるには何をしたら良いのかとよく考えます。
ぼんやりと美しくなりたいと思っているより、若さを保つためにどうすれば良いのかと意識した方が美容の効果は発揮されます。

老化を防止する方法はスポーツをよくします。
わたしは長いあいだ運動を続けていて同じ世代の人と比べると見かけも身体の中も若さでは負けていません。
肌の調子も年齢の割にハリがあって毛穴も閉じています。
スポーツを定期的にやっている結果でしょう・・・。

老けさせない方法はスポーツだけとは限りません。
食生活を改善することでも老化を食い止められるし、お風呂の入り方で若々しさを調節することもできます。
何が自分の性格に合っているかを見極める必要があります。

汗をかくことが好きでそれがアンチエイジングには必要だと信じ続けているので運動をずっと続けています。
汗は水分を摂っていればどれだけかいてもいいと思います。

花粉が飛散しているこの季節にわたくしがなるべく心掛けていることは「そっと鼻をかむこと」「鼻汁が止まらないようなら早めに花粉症の薬を服用すること」です。
鼻炎の薬は常に持っています。

更に眼のかゆみが出て充血したときの為の点眼薬もいつも近くに置いてあります。
なぜかと言うと目が花粉でかゆくなると掻くのを我慢できなくなるから・・・。

そして一度掻いてしまうとどんどん強い痒みに変わってしまうのです。
眼が痒くなると我慢することができなくて、どうしても目や目の周りを触ろうとしてしまいます。
これ以上は耐えられないということですね…。

ですがこんなふうに眼に触れたり何度も鼻をかんでいると人相が変わってしまいます。
鼻や鼻下はこすれて赤くなってしまいます。
もっと酷い時は鼻の下の皮膚が荒れてきます。
眼もしょっちゅう擦ってばかりいたら目蓋が腫れ上がってしまいます。

これではどれだけきちんとメイクをしてもかみの毛を整えても台無しです。
我慢しないで鼻炎のクスリを飲んでいます。

わたくしが美容で毎日気を配っていることは、ずばり油ものを控えて、ニキビができにくくする事。
顔と言えばその人のイメージに繋がってしまうので、一番気を配るところなのですが、お肌が綺麗だった場合、若々しく美しく見えるのではないのかなと思うのです。

顔に吹出物ができているとやっぱり、目立ちますし、隠しきれません。
そんな自分に自信を持つ事が出来なくなり、人と目を合わせて話をする事が出来なくなりました。
具体的には、カツとか天ぷら、から揚げなどの揚げ物を控える。
高カロリー、高塩分の物はあまり食べないことです。

やっぱり食べたくなる事もありますし、付き合いや飲みの席などがありますから、絶対に禁止しているわけではないのですが、脂分をセーブする事で、吹き出物があまりでなくなりました。
吹き出物が出来てしまった場合、つぶしてしまったり跡が残ったりと、良い事はひとつもないので、できないようにすることがわたくしの日々気を付けている事です。

国内メーカーのビューティーケア商品はお肌や髪の毛にとても特化した効能をもたらします。
私自身はそういった近ごろのボディケア用品を活用して「美容」にアプローチするのも問題はないと考えています。
ですがこの頃は自分らしさを大事にし独力で美容を追及しようと取り組んでいます。

美容の面で注意を払っているのがむやみに売られているケア用品に依存しすぎない事です。
おそらくこの様な製品を使っていくと素肌も綺麗になって高齢になっても不安がありません。
自分が願っているのは自身の手で美肌を物にすることです。
その様な思いで美容を極めているので一般的なスキンケア商品には過剰に反応すると思います。

だけど本人が満たされるスキンケアなら方法や過程にも気を使ったほうが良いと思います。
私はその点を心掛けてケアしているので肌状態も良くなっている感じがします。
今では簡単な美容を求められるのでそんな希望も叶いやすいと思います。

あたしは人の「美しさ」の本質に迫ると健康も大事だという考えです。
だから食事と運動も行って外側だけでない綺麗さを追及したいのです。
とにもかくにも売られているケア用品を活用する場合は天然成分であることに気を付けています。

