スキンケアの成分をしっかりと肌の奥まで浸透させるにはどうすればいい?

どれだけ丁寧に肌の手入れをしていても肌がカサカサだったり、肌が荒れたりシワやくすみが気になるときには、お肌に化粧水などの成分がちゃんと染み込んでいないことが考えられます。

なので、クレンジングや洗顔の後のスキンケアでは化粧水や美容液やクリームなどの成分をしっかりと肌の奥まで染み込ませることによって、モチモチでハリや潤いのある肌になれるのです。

スキンケアのはじめに使う化粧水は、肌をうるおわせてあげるための大切な役割りを果たしていますが、「すぐにお肌に浸み込まない」、「時間が必要」と思ったときには化粧水をパックして化粧水を肌の浸透させてあげています。

ローションのパックをすることで自然とローションがお肌の内部に浸透していくため、水分不十分による乾燥をおさえられしわを食い止めることできます。

全てのスキンケア化粧品をしっかりと肌の奥まで浸透させることは難しいですが…。

ローションや乳液、クリーム等、どの化粧品もお顔全体に塗ったら両手を広げておさえ手の温もりを使ってプレストしてあげると、単に化粧品を塗っただけの時よりも肌の内部まで化粧品の成分が浸み込んでいくので、毎日行うスキンケアでは必ず行うようにしています。

美容について気を付けていることは、紫外線対策と保湿です。

UVケアについては日常的に、外に出る時には日傘や帽子、サングラスを使用しています。

1年中、家の中でも、SPF&PA数値の高い化粧下地やファンデを使います。

それに美容液には、しみやそばかすを防いでくれる美白成分の入っているものを使用しています。

夏はテカリやすくなるので、基礎化粧品は油分の少ないものを使用していますが、乾燥が気になる季節は保湿して潤いを与えるようにしています。

抗酸化作用や保湿効果の高い植物性オイルが配合されている美容クリーム、美肌効果のあるセラミド配合の美容液を使用しています。

スキンケアとともにメイク用品も、肌が影響を受けてしまいそうな石油成分の入っていないものでケアしています。

ジメチコンなど、化学成分が配合されていない化粧品なら、植物成分100%の優しく洗えるクレンジングでメイクが落とせるから、肌の水分を必要以上に奪うことがなく、しっかりと保湿されます。

Comments are closed.