競争相手を作ってしまう変なクセがある

イライラしないような生き方をするのが美容の為になると思うので、なるべく笑って深く考えないようにしているのです。
全部が全部楽観的に考えるのがいいということじゃなく、なるたけ苛々が貯まらないようなとらえ方をしています。
わたくしには競争相手を作ってしまう変なクセがあるんです。

ライバルがいた方が前向きになり勝ち気が出てくるので努力できるのです。
学生時代から競争相手を見つけるクセがあるのですが、それが元でイライラカリカリしてしまうことが何度もあるのです。
癖なんですけど美容のためにならなさそうで…。

今は誰かと競うような事をしないようにして、ゆったりした気持ちでいられるように気を付けています。
最初はムリだと思っていましたがやってみたら何とかなりました。

最近では苛々が減り女らしく落ち着いた気分で暮らせるようになったのです。
ちょっとずつだけど女性らしく美しくなりたいです。

私は保湿を何よりも気を使って対策しています。
常に保湿を行っている方もいるとは思うのです。

でも、空気が乾きお肌がカサカサする冬は保湿しているという方もいるかと思うのです。
私は暑い夏も冬同様の手間を惜しむ事無く乾燥対策をしています。

というのも冷房を使う事で湿気が少なくなっているからです。
夏は汗をかいているのでべたっとしている人はたくさんいると思うのですが、四六時中冷房の効いた部屋にいると頬などは乾燥してくることが多いです。
ですから、暑い季節は頬などを集中的に保湿するのです。
寒い冬は保湿をしっかりとしていないとしわを作ってしまう原因になるので、目元・口元を中心に保湿するようにしています。

そのほかにも年を取ってくると眉間やおでこのシワなども気になってくるので眉間やおでこも保湿するようにします。
手の甲なんかもクリームを塗って乾燥対策しますが、手首もしっかりと同様に塗るようにしています。
冬場は足首にもクリームを塗り保湿します。

思った以上に足首もカサカサですし、カサカサを放置すると足首にもしわを作ってしまいます。
とにかく乾燥をしてシワを作らないように気を使うようにしています。

自分が美しくあるために特に気を配っているのは日焼け対策です。
学生の時に野外で活動するクラブだったのでいつも日焼け肌で、20代でもまるっきり紫外線を気に掛けないまま生きていました。
30歳を過ぎ身から出た錆とは言え、ひどい時は顔がシミやそばかすで最悪になりました。

これではマズイと奮起して、素肌のターンオーバーを促すバランスのよい食生活を始め、合わせてシミやそばかすに効果があるとされるホワイトニングローションなどをつける事にしました。
そうして3年ほどが過ぎ、相当美白の肌に変わってきた感じがします。

そういった紫外線ダメージという恐怖体験してからは、日焼け防止クリームを使い、「帽子」、「日傘」は勿論の事「腕のカバー」などなど、出かける折には本当に肌の露出に注意するようになりました。

更に家にいる際にもウィンドウ越しにUVがすり抜けてくるので、硝子には遮熱フィルムを貼ったり、紫外線遮蔽カーテンを付けたりしています。
勿論適度な太陽を浴びることは人間の体にとって重要なことの一つなのですが、不要に悪影響が及ばないように、更には「シミ」などを作らないように気を配り続けています。

自分自身は美容と健康のために、朝は早起き夜は早寝をしています。
夜更かしだけはしないように気をつけています。

自分は、夜更かしが続いてしまった場合即座にお肌に影響するのです。
肌の老化を防ぐためにも、なるべく十時には就寝するようにしています。
出来るのであれば実際の年齢よりも若く見られたいです。
私自身は前から肌の問題がたくさんあるので、常に良好な肌の状態じゃないのかもしれません。

だけど、前向きに取り組めば肌の調子を整えることができると思いました。
思い返せば、肌荒れの原因は私の日課だと感じました。
夜更かしなんて当然で、かつずっと寝不足状態だったときがあったのです。

しかも、インスタント食品やスナック菓子などが殆どだったときがあったのです。
そうした生活スタイルなら、お肌にトラブルがあってもおかしくないと考えました。

ですので、近頃ではそのようなライフスタイルを反省しながら、肌に良い生活をしようと努めています。
特に規則正しい生活をするように気を使っています。

Comments are closed.