参考:デュオザクレンジングバームのお試し通販!初回半額キャンペーン
URL:https://www.salemwatertaxi.com/

お肌の為に、家ではたいがいメイクを施さないでいるようにしています。

ノーメイクの時に宅配便でも来ようもんなら、マスクで顔を隠して出迎えます。

使い捨てマスクを着けちゃえば、「目もと」のところしか出ていないのでノーメイクでもそれ程気まずさはありません。

 

ちなみに素顔のままで云々といっていましたが、唯一アイブローだけはやってます。

やっぱりまゆ毛がないと怖いので(笑)

 

「メイク」というのは、やっぱり肌負担が大きいと感じちゃうのです。

ことにお肌のコンディションがあまり良くなかったり、体の具合がわるいときにメークアップすると、皮膚トラブルが起きるような感じがします。

とはいえ電車で行くくらいの場所にノーメイクで出かけるのはまずいと思うので、仕方なしにメイクアップしています。

 

素顔で出社するとかも問題外ですもんね。

でも、極力すっぴんでいたいです。

キレイな肌になりたいから。

 

素肌美人ならメイクにかかる時間自体も短縮できるし、何と言っても素肌がキレイなだけで美容が行き届いているように見られます。

いつもは出来なくても、休暇中に休養しているときなど「メイクをしない日」を作って、お肌を休息させるようにするのが大事だと思います。

 

ここ最近は止めたのですが、少し前にビタミンCサプリメントを毎日のように飲んでいたことがあります。

この時は1ヵ月ほど経ってから、お肌や体の調子がとても良くなったことが記憶に残っています。

ですから、この頃はビタミンCを多く摂れる野菜とかフルーツを積極的に摂るようにしています。

 

やはり、食べ物から摂れるビタミンC量はあまり多いわけではなく、本来ならばサプリから効果的に摂取するべきなのですが、そうであっても食べ物から摂った方が健康にもいいような気がするのです。

ビタミンCは肌が綺麗になる効果もありますが、美白効果も期待でき、とくにこれからの季節は日焼けしたお肌を回復する役割を持ちます。

お肌は日焼けしてしまうと、後にシミや黒ずみの原因になることがあります。

勿論紫外線を浴びないことが解決策になりますが、どんなに紫外線対策をしても紫外線を浴びてしまうこともあります。

 

こんな時こそビタミンCを積極的に摂って、肌の回復に集中する必要があるのです。

もしも食べ物だけではうまくいかないという時は、サプリメントを併用したり、フェイスマスクを使うことも一つのやり方だと思います。

特にビタミンCのシートマスクを利用すると、翌日の化粧のノリがまるきり違ってくるので、例えばデートなど絶対に肌のコンディションを整えたい時は、シートマスクが効果抜群です。

 

もし可能ならばからだの中からきれいになりたいと思いますよね。

それにはバランスの取れた食事をすること、早寝早起きなど規則正しい生活をし睡眠時間を十分とること、体を冷えさせないこと、イライラしないこと、軽くスポーツをすることなど、わかってはいるけれど沢山ありすぎて続けて行うことは大変だと思います。

途中でやめてしまったら無意味なことだし、あまり束縛されてしまうのも気疲れしてしまいます。

 

わたくしが一年以上継続していることは、たった1つ!!朝目が覚めたらまず初めにカップ一杯の白湯を飲むこと。

難しくないでしょう?

 

冬の間はちょっと熱いままで飲むと冷え込んだ朝でも体が芯から温まります。

便秘症も治りスッキリとした気分で朝ご飯も食べられ一日を始動できます。

白湯を飲むことを続けていたら体の調子が凄く良くなり、お肌の乾燥も無く、ニキビも無くなってもちもちのお肌になりました。

 

化粧無しでも実際の年より8才ほど若く見られる時もあります。

人間の体は60%が水でできているそうです。

白湯を飲むことによって体内の水分が入れ替わり肌や体調が整ってきたのだと思われます。

 

肌ケアや減量をしてる時は効果が見られるとウキウキした気分になりますよね♪

やさしいしお金もかかりません。

ぜひ試してみてください。