自己破産や個人再生では個人情報が官報に掲載されてしまう

俗に言うブラックリスト入り(事故情報が信用情報機関に記載されること)と、自己破産や個人再生では個人情報が官報に掲載されてしまうことが債務整理から受ける悪影響の一つでしょう。
とは言え、いくらか時間が経てば事故情報の記録は消去されますし、常日頃から官報を見ているような人はごく一部です。
それと、保証人を設定しているならその人に相当な迷惑が降りかかる恐れがあります。

万が一債務整理をした場合でも借金が金輪際できなくなるわけではありません。
ブラックリスト上の事故情報がなくなれば新しい借金ができる場合もあります。
しかし、任意整理を行っているただ中でまた借金をしようとするのは何よりもいけません。

借りようとする事がもはや無謀な上、担当弁護士または司法書士がそのことを知れば、担当から退かれることもあるでしょう。
CMなどできいたことがあるかもしれませんが、債務整理のひとつに、借金を債権者に返済し終えている時に不要に払った利息の返還請求が可能な「過払い金返還請求」というものがあります。
あらかじめこの返還請求をする場合は取引履歴と当時の借金の明細を確認できる書類が求められます。
取引の履歴によって、利息がいくらなら妥当なのかがわかるため、多く支払われていた利息を返還請求することが認められます。

債務整理を行う方法に、任意整理と民事再生というものがあります。
元金が減額されるかどうかというのが両者の違いです。
任意整理をする時は債権者と債務者の間ですり合わせを行って返済額は将来利息をカットしたもので決定し、月ごとの返済をしていく方法で、一般に元金については変わりません。

それに対し、民事再生ではまず裁判所に返済計画を提出し、それが認められた場合に、減額された元金に対して残りの返済を行っていきます。
もし任意整理で債務整理をしようと考えているなら、交渉を債権者が拒否することもあります。

司法が介在しない任意整理では、当事者同士の交渉により合意された返済額や期間に基づいて返済をしていく方法です。
司法が干渉しないという事は、交渉を拒否しても法的に債権者は何の問題も無いのです。
よって、債務者がこれまでに返済したことが一度もない等、極度に債権者にとって不都合な状況下ではお互いが納得するところに辿り着けない可能性もあります。

一人一人の事情に応じて、債務整理をするべきか、それとも多重債務を一本化するおまとめローンをするべきかは変わります。
前者の場合、将来利息を付けずに返済していくことができるので、支払が必要な総額を少なくできますが、引き換えに信用情報に傷がついてそれが回復するまでは新しい借金をすることは不可能というデメリットがあります。

他方、後者は利息を下げた借り替えをすることができれば多少の支払い総額減少は期待できますが、債務整理には引けをとります。
でも、そつなく払っていければ信用情報は無傷です。

弁護士または司法書士に債務整理を請け負ってもらおうという時、用意が必要なのはまず身分証明書と印鑑、持っているクレジットカード、それから今借入をしている状況が確認できるもの全てです。
さらに、資産保有が証された書類も必要となるかもしれません。
もし契約書が残存していなかったり、クレジットカードがなくなっていても、調べる手段はありますからそれによって無理だと判断するのは早計です。

債務整理と一言で言われはしますが、自己破産、民事再生、任意整理はそれぞれのメリットがあります。
自己破産であれば返済の必要な借金が全く残らずゼロからの再出発が可能です。
民事再生であれば住宅ローンを除く借金の元金を圧縮することができ、家などの資産については失わずに済みます。
最後に任意整理は債権者と交渉することで毎月の返済額が取り決められ、またその取引利率や借金の期間によっては過払いとなっていたお金が戻ってくるかもしれません。

債務整理の方法全てと変わらず、過払い金返還請求も自分で手続きが可能です。
この手続きでは、まず取引履歴の開示請求をしますが、場合によってはその際ゼロ和解を打診される事があります。
というのは、残債をゼロにして決着しませんかというオファーです。
取引履歴を確かめる前にそれを承諾すると一体どの程度の過払い金があるのか知るチャンスを逃します。
軽々しくゼロ和解を受けると大損になってしまうかもしれません。

人生はいつでも再出発の機会があります。
何歳であろうが債務整理には影響しません。
もし、債務整理を行ってもクレジットカードが使えなくなったりローンを組めなくなったりするだけで、豪勢な暮らしは難しいですが、他は通常と変わらず生活を営んでいくことができます。
たとえ高齢だとしても元の状態に戻るまでは5年ですので、借金で頭を抱えているようなら債務整理が次のステップへの弾みになるはずですよ。

Posted by: ONJ on