きちんとした生活がけっこうばかにならない

当たり前の事なのだと思うのですが、きちんとした生活がけっこうばかになりません。
子供が生まれてからの生活は、子ども中心で自分自身の事は後回しになっていました。
老けてしまったような気がして、へこんだ時もありましたが、子どもの成長につれ、生活のペースが掴めるようになりました。

こどもの離乳食の時期になり、最近では夜ご飯は17時頃食べて、19時には寝かしつけるようにしています。
その後は自分の時間が出来ますし、なにより早い時間に食事が終わるので、ダイエットに繋がります。
家事などが終わってしまえば、すぐに寝てしまいます。

またいつ起こされるかわかりませんし、寝不足はお肌にすぐに出てしまいます。
朝は、子どもより少し早く起き、旦那様のお弁当と、その日の夕ご飯を作ってしまうのです。
これはすごくいいところがあります。

なによりも夕方に忙しくする事がないですし、お店で余計なものを買う事が無いのです。
これによりダイエット出来ています。

美容のために、日常的に高級な化粧品を利用したりエステに通ったり、と「時間」や「お金」を惜しまない女性って沢山いらっしゃいます。

あたしも年を食う度に全身美容についてあれこれ悩んではいるのですが、いかんせんめんどくさがり屋なのであまりいろいろなことをしたくないし、子育て中なので時間的余裕もない、その上無論美肌作りに多額の出費ができるような経済的余裕もなし!

そんなワタシが美容のために特に気を配っているのが「眠り」関してです。
睡眠というのは、我々にとって様々な利点があるものです。
世の中には、「夜型」で真夜中を過ぎても起きていて遅く起床するひともいます。

だけど美容的には夜型生活はすごくマイナスなんです。
全身美容に必要な「睡眠」は美容の「ゴールデンタイム」を逃さない事です。
ゴールデンタイムとは22時~2時の4時間だといわれ、この時間を睡眠に当てていると体にとって良いだけでなく美容的にもメリットがあるそうです。

なので、見事に早起き族のわたしは、美容面も考えてゴールデンタイムにはキチンと熟睡するようにしています。
モテる女になるために最初に思い付くのは大抵容姿をキレイにする事。
それはそれで高みを目指したいですが、自分は精神を養う事こそ重視すべきだと思うわけです。

本質的な所はどうにもならないならばそこを逆転の発想で悪い面を良い面に変換する、それから平等に思いやりを持った振る舞いができる愛され女子になることこそ女性的魅力の向上に結びつく感じがします。
女の人らしさって結局気配りが出来てお淑やかで、何よりも笑顔が素敵な人と思います。

なのでどんな人にも「スマイル」で優しい人は自動的に女子力とかも上がっていくと確信しています。
今の時代はかえってクールで格好いい方がもてはやされている気配ですが、あたし的にはそれは男性くさく感じます。
そういう女性たちも格好いいとは思います。

内面をもっとUPさせて、その後に外面や佇まいも変身していくようにすればスムーズに出来るし、自分自身にマッチしたお洒落等もすぐに見出せそう。
私もまだまだ女度をアップしている最中ですが、思いやりをもって女性的な態度だとたぶん誰でも好感を持ちますし、私も接してくれたらなんて女性らしいんだろうとおもうので、試して見てほしいですね。

Comments are closed.