債務整理の中の任意整理と民事再生のこと

債務整理を行う方法はいくつかありますが、例えば任意整理と民事再生というものがあります。
主な相違は、元金が減るかどうかでしょう。
任意整理をする時は債権者と債務者の間ですり合わせを行って将来利息の支払いを免除した上で返済額を設定し、月々の返済を行うもので、普通は元金が減ることはありません。
他方、民事再生は返済計画案を裁判所に提示し、認可されれば元金が一部カットされ、残りを支払っていくことになります。

もしかすると、つい借金をする傾向があって、何回まで債務整理をすることができるのだろうと疑問を抱いている人もいるかもしれません。
一般的には何度してもかまいません。
ただ、これまでに債務整理をしたことがあるのにさらに債務整理が必要だということになると、どんな方法で債務整理を行うかでも変わりますが、承認が困難になることもありえます。
軽々しく債務整理に頼ろうとするのはやめておきましょう。

月々の返済が大変な時に起こすアクションという点は通じますが、任意売却は不動産を購入したもののローンの返済に追い込まれた場合にその不動産を売却することを選びそのまま返済の足しにする事を言います。
それに対し、債務整理は返済が困難な借金の完済を目指し、適切な方法により整理する事です。
場合によっては不動産ローンと借金どちらも支払えなくなるケースもあるかもしれませんが、そうした時には任意売却と債務整理を両方とも行わなければなりません。

債務整理をする方法の中で、債権者への支払いが済んだ借金の不要に払った利息の返還請求が可能な「過払い金返還請求」というものがあります。
この返還請求をするには事前準備としてその当時の借金額や取引の履歴が残った書類があるといいでしょう。
取引の履歴によって、利息を正確に算出できるので、不要だった分の利息をを返してもらうことができます。

家族にわからないように債務整理をするのはどうやって債務整理を行うかで難易度が違います。
任意整理にあたっては全ての手続きを自分でどうにかしようとしなければ大抵は家族にばれずに済むでしょう。
ですが、個人再生や自己破産の手続きでは、世帯収入や資産の公開が必要となることから、ずっと隠しておこうとすると簡単ではないでしょう。
勤め先についてはどうかと言うと、債務整理の方法によらず問題なく内緒にしておけます。

親戚や友人がしている借金の保証人になっている場合は、債権者から取立てが来たとしてもそれを拒んで債務者の方に行かせることができます。
しかしながら、自己破産や個人再生で債務者が債務整理をして、一部か全部の返済を放棄した時は、債権者は保証人に対して残りの返済額分の取立てを始めます。
これに対する拒否権はありませんが、債権者と話し合いの上で返済を分割払いにする事はできます。

いざ申請や手続きに入った際には、なるべく速やかにけりをつけたいという希望は債務整理を視野に入れている人なら皆抱くのではないでしょうか。
ですが、負債について免除あるいは減額のような措置が許可されるのには日数もそれなりにかかります。
債務整理がどういった方法で行われるのか、スペシャリスト(司法書士や弁護士など)に頼むのか、全ての手続きを自分でどうにかするのかなどの条件次第で要する期間は変わってきます。

借金がパチンコや競馬などのギャンブルにより生じた場合も返済に困ったら債務整理をすることは不可能ではありません。
けれども、任意整理や個人再生といった支払総額は減額できますが返済義務から逃れることはできない方法に限定されます。
借金を全てなくせる自己破産にしてもギャンブルが元の借金は免責不許可事由に当てはまってしまい、裁判所に破産の申立をしたところであまり免責は期待できません。

債務整理で弁護士や司法書士の力を借りたいものの、経費を工面するのが大変な方は法テラスに話をしてみてはどうでしょうか。
公的機関である法テラスは、法律上の問題で悩んでいる人をサポートしてくれます。
無料で借金問題の相談に乗ってくれたり、経済的に苦しい人に対して民事法律扶助制度による業務として、もし、依頼した場合に、弁護士あるいは司法書士に支払わなければならない代金を一旦肩代わりし、その後返済していけばよいという形をとってくれます。

通称ブラックリスト、つまり、信用情報機関で参照される顧客の事故情報の中の債務整理の情報が消えるまでにかかる時間は、どんな手段で債務整理を行ったかによって違います。
債務整理をした方法が任意整理、個人再生、特定調整のうちのどれかなら概ね完済から約5年のようです。
ですが、自己破産をしたなら裁判所から免責が下りてから約7年だと思えばいいでしょう。
しかし、目安というだけでそうとは限りませんから、実際の信用情報がどのように信用情報機関に登録されているか閲覧してみればはっきりさせるには一番いいです。

Posted by: ONJ on