こだわりすぎずに日々の生活で手軽にできる事をしたい

私自身は美しくなりたいので、脂っこいものを摂らないようにしています。
毎日のおかずにオイルを使うので、一切摂取しないという風にはいかないし、そこまでしなくてもいいと思っています。
けれど油で揚げたものなど、油をふんだんに使ったお料理は、ちょっとずつ減らそうと考えています。
揚げ物ばかりでなく、ちょっとずつ食生活を変えていっているのです。

水はできるだけミネラル水、食材に関しては有機食品を摂るように心がけています。
自然食品は高めの食材なので、そんなに買えないのですけどね。
玄米菜食なんかも試したいのですけど、そこまで完璧な食事にこだわってしまうと続かないと思って、日々の生活で手軽にできる事をしたいと思っています。

調理は得意な方ではなく揚げ物すら自分では作れないため、この先も作らないと思います。
大好きな鶏のから揚げは頻度を減らそうと思います。
食事をメモするようにして調整しています。

そのほかにも、見直さなくてはならない部分があるので、ちょこっとずつでもやっていきたいです。

わたくしが美肌のために実行していることは「顔を洗う時タオルを使用しない」ことです。
洗顔をしても、タオルで拭かないのです。
信じられないかもしれませんが、わたくしはペーパータオルで顔を拭いています。

と言うのも、タオルはいくらしっかり洗濯をして天日で乾かしても、バイ菌でいっぱいだと聞きました。
洗濯機の中のばい菌がタオルに残って、日光に長時間さらして乾かしても、すっかり除菌するのは無理とか。

わたくしはそれを知って、タオルで顔を拭くのをやめました。
そう言えばと思うことがあります。
今までの間どんな洗顔料を使っても、お肌の状態がよくなることは殆ど無かったのです。

キレイに洗顔した後にタオルで雑菌を付けているようなものだから、当然のことだったかもしれませんそれで、自分はキッチンペーパーで顔を拭くようになりました。
ティッシュペーパーなども使ってみたのですが、水を吸うとボロボロになってしまうので、厚手のペーパーふきんが適しています。

そして、白いキッチンペーパーではなく、無漂白タイプを使うのが重要なんです。
日用品売り場にある薄茶色のペーパーふきんがそれです。
わたくしはタオルで拭かなくなっただけで、肌の状態が以前よりよくなってきました。

もしかしてばい菌が肌を刺激していたのかもしれません。
みなさんも是非ペーパータオルで顔を拭いてみて下さい。

どっちかって言うと、あんまり肌ケアをするタイプではなのですが、そんなあたしでも日課にしているスキンケアがあります。
それは、お化粧をする前に絶対に水洗顔する事です。
どんなに寒くっても冷水を使用しています。
これが正しいケアかどうかは不明ですが、なんとなく毛穴部がキュッとしまるように思います。

石鹸を利用するが普通でしょうが、差し当たり皮膚の自然治癒力で頑張ってキレイにしたいと、お肌の自己再生力を高めるようにしています。
水洗いしたあとは忘れずに化粧水で肌を整えます。
何年か前にはオールインワンを塗っていましたが、オールインワンジェルを利用する時でも保湿ローションは必須でした。
どんなに忙しくても必ずそうしています。

お顔のお手入れは原則的にはそんな風にしています。
次にボディケアですが、何年か前にカラダ引き締めクリームとして発売されていた海外ブランドのボディクリームを両脚を特に念入りに入浴後につけます。
揉みほぐすように行っていくとより引き締め感を得られるので効果がでているような気持ちになります。

Comments are closed